アイフル

アイフルの審査の流れや審査基準について知っておこう!

大地真央さんのCMでおなじみのアイフル。大手消費者金融の中で唯一銀行と提携をしていない貸金業者です。

そんなアイフルを利用する前に知っておきたい情報や口コミをまとめました。

審査の流れや金利、ATMや店舗の情報まで細かく紹介をします。

審査の流れと必要書類について知っておこう

アイフルを利用できる方はアイフルが貸し付け対象者としている以下の方です。

  • 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

当社基準を満たす方という表現は、基準をはっきりさせていない部分とも言えます。

しかし、満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方という部分は条件がはっきりしています。

つまり、以下の方はアイフルを利用できません。

  • 20歳未満の方
  • 収入を得ていない学生
  • 収入を得ていない専業主婦
  • 収入が年金のみの方
  • 70歳以上の方

外国人の方も利用できる条件に当てはまっており、必要書類をそろえればアイフルを利用することが可能です。

現在アイフルを利用しており、年齢が70歳になった方は、以降アイフルで追加の借入をすることができません。返済のみの利用となりますので注意してください。

審査に必要な書類は、本人確認書類と収入証明書です。

本人確認書類
運転免許証/運転経歴証明書/パスポート/公的証明書類/特別永住者証明書/在留カード/個人番号カード/住民基本台帳カード
本人確認書類に記載の住所と現住所が異なる場合に必要なもの
公共料金の領収書(NTT・電気・ガス・水道・NHK)/住民票の写し/印鑑証明書
※氏名・現住所の記載されている
収入証明書
源泉徴収票/住民税決定通知書/給与明細書(直近2か月分)/確定申告書/所得証明書

本人確認書類はいかなる場合にも提出が必要な書類です。

しかし、収入証明書に関しては以下の場合のみ必要となります。

・アイフルでの借入が50万円を超える場合
・アイフルを含め、貸金業者からの借入が100万円を超える場合
・その他アイフルが収入証明書の提出を求める場合

年金受給者もOK?審査基準を知っておこう

アイフルは他の消費者金融より通過率が高いとはいえ、アイフルを審査なしで利用するのは絶対に不可能です。

ここからはアイフルを利用できる人について紹介をします。

アイフルは満20歳以上~69歳以下で、安定した収入と返済能力があれば誰でも利用することができます。

安定した収入が必要なのは、アイフルが貸金業者だから。

貸金業者は貸金業法に則り運営を行います。

そのため、貸金業法に定められる年収の1/3までしか貸付をしてはいけないという法律を違反するわけにもいかず、安定した収入のある人にしかお金を貸すことができないのです。
安定した収入とは、就業によって得る収入のことを指します。

  • 会社員(正社・契約)
  • 派遣社員
  • 自営業(フリーランス)
  • パート・アルバイト

毎月安定した収入を得ることができれば、学生でも主婦でもアイフルを利用することが可能です。ただし、年金は安定した収入には含まれませんので注意が必要です。

アイフルの審査は通過率が高い?

審査が最短30分。借入まで最短1時間で済んでしまうアイフルは、大手消費者金融の中でも特に注目の1社。

貸付業績だけを見てもプロミスやアコムにまだまだ追いつかないアイフルが何故注目の1社なのか。

それには、アイフルの成約率(通過率)が大きく関係しています。ちなみにアイフルの通過率は約45%あります。

もちろんあなたの信用情報がどのような状態かわからないので、あなたが審査に通るかどうかはわかりません。

しかし、アイフルが正式に発表している数字だけを見ると、アイフルの新規ユーザーの成約率はとても高いと言えます。


アイフル財務情報月次データ(2016/04~2017/03より)

表のとおりアイフルの新規ユーザー成約率は1年を通して45.3%。

通過率が貸金業者の中で最も高いといわれるアコムの成約率が約48%となっているので、アイフルはアコムを追撃しそうな破竹の勢いで業績を伸ばしているのです。

成約率は通過率と同義です。

数字だけを見れば、アイフルは貸金業者の中でアコムに次いで審査に通りやすいと判断しても良いでしょう。

※数字だけで見たときの見解です。通過することを保証するものではありません。

そして忘れてはいけないのが、アイフルはどこの銀行の傘下にも属していないという点。

アイフルの保証会社は銀行傘下ではない

あなたは今までにアイフル以外の銀行カードローンや消費者金融で金融事故を起こしたことはありますか?

もしある場合には、あなたは消費者金融や金融事故を起こした銀行と繋がっている貸金業者からはもうお金を借りることができません。

というのも、現在多くの消費者金融と銀行が保証業務提携という形や企業グループ加入という形で繋がってしまっているからです。

大手消費者金融と大手銀行のつながり↓

消費者金融名 グループ銀行
アイフル なし
アコム 三菱UFJ銀行
プロミス 三井住友銀行
SNBCモビット 三井住友銀行

アイフルがアコムやプロミスに勝っているポイント。それがまさに銀行とのグループ関係を築いていないところです。

例えばあなたが今までに三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックで返済遅延を起こしたとします。

すると、保証会社であるアコムはあなたの起こした返済遅延の情報をバンクイックから仕入れることとなります。返済遅延は2ヶ月を超えないと信用情報に記載されることはありません。

その後、あなたはバンクイックではこれ以上借入することができなくなり、アコムへ借入申し込みをしたとしても、バンクイックでの不祥事は保証会社であるアコムに筒抜けですので審査に通ることができなくなります。

その点アイフルは銀行との関係はありませんので、他の銀行カードローンや消費者金融で信用情報センターに記載されない位の不祥事ではなにも影響は与えません。

アイフルが他の消費者金融よりもおすすめできるポイントは、銀行とグループ関係にないところにあるんですね。

アイフルは福邦銀行や筑波銀行といった地方銀行の保証業務を勤めていることはあります。グループ関係ではなく、業務提携という形ですが、アイフルが保証会社をしている銀行で問題を起こした場合にはアイフルでの借入も難しい場合があります。

2016年4月から2017年3月の1年間の実績だけを見れば、アイフルは貸金業者の中で2番目の通過率を持った消費者金融だといえます。

ですので、通りやすいか通りにくいかで言えば、アコムを除く消費者金融や銀行カードローンと比べたら通過しやすいといえますよね。

また、グループ会社として銀行と繋がっていない分だけ、ゆがんだ眼鏡であなたの属性や信用を見られる心配がありません。

そういった点でも、アイフルはおすすめだといえます。

  • web完結で即日融資可能
    ※インターネットで申込みからお金の受け取りまでできます。
  • 家族ばれの心配なし
  • ローンカード受け取りは郵送・自動契約機どちらでもOK
    ※郵送の場合、カードが届くまで口座振込みで借入ができます。
  • パート・アルバイトでも借入OK!

 

金利 最高限度額
年3.0%~18.0% 800万円
無利息期間 審査時間
はじめての方に限り30日間
(契約翌日から)
最短30分
ABOUT ME
cashingknowledge
20代前半でETC料金を踏み倒しブラックリスト入り。以降数年間を金融ブラックの現金主義者として過ごす。 お金の教育と信用の重要性を痛感しキャッシングナレッジを立ち上げる。 ユーザーの立場に立ち、本当に信頼できる中立で公正なメディアづくりを心掛けています。 キャッシングナレッジの執筆、編集、監修を担当。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です