借金を誰にも知られたくないと考えるのはごく自然なことです。金融業者も利用者のニーズに応えるためさまざまな工夫を凝らしていますので、会社や家族に知られずにお金を借りることも可能です。

誰にも知られたくない人は大手消費者金融の利用をおすすめします。借金が周囲に知られやすい場面はいくつかありますが、そのすべてに対処できるのが大手消費者金融です。

しかし大手消費者金融を選択しても申し込み方や利用方法を誤ると周囲の人にばれるリスクが上がってしまいます。こちらのページではおすすめの申し込み方法や注意すべき点などをまとめましたので内緒で借りたい方は参考にしてください。

家族や友人に借金がバレる主な要因

借金が周りに知られやすい場面は決まっています。リスクのある場面を知っておくと事前に対策できますのでチェックしておきましょう。

本人確認の電話に家族が出てしまう

お金の借り入れを申し込むと金融業者から申込内容に間違いがないか電話がかかってきます。金融業者が申込者以外に名乗ったり用件を伝えたりすることはありませんが、勘のいい家族が電話に出てしまった場合審査申し込みが知られてしまう可能性があります。

自宅に郵便物が届く

一番リスクが高いのは郵送物です。特に家族と同居している方は金融業者から届く契約書や利用明細書、発行されたローンカードが原因で知られてしまう可能性があります。

銀行カードローンの場合郵送物の差出人は銀行名ですので封筒を見ても怪しまれませんが、封を切られてしまうと隠せません。また、消費者金融でも家族に見られてもわからないよう差出人名が工夫されていますが、差出人名を検索されてしまうとどこからの郵便かわかってしまいます。

勤務先へ在籍確認の電話がかかってくる

在籍確認の電話が原因で借り入れが知られる可能性はほぼないといえますが、申込者にとっては大きな心配の種となります。

申告通り会社に勤務しているかを確認する在籍確認ですが、会社名を名乗らずに個人名でかかってきますので在籍確認だと知られることはありません。勘のいい同僚が電話に出ると怪しまれるかもしれませんが、確信は持てませんので切り抜けることも可能でしょう。

自動契約機への出入りを見られてしまう

カードローン契約やローンカードの受け取りができる自動契約機は大変便利ですが、消費者金融の自動契約機へ出入りするところを目撃されてしまうと借金を否定するのは難しくなってしまいます。

一部の銀行でもテレビ窓口などの自動契約機を導入していますが、銀行の契約機は預金口座の名義変更などでも利用するため万が一誰かに見られてもあわてる必要はありません。

お財布の中のローンカードを見られてしまう

何かの拍子で家族や友人にお財布の中のローンカードを見られてしまうと、借り入れがばれてしまいます。 各金融業者は業者名をカードに大きく印字しないなど工夫を行っていますが、何のカードなのかと聞かれてしまうと逃れるのは難しいかもしれません。

貸し借りの明細書を見られてしまう

借り入れ時や返済時にATMで発行される利用明細を見られてしまうと言い逃れができなくなってしまいます。上着のポケットに入れっぱなしにしてしまったなど家族にばれやすい要因の一つです。

内緒でお金を借りるためにチェックすべき3つのポイント

借金が周囲にばれるのは電話や郵送物によるものが多いのですが、それらを回避できるかは申し込むカードローン会社のシステムにより異なります。申し込み前に次の3点をチェックしましょう。

郵送物なしを選択できるか

家族に絶対にばれたくない方は郵送物をなしにできるカードローンかどうかを必ずチェックしましょう。 専業主婦など日中家で過ごす時間が長い方は家族に見られる前に隠せますが、そうでない方は郵送物なしの申し込み方法を選択できないとばれてしまうリスクがあります。

電話による在籍確認をなしにできるか

勤務先に絶対にばれたくない方は電話以外の方法で在籍確認をしてもらえるカードローンを選びましょう。 在籍確認の工程自体をなしにすることはできませんが、どうしても電話をしてほしくない場合は書類提出など別の方法で代替してくれるカードローンもあります。

カードレスで借り入れ可能か

ローンカードの管理は意外と難しく、お財布に入れたままにしておくとふとした時に見られてしまうかもしれませんし、自宅に保管しておくと同居家族に発見される恐れがあります。 カードを発行しなくても利用できるカードローンもありますので、お財布を無防備に置いてしまいがちな方はカードレスでの借入に対応しているカードローンを選びましょう。

周りに知られずにお金を借りる方法

ここからはカードローン申し込み時、あるいは審査に通過したあとにとるべき対策をご紹介します。

郵送物をなしにする

家族に絶対にばれたくない方は、郵送物なしを選択しましょう。

カードローンの申し込みや利用時に発生する書類・郵送物はおもに4種類です。

  • 申し込み時の契約書
  • ローンカード
  • 利用明細
  • 滞納時の返済督促状

契約書・ローンカードは契約時に一回のみ発行されます。契約書はペーパーレス化が進んでいますのでインターネット上で電子交付を選択できるケースが多くなっています。ローンカードはカードレス契約ができるカードローンであれば発行しないこともできます。また、契約書・ローンカードともに郵送ではなく自動契約機で受け取る方法もあります。知り合いに目撃されなさそうなエリアの契約機を利用して直接受け取ってしまえば郵送物を心配する必要はありません。

借り入れ・返済時に発行される利用明細はWeb明細を選択すれば紙では発行されません。多くのカードローンで契約時に明細の電磁交付を選択できますので、見落とさないよう注意しましょう。

ただし、返済に遅れた際に届く督促状は避けられません。返済が滞ると通常はまず電話連絡がありますが、電話連絡なしに自宅に督促状が届く可能性もあります。督促状の郵送を避けるには遅れずに返済するしかありませんので気をつけましょう。

自宅の固定電話番号を申告しない

家族に絶対にばれたくない方は、自宅の固定電話はなしと申告しましょう。

審査の過程で本人確認や申込内容の確認、審査結果の通知などの用件でカードローン会社から電話がかかってくることがあります。電話がかかってくるのは申し込み時に申告した電話番号です。多くの場合個人の携帯電話番号を記入すると思いますが、携帯電話に加えて自宅の固定電話の番号も入力してしまうと携帯番号が変わったのに申告し忘れた際など自宅にかかってくるかもしれません。

固定電話があると審査通過率が少しアップする可能性もあると言われていますが、他社借入が多いなど審査通過が微妙な方以外はそれほど気にする必要はありませんので、絶対に自宅にかけてほしくない場合は固定電話なしとして申し込みましょう。

電話による在籍確認なしを選ぶ

会社の人に絶対にばれたくない方は、電話以外の方法で在籍確認に対応している消費者金融を選びましょう。

勤務先への在籍確認は通常電話で行われますが、申込者が申告通りに勤務していることが確認できればいいので必ずしも電話である必要はありません。社員証や給与明細、社会保険証などの書類で在籍確認を行っているカードローンを選べば電話を回避することが可能です。

また、電話連絡なしを公言しているカードローン以外でも、担当者に相談すると電話以外の方法で代替してくれるケースもあります。しかし、銀行カードローンは書類代替に応じてもらえる可能性はかなり低いです。

カードレス契約をする

お財布の中のローンカードを見られて家族や友人にばれるのを避けたい方は、カードレスで借り入れできる消費者金融を選びましょう。

消費者金融も近年は社名やロゴをカードに入れないなど工夫していますのでひと目でローンカードだとばれてしまうケースは少ないかもしれませんが、同じ金融業者を利用している人が見ればすぐにわかってしまいます。

カードレスならばスマホアプリやWEB振込で借り入れ・返済を行いますので、お財布の中を見られてもあわてる必要はありません。さらに、ローンカードを受け取るために自動契約機に出向く必要もないため知り合いに目撃されるリスクも軽減できます。

銀行カードローンはキャッシュカードがローンカードも兼ねてるケースもあります。キャッシュカードならば隠す必要はありません。

通帳管理に注意する

借り入れや返済時の利用明細だけでなく通帳の管理にも注意が必要です。 借り入れ・返済時にWEB振込や口座振替を利用すると取引相手が通帳に記録されてしまうため、利用する銀行口座をWEB通帳に切り替えましょう。

通帳管理に気をつけていてもいつ誰に見られてしまうかわかりません。多くの大手消費者金融は社名とは別の名前で記帳していますが、聞き慣れない名前だと不審に思って検索されてしまう可能性もあります。

ネット銀行では紙の通帳を使用せず始めからWEB通帳しかありませんので、カードローン用のネット銀行口座を新設するのも良いでしょう。

内緒で借りれるおすすめの消費者金融

絶対にばれずにお金を借りるためには大手消費者金融の利用をおすすめします。大手消費者金融は銀行カードローンよりもユーザーへの配慮やサービスなどの面に力を入れていて、WEB完結やカードレスが利用しやすくなっています。
中でも特におすすめの消費者金融をご紹介します。

SMBCモビット

SMBCモビットは電話連絡なしを公言している消費者金融です。
次の2つの申し込み条件を満たすと、申込みから利用まで電話連絡・郵送物を一切なしにすることができます。

  • 三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの本人名義口座を持っている
  • 全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証を持っている

申し込みには希望額に関わらず次の書類を用意する必要があります。

本人確認書類

運転免許証・パスポート ※いずれかの写し

収入証明書

源泉徴収票・税額通知書・所得証明書・確定申告書・給与明細書

※いずれかの1つの写し

勤務先証明書類

健康保険証・給与明細書 ※2つの写し

誰にも知られずに借り入れする手順は次の通りです。

    1. WEBから審査申し込み
    2. 必要書類の提出
    3. メール受信後にWEBにて審査結果の確認
    4. WEB上で契約手続き
    5. 入会完了メール受信
    6. 銀行口座に振込融資
    7. 全国の提携ATMにて出金 又は スマホATMにて出金

話連絡は一度もなく、現金を引き出す必要がなければすべて自宅で完結させることも可能です。
返済は口座引き落としで、口座振替名義にはカ)SMBCMと記載されます。SMBCモビットの返済だとはわかりづらいですが利用口座の取引明細をWEB通帳に切り替えておくと安心です。

プロミス

プロミスは電話以外の方法で在籍確認ができると記載されているわけではありませんが、柔軟に応じてくれる可能性が高い消費者金融です。

カードレス契約に対応しているWEB完結またはアプリ―ローンを利用すると郵送物は一切ありませんので家族に知られるリスクもかなり低いと言えます。

WEB完結で借り入れする手順は次の通りです。

  1. WEBから審査申込
  2. プロミスコールに電話して在籍確認の書類代替について相談
  3. 必要書類をWEBでアップロード
  4. メール受信後にWEBにて審査結果の確認
  5. WEB上で契約手続き・「カード不要」を選択
  6. 銀行口座に振込融資
  7. 全国の提携ATMにて出金

申し込み後にコールセンターに電話をして、勤務先に連絡してほしくない旨を必ず相談してください。応じてもらえるとは限りませんが、給与明細や保険証の提示で代替してもらえる可能性が高いです。

プロミスはWEB完結で申し込むと返済方法が口座振替になります。ATMやネットバンキングで返済したい場合は同様に郵送物なしを選択できるアプリローンで申し込みましょう。

アイフル

アイフルもプロミスと同様に電話連絡以外の在籍確認に応じてくれる可能性が高く、会社にも家族にもばれずに借りたい方におすすめの消費者金融です。

プロミスと同じように申し込み後審査担当者に書類代替による在籍確認について相談してください。事前に給与明細などの書類を用意しておくとスムーズです。万が一、書類代替を認めてもらえなかった場合でも在籍確認の電話は個人名でかかってきますし本人以外に用件を明かすことは決してありませんのでそれほど心配する必要はありません。

申し込みから契約まではプロミスとまったく同じ流れですが、アイフルでは必ずスマホアプリを利用してセブン銀行ATMで借り入れしてください。振込融資で借り入れすると自宅に利用明細が郵送されてしまいます。

内緒で借りやすいのは大手消費者金融

周囲に内緒で借りやすい方法は、大手消費者金融カードローン・郵便局の自動貸付・クレジットカードのキャッシング・質屋の4つであることがわかります。

ただし、勤務先に在籍確認の電話連絡があっても借り入れがばれてしまうリスクはほぼありませんので、絶対に電話をかけてほしくない方を除き銀行カードローンもあきらめる必要はありません。

郵便局の自動貸付は郵便局に定期預金がある人、クレジットカードのキャッシングはすでにキャッシング枠付きのカードを持っている方のみばれずに借り入れが可能です。また、質屋は金融ブラックの人も含め誰でも借入可能ですが、それなりに価値のある品を担保として持ち込まないと借りられる額はごくわずかです。

つまり、現実的な選択肢は大手消費者金融のカードローンのみだと言えます。

支援制度は家族に内緒にしづらい

公的支援制度は申込時に必要な書類が多いうえに、大半のケースで対面による相談が必須ですのでWEB完結には対応していません。さらに、借入後も継続して生活立て直しのサポートをしてくれるなど返済以外にも関わりが続く借入方法もあります。

そのため、同居家族がいると借り入れを内緒にしづらいでしょう。

誰にもばれずに借りられるおすすめのカードローン

各カードローンの郵送物や電話連絡の有無、カードレス対応などをまとめると次のようになります。

 

会社名

 

 

郵送物なし

電話連絡なし

カードレス対応

契約書

ローンカード

利用明細

大手

消費者金融

プロミス

WEB

発行なし

WEB

応じてもらえる可能性あり

振込融資

・スマホ取引

アコム

WEB

自動契約機可

WEB

×

×

振込融資対応だが

カードは必ず発行

アイフル

WEB

発行なし

WEB

応じてもらえる可能性あり

振込融資

・スマホ取引

SMBCモビット

WEB

発行なし

WEB

振込融資

・スマホ取引

中小

消費者金融

セントラル

WEB

自動契約機可・発行なし

WEB

×

振込融資

金融機関

三井住友銀行

WEB

キャッシュカード兼用

WEB

×

振込融資

イオン銀行

WEB

×

自宅へ郵送

WEB

×

×

振込融資対応だが

カードは必ず発行

JAバンク

(東京中央

×

自宅へ郵送

×

自宅へ郵送

WEB

×

×

ろうきん

(中央労働金庫)

店頭

×

自宅へ郵送

×

×

×

家族のみに知られたくない場合は大手銀行もおすすめ

銀行カードローンなど金融機関からの借り入れは電話による在籍確認を避けられる可能性が低く、ローンカードの発行もありますので自宅への郵送物をなしにすることが難しいです。

ただし、キャッシュカードとローンカードが一体化している場合はカードの発行はありませんので、契約書が電磁交付に対応していれば自宅への郵送物は避けられます。勤務先への電話連絡はあっても構わないけれど家族にはばれたくないと考えている方は、大手消費者金融だけでなく郵送物なしに対応している三井住友銀行カードローンもおすすめします。

バレずらいお金の借り方一覧

お金の借り方と家族・勤務先に知られるリスクがあるかをまとめると次のようになります。自宅への郵送物・在籍確認の電話連絡を避けられない可能性が高い借入方法には△を記しています。

借りる方法 内緒で借りる 備考
家族 勤務先
金融機関の
カードローン
メガバンクで借りる
地銀で借りる
ネットバンクで借りる
JAバンクで借りる
ろうきんで借りる
郵便局で借りる 定期預金がある場合のみ可能
大手消費者金融で借りる
中小消費者金融で借りる
クレジットカードで借りる キャッシング枠のついたカード所有者のみ可能
生命保険で借りる 契約者貸付制度のついた保険加入者のみ可能
質屋で借りる
支援制度 生活福祉資金貸付制度で借りる
生活保護制度で借りる
年金担保貸付制度で借りる
生活サポート基金で借りる
共済組合で借りる
従業員貸付制度で借りる

まとめ

会社にも家族にもばれずにお金を借りたい方は大手消費者金融の利用をおすすめします。大手消費者金融は内緒で借りたい人がチェックすべき次の3つのポイントを満たしているため安心して利用可能です。

  • 郵送物なしを選択できる
  • 電話による在籍確認をなしにできる
  • カードレスで借り入れ可能

電話連絡なしを公言しているSMBCモビットやユーザーの要望に柔軟に応じてくれる傾向があるプロミスが利用しやすいでしょう。

自宅への郵送物さえなしにできれば構わない方には三井住友銀行カードローンもおすすめです。即日融資は難しくなりますが、消費者金融よりも少し金利が下がりますので検討してください。

いずれのカードローンを選択しても返済に遅れが発生すると自宅に督促状が届いてしまいますので、延滞することがないようにしましょう。