1万円足りないなら無利息キャンペーンの消費者金融でキャッシングを!

 

給料日前で1万円足りない!
急な飲み会で1万円足りない!
冠婚葬祭が重なってあと1万円足りない!

 

急な出費や給料日前で財布も口座も木枯らしが吹いている状態だと、あと1万円あれば乗り切れるのに、、、なんてことも少なくありません。

 

そんなときには、金利のかからない無利息キャンペーンを利用してキャッシングをするのがおすすめです。

 

どうしてキャッシングがおすすめなのか。
最短で1万円をキャッシングするにはどうしたら良いのか。

 

ピンチから脱出する方法について見ていきましょう!

 

1万円借りるならすぐ借りれる消費者金融で!

 

1万円という金額は、給料日になったらすぐに返せる金額ですよね。
そんなすぐに返済が見込める額だからこそ、金利の低い銀行カードローンではなく、消費者金融での借入がおすすめです。

 

どうして消費者金融がおすすめなのか。
それは、

 

・無利息キャンペーンがあるから
・すぐに借りれるから
・銀行の営業時間外でも借りれるから

 

という3つの特徴があるからです。

 

消費者金融なら金利が無料!?

 

大手消費者金融では、初めての利用に限り30日間の無利息期間を設けていることが多くあります。

 

この30日間無利息期間というサービスは、契約、又は借入日から30日間金利がかからずに借入ができるサービスのことで、給料日になったらすぐ返せるような借金をするときにはとても重宝するサービスとなっています。

 

1万円くらいの借金なら、給料が入ったらすぐ返済できる額ですので、少額といっても金利を払うのは馬鹿らしいですよね。

 

数字的な表示を見て銀行カードローンの方が金利が低く、負担する金利額が低いと思いがちですが、

 

銀行カードローン(実質年利14%)で10日間1万円を借りる場合

 

1万円×0.14(金利)÷365(1年)×10(10日分)=38.35...

 

という計算から約40円の金利がかかります。

たかが40円と思うかもしれませんが、されど40円。

 

ATM手数料の100円ですら積もりに積もっていくら払っているかわからない時代なので、1回のキャッシングで終了させる気なら無利息期間をうまく利用したほうが良いといえるでしょう。

 

銀行カードローンより素早く借りれる!

 

消費者金融は銀行カードローンと比べて、審査が甘めです。
そのため、1万円の借入といえど、銀行カードローンよりも早く審査が終了することが考えられるのです。

 

また、現在では消費者金融の利用者が銀行カードローンの利用に流れている背景から、消費者金融は新規顧客の獲得にとても熱心な姿勢を見せています。

 

1万円の貸付に対してなら、返済能力があるかどうかを高額の借入の様に厳しくチェックする必要もありませんし、場合によっては在籍確認ができない状況でも貸付をしてもらえる可能性があります。

 

銀行カードローンは在籍確認を行ってから出ないと100%貸付をしてもらえませんが、消費者金融では少額の貸付に対して在籍確認を後日に回して先に貸付を行ってくれるケースもあるのです。

 

そういった点で、1万円を借り入れるまでの素早さが銀行カードローンよりも消費者金融の方が優れているといえるでしょう。

 

銀行の営業時間外でも借りれる

消費者金融は、銀行カードローンとは違い、ほとんどの業者が土日祝日の審査にも対応しています。

 

しかし、銀行カードローンはそうは行きません。
最近では土日祝日や銀行の営業時間外に審査をして、自動契約機でローンカードを発行できる銀行カードローンも増えてきましたが、それでも銀行の営業時間外でお金を借りるなら消費者金融の方が圧倒的にスピードが速いといえるでしょう。

 

特に大手消費者金融は、銀行カードローンに対抗する武器として「スピード」を重視している点がありますので、土日祝日の審査対応にもとても定評があります。

 

1万円という金額をキャッシングしたいというあなたは、切羽詰っていることが考えられます。
土日祝日などの銀行の営業日に関係なく対応してくれるからこそ、1万円を借りるなら消費者金融がおすすめです。

 

即日でスムーズに1万円を借りる方法

 

1万円を借りる場合、下手したら1時間かからずにお金を借りることが可能かもしれません。

 

そんな即日で今すぐ借りるための方法とは、時間を無駄にしないで申込みをすることです。

 

以下の手順で申込みを済ませてみてください。

 

1.webで申込み
2.自動契約機へ向かう
3.自動契約機で審査結果を聞く
4.借入手続き
5.ローンカード発行
6.ATMで現金を受け取る

 

1分も時間を無駄にすることなく1万円を借りるまでスムーズにことを済ませることができます。

 

自動契約機で全てを完結させると時間がちょっともったいないかも、、、

 

1万円を借りるなら、最低3万円の年収が必要となります。

 

年収3万円って馬鹿にしてるの?
と思うかもしれませんが、貸金業者から借りれるお金は年収の1/3までとなっていますので、3万円の年収がなければ1万円を借りることはできません。

 

しかし、常識的に考えるとあなたの年収は軽く200万円は超えていることでしょう。

 

となれば審査のハードルはめちゃくちゃ下がりますが、審査を行っている時間、自動契約機の前で待っているだけというのは時間の無駄というものです。

 

自動契約機に移動する前に申込みを済ませておけば、自動契約機に到着した時点で審査結果をうけとり、すぐに1万円を受け取ることが可能です。

 

自動契約機で全ての手続きを済ませるよりも、webで申込みを済ませたほうが早くお金を受け取ることができます。

 

銀行振り込みとローンカード発行だったらローンカード発行が安心かも

 

キャッシングのお金を受け取る方法には銀行口座に振り込んでもらう方法と、ローンカードを受け取ってATMからお金を受け取る方法の2種類の方法があります。

 

銀行振り込みの方がお金を引き出すだけで良いから安心。
と思うかもしれませんが、銀行振り込みで1万円を借りるには、銀行の営業時間内に審査を終えてお金wお受け取らなければいけません。

 

銀行振り込みでお金を受け取るのですから、銀行が振り込み業務を行っている時間帯に振込みをしてもらわなければいけないので当然の話ですね。

 

しかし、ローンカードで1万円を借りる場合にはこの限りではありません。
ローンカードの発行は消費者金融の自動契約機の営業時間内であればいつでも可能となっています。

 

多くの自動契約機は21時〜22時まで営業をしていますので、夜にちょっと飲み代がなくなったときでもすぐに1万円借りることができます。

 

確かに銀行振り込みの方が安心して利用できるかもしれませんが、ローンカードを発行してATMで受け取る方法の方が1万円を受け取るのに利便性が高いかもしれませんよ。