サラ金とは、一昔前の消費者金融のこと

 

ドラマや漫画で使われる「サラ金」という言葉。

 

特に若い世代の子には「サラ金って、借金をする怖いところなんだ。。。」というイメージを持たれることが多く、現在で言う消費者金融と異なるものだという認識をされることも少なくはありません。

 

サラ金と消費者金融は呼び方は違いますが、同じものを指す言葉です。

 

このページではサラ金について紹介していきます。

 

サラ金と闇金は別物です。

 

サラ金とはサラリーマン金融の略称で、主に1970年代まで使用された言葉。

 

何故サラリーマン金融と呼ばれていたのかというと、当時お金を借りる利用者がサラリーマンメインだった為、「サラリーマンがお金を借りる金融業者」という意味でサラ金と呼ばれるようになりました。

 

サラ金は別名「街金」とも呼ばれ、サラ金が市街地に多く存在していたことから、街にある金融業者ということで街金とも呼ばれていました。

 

どちらの呼び方も時が経つにつれて悪いイメージが根付きましたが、1980年代になると女性や主婦など、サラリーマン以外の方のサラ金利用が増えていき、サラ金は消費者金融と呼ばれるようになっていったのです。

 

つまり、

 

・消費者金融
・サラ金(サラリーマン金融)
・街金

 

は全て同じもののことを指し、今ではサラ金や街金といった呼び方が廃れて、消費者金融と呼ばれるようになったということです。

 

サラ金も街金も正規の金融業者です

 

サラ金や街金と聞くと、どうしても悪いイメージを持ちがちですが、

 

サラ金と呼ばれようが、街金と呼ばれようが、どちらも都道府県や金融庁に金融業登録をしている正規の貸金業者です。

 

そのため、どちらの呼ばれ方をしても、法律に則ったクリーンな営業をしているはずです。

 

しかし、注意しなければいけないのは、正規の業者を装ったサラ金・街金。

 

正規の登録をしていない業者は法律の外で営業をしているので、私たちの知っているアコムやプロミスなどの消費者金融とは全く別の業種だと考えるようにしましょう。

 

正規業者以外の金貸しは全部闇金

 

サラ金や街金などの正規業者を正しく利用する分には、何も問題ありません。

 

最も注意しなければいけないのは、正規の金融業登録をしていない闇金と呼ばれる金貸しです。

 

闇金は、正規の登録をしていない貸金業者のことで、法律に則った金貸しの営業を行いません。

 

法律で禁止されている取立てや、法外な金利(トイチやトゴ、トサンなど)での貸付といった、正規業者だと行政処分を受けてしまうような営業方法で貸金業を営んでいます。

 

そんな闇金を誰が利用するんだ!と思うかもしれませんが、正規業者ではお金を借りることができない債務整理者や多重債務者などの方が闇金を利用してしまうことが多くあるのです。

 

街角に張ってある「○○円即日融資!電話番号:×××-××××-××××」等の張り紙は全てが闇金だと考えて良いでしょう。

 

一度闇金からお金を借りてしまうと、骨の髄までお金を搾り取られるまで離してもらえません。

 

絶対に闇金は利用しないようにしましょう。

 

サラ金は正規の消費者金融のことです

 

サラ金や街金と呼ばれる業者は正規の消費者金融です。

 

そのため、

 

サラ金・街金からお金を借りる=消費者金融でお金を借りる

 

という認識を持っていれば大丈夫だといえます。

 

今や消費者金融をうまく利用するのは生活の知恵の1つにもなってきました。

 

昔からある言葉の本当の意味を知らずに邪険にせず、正しい知識で正しく利用できるようにしたいですね。