アイフル

【アイフルのおまとめローン】審査の流れとデメリットをまとめました

アイフルのおまとめローンサービスであるおまとめMAXは貸金業法に基づく計画返済支援ローンです。

既に複数社から借り入れを受けていて、それらを一本化して計画的に返済するのに適しています。

このページでは、アイフルのおまとめMAXとかりかえMAXについて解説します。

おまとめMAXとかりかえMAXは何が違うの?

アイフルのおまとめローンについて調べている方なら、もうひとつのおまとめローンの名前を目にしているかと思います。それがかりかえMAXです。

アイフルには2つの返済支援ローンがあります。この違いはとても簡単。

  • おまとめMAX⇒アイフルを利用しているもしくは利用したことがある方
  • かりかえMAX⇒アイフルを初めて利用する方

これだけの違いです。つまり、アイフルと契約していない人がおまとめするとなると自動的にかりかえMAXになります。

また、上限金利も変わります。おまとめMAXが15.0%であるのに対し、かりかえMAXは17.5%。既にアイフルを利用していた人をひいきしているように見えますが、これも実質ほぼ同じサービスと考えて頂いて大丈夫です。

もしあなたが、100万円以下の金額でかりかえMAX(つまり初めての人)を利用するのであれば、おまとめMAX利用より不利になる場合があります。この点は注意が必要です。

おまとめローンのメリットとデメリットを知っておこう

アイフルのおまとめローンのメリットは、通りやすいの一言に尽きます。銀行カードローンに対しての締め付けが厳しい中で、債務の一本化ができるチャンスが残されているのがアイフルです。

アイフルの審査は独自基準で行われますので、確かに大手銀行の審査よりも甘いと言えます。ただ審査に落ちたという人もいますので過信は禁物です。

申込者が70歳以上の高齢であっても申し込みすることが可能なのもメリットと言えます。また、無人契約機を利用すれば即日融資を受けられるのはかなりのメリットです。

複数社から借り入れを行っていた方にとっては、返済回数が1回になることや、最低返済額が下がることも負担減少につながります。

おまとめローンの対象となる債務が多いのも利点です。消費者金融や銀行カードローンの債務だけでなく、クレジットカードのショッピング枠やキャッシング枠も対象となります。

ただし、住宅ローンや自動車ローンなど担保を有するローンでは利用できませんのでご注意ください。

しかし、アイフルから追加融資を受けられないことはデメリットと言えます。あくまで一本化した債務を返済する為だけの商品ということです。

また、返済回数を長く設定しすぎると、返済期間が延びるだけでなく、総支払額が増加する場合もありますので注意が必要です。

まとめると、アイフルを利用したことがある人であれば、おまとめMAXを利用できます。とにかく金利を下げられるのがメリットです。

最短で即日融資も対応してくれるので、時間がない人にとっては最高です。専業主婦や学生が利用できないのはデメリットと言えます。

年齢の上限を設けておらず、正社員でなくても利用できるのはメリットと言えるでしょう。

また、計画返済支援ローンの為、追加の借り入れができませんので注意が必要です。

返済方法は口座振替のみというのもデメリットと言えます。ATM返済に対応していません。

とはいえ、いままで散々ATMに走って複数社に返済していた人にとっては、肩の荷が下りてメリットと言えますね。

おまとめローンの審査から契約までの流れ

アイフルのおまとめローンに申し込める方の条件と、審査から契約までの流れを解説します。

審査の流れは以下の通りです。

  1. 電話かインターネットで申し込みをする
  2. 本人確認が行われる
  3. 必要書類を提出する
  4. 在籍確認を行う
  5. 契約
  6. 契約者が直接他社へ返済を行う
  7. 契約者はアイフルに返済を開始する

契約者は満20歳以上である必要がありますので、未成年者は利用できません。

  • 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方
  • アイフルの基準を満たす方

しかし、通常の審査とは異なり、年齢制限を設けていません。ですから、65歳以上の方や70歳の方でもおまとめローンであれば申し込みが可能です。

定期的な収入と返済能力は求められますが、正社員である必要はありません。つまり契約社員、派遣社員、アルバイトをしている方であっても申し込みは可能です。

しかし、専業主婦の方は残念ながら申し込みができません。また、年金は定期的な収入とみなされませんので、年金受給者の方は申し込みができません。

申し込みは、インターネットかおまとめローン専用ダイヤル(TEL:0120-626-333)から連絡をします。アイフルの店舗でも申し込みは可能ですが、全国に25店舗しかありませんから、店舗契約の流れは省きます。

アイフルおまとめローンの利用対象者は、複数社で返済を続けている方が対象ですから、申し込み段階で個人情報と他社借入総額を申告します。

審査の流れが最も簡単な申し込み方法は、インターネット申し込みです。

おまとめMAXもかりかえMAXも基本的に審査の流れは変わりません。また、おまとめローン専用窓口はありません。

ですから、ネット申し込み後に電話でおまとめMAXを利用する旨を伝える必要があります。

ネットや電話で申し込みをした段階は仮審査ですので、申し込み内容の確認の為の電話がオペレーターからかかってきます。

この電話は在籍確認ではなく、本人からの申し込みであることを確認する為の電話です。

もしくは、仮審査に通過した段階で電話が掛かってきますので、そのタイミングでおまとめ利用であることを伝えてください。

仮審査に通過すると確認書類が必要となります。以下のような必要書類を求められます。

本人確認書類以外に、収入証明書が求められますので、あらかじめ用意しておいた方がスムーズです。

  • 本人確認書類(免許証、パスポート、マイナンバーカード、健康保険証などの公的証明書、住民基本台帳カードのいずれかひとつ)
  • 源泉徴収票などの収入証明書(住民税決定通知書、給与証明、確定申告書、所得証明書のいずれかひとつ)
  • 他社借入条件等を確認できる書類

給与明細を提出する場合は、直近2か月分の明細が必要ですので注意してください。

(事前に融資が可能か1秒診断をしたい方はこちら)

また、多くの人が気にしているのは在籍確認の有無でしょう。在籍確認についてはこちらの記事に詳しくまとめてあります。

当然、おまとめローンの場合も在籍確認があります。在籍確認なしで通過しようと思っている方は諦めた方が良いでしょう。

必要書類と在籍確認が完了すれば本契約となります。契約完了後は、申込者の口座に振込されますので、申込者自身で他社借入分の返済を行う必要があります。

おまとめローンをした後の他社借入は契約違反となるので注意を

アイフルのおまとめローンの契約後に気を付けないといけないのは契約違反です。他社借入分をおまとめした後に、他社サービスを解約せずに再度借り入れをすると契約違反になります。

場合によっては、一括返済を求められるという恐ろしいペナルティに発展しますのでご注意ください。

追加で他社借入を行う方は、アイフルからの信用を失うだけでなく、多重債務で返済が滞ることが目に見えています。

ですから、アイフル側としても一括返済してもらった方がリスクがなくなるわけです。

  • 貸金使途:アイフルもしくは他社借入金の借換え
  • 実質年利:3.0%~17.5%
  • 契約限度額又は貸付金額:1~800万円
  • 返済方式:元利定額返済方式
  • 返済期間と返済回数:最長10年(120回まで)
  • 担保、連帯保証人の有無:不要
  • 遅延損害金:実質年率20.0%
ABOUT ME
cashingknowledge
20代前半でETC料金を踏み倒しブラックリスト入り。以降数年間を金融ブラックの現金主義者として過ごす。 お金の教育と信用の重要性を痛感しキャッシングナレッジを立ち上げる。 ユーザーの立場に立ち、本当に信頼できる中立で公正なメディアづくりを心掛けています。 キャッシングナレッジの執筆、編集、監修を担当。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です