今すぐ簡単にお金を借りる方法が知りたい

このページに来て頂いている方は、今すぐにお金を借りる方法を知りたいという方がほとんどです。

良く質問をもらうことが多いテーマですので、常に最新の情報を心がけて日々更新しているキャッシングナレッジのメインコンテンツのひとつです。

中には藁にもすがる思いの方もいらっしゃいますし、当日中に何とかしたい方が殆どですので、とにかく審査通過率が高くて簡単に借りられる消費者金融を中心に厳選しています。

ただ、それだけではこのページのニーズに応えられないと思い、新たにどうにかして借りれるパターンを考察してみるというコンテンツを追加してみました。


今すぐにお金を借りるなら消費者金融がおすすめ

まず、100万円を超えるような高額融資でない場合、各社とも金利はさほど変わりませんので、金利の説明よりもとにかくすぐに借りられる条件を最優先にしてリスト化しました。

プロミス

  • 提携コンビニATMですぐに出金可能
  • 金利が低く、30日間の無利息期間あり
    ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 土日祝日も問題なし
審査終了後、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座への振込みなら曜日時間帯関係なく原則24時間最短10秒でお振込可能です。

20歳以上69歳以下の方なら学生、派遣、パートも申し込み可能です。

金利 最高限度額
4.5%〜17.8% 500万円
審査時間 借りるまでの時間
最短30分 最短1時間
審査通過率 土日祝日
約43% OK※
プロミス申し込みの前にここだけチェック。
三井住友銀行グループのプロミス最大の特徴は、とにかく申し込みから審査回答時間までの時間が短いことです。審査回答時間は最短30分ですが、そこがクリアできれば最短1時間ほどでキャッシングをすることも可能です。審査通過率は下のアイフルの方が若干高いですが、最大金利はより低く設定されています。初めて利用の方には30日間無利息期間も設けています。

プロミスを推す理由は以下の通り。

  • 自動契約機の数がダントツで多い
  • 土日祝日のキャッシングでも条件はほぼ変わらない
  • 瞬フリを利用出来る場合は審査営業時間内に審査を終えておくだけで24時間振込みを受けられる

瞬フリというのは、ジャパンネット銀行か三井住友銀行の口座を持っている方が受けられるサービスですが、他行の場合も平日の14:00までにオンライン契約を完了しておけば、原則24時間最短10秒で振込が可能です。審査の申し込みは、インターネット、電話、自動契約機の3パターンがありますが、現金を手にするまでに最も早いのはもちろんインターネットです。

プロミスは切れるカードがたくさんあります。とにかく平日だろうが土日だろうが20時までにインターネットで申し込みを済ませてしまえば、無人契約機でカードを受け取ったのち、提携コンビニATMで出金するという手段も取れます。
  • 提携ATMの一例
  • セブン銀行
  • ローソンATM
  • イーネット
  • ゆうちょ銀行
  • 三井住友銀行など
そこまで急ぎではない方は、スマホアプリのアプリローンを使えば、カードレスで24時間セブンイレブンのATMで出金なんてこともできます。あなたの状況によってネット申し込み後に掛かってくるオペレーターさんに電話で色々相談してみてください。

すぐ借りたいけど本人確認書類の提出はどうすればいいの?
スマホで撮影した免許証等をアプリかHPにアップロードすることで完了しますのでご安心ください。

会社に自分どころか在籍確認に応対できる人間がいない。
在籍確認は本人以外でもあなたの在籍が確認できればOKになりますが(もちろんバレるような対応をオペレーターはしません)、土日などどうしようもないときは在籍確認だけ後日にして契約だけ先に済ませることが出来ます。ですから、このような状況に当てはまる場合は、本人確認の電話の際にその旨を伝えてください。

アイフル

  • 申込み後の電話で即時審査開始
  • 30日間の無利息期間あり
  • 土日祝日もキャッシング可能

20歳以上70歳未満の方なら学生、派遣、パートも申し込み可能です。

金利 最高限度額
3.0%〜18.0%% 800万円
審査時間 借りるまでの時間
最短30分 最短1時間
審査通過率 土日祝日
約46% OK※
審査終了後、契約ルームでローンカードを発行できれば曜日時間帯関係なくすぐに借入ができます。

アイフル申し込みの前にここだけチェックしてください。
土日祝日も審査OKのアイフル。消費者金融の中でもトップクラスのローンカード発行スピードを誇ります。利便性は上のプロミスとほとんど変わりませんが、独立系の消費者金融の為審査も独自審査
ですので、プロミスよりも審査通過率が良いという事実があります。他の消費者金融では申込みの混雑状況によって審査が後回しにされる場合もあります。

しかしアイフルならweb申込みを済ませた後、電話ですぐ借りたい旨を伝えると即時審査を開始してくれます。ローンカードを利用すればプロミスと同じく提携ATMでの出金が可能(提携ATMの一例:セブン銀行、ローソンATM、イーネット、イオン銀行、三菱UFJ銀行など)アイフルもスマホATM取引を行っている為、アプリ利用をすればセブン銀行から24時間365日、しかもカードレスでキャッシングすることが可能です。

アイフルについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてください。

あなたのニーズに合わせた借り方を本人確認の電話のときに相談できるのも好評を得ています。


アコム

 

  • 審査通過率大手No.1
  • 30日間の無利息期間あり
  • 土日祝日も問題なし
金利 最高限度額
3.0%〜18.0% 800万円
審査時間 借りるまでの時間
最短30分 最短1時間
審査通過率 土日祝日
約47% OK※
審査終了後、楽天銀行口座への振込みなら曜日時間帯関係なくすぐに借入ができます。

審査通過率が大手消費者金融のなかでNo.1のアコム。プロミスと同様で24時間振込み対応可能なサービスがあります。ただし、楽天銀行に限られます。アコムは審査を通過してローンカードさえ持っていれば24時間営業のアコムATMやコンビニATMで借入ができるので利便性が高いと言えます。

最低金利が低いところが魅力に感じる方もいるかもしれませんが消費者金融には総量規制があるため、最低金利で最高限度額まで借入ができることはほぼありませんのでご注意を。


SMBCモビット

  • 借入スピード最短即日
  • 郵送物電話連絡なし
  • 精度の高い簡易審査
金利 最高限度額
3.0%〜18.0% 800万円
審査時間 借りるまでの時間
最短30分 最短即日
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
審査通過率 土日祝日
非公開 OK※
web完結以外で申込みをして審査を受け、ネットバンキングへの振込み指定してください。曜日や時間帯に関係なくすぐにお金を借りることができます。

モビットはweb完結をどの会社よりも先に始めた消費者金融です。そんなモビットはネット上で申込みから審査、銀行振り込みまで完結できる消費者金融ですので、すぐに借りたい方にはおすすめの消費者金融です。家族や職場に利用がばれたくないというあなたは郵送物や電話確認のない匿名性の高いモビットに申込みをするのがおすすめです。


また、銀行カードローンの融資に関しては厳しい規制が敷かれています。2018年1月からは即日融資に対しても規制が敷かれていますので、速さを求めるなら消費者金融の方がおすすめです。

即日でお金を借りるための条件

以下の3つを押さえれば即日でお金を借りるのは難しいことではありません。
  • 審査が最短30分で終わること
今すぐ借りるには審査と融資のスピードが速くなくてはいけません。審査最短30分と紹介している貸金業者は、早ければ15分程度で審査が終了する場合もありますので、審査最短30分、最短1時間融資などと紹介している業者を選ぶことが大切です。
  • 審査通過率が高いこと
審査通過率を公表していて、通過率の高いところを選んで申込みをすることが大切です。審査通過率が高いということは、審査に落ちて無駄な時間を使う可能性が低くなります。審査通過率の高い商品を選んで申込みをするようにしましょう。
  • 消費者金融を利用すること
消費者金融は銀行カードローンよりも審査の工数が少ないといわれています。そのため、銀行カードローンはいかに審査スピードを早くしようとも、審査の難易度が高いため、スピードで消費者金融に勝ることはありません。今すぐ需要にこたえてくれるのはやはり消費者金融だといえるでしょう。

また、覚えておいて欲しいのは、銀行振り込みでお金を借りたいなら、平日の14時までに申込み審査を終了させておくこと。
おそらく多くの方が銀行振り込みでの借入を希望すると思うのですが、あなたが普段使用している銀行の口座にお金を振り込んでもらう借り方は、銀行の営業時間内にしか行うことができません。

そのため、銀行振り込みですぐにお金を借りようとするのであれば、平日の14時までに審査を終了させて、銀行振り込みをしてもらうしか方法がないのです。

web申し込みで借りるのが鉄則

すぐに借りるための方法には主に、4通りの方法があります。
  • web申し込み
  • 自動契約機での申し込み
  • 電話申し込み
  • 来店申し込み
この中でweb申込みをおすすめする理由は、移動時間や空いた時間にさっと入力することができるから。会社の休憩時間にさっと申込みを済ませればスグに審査が開始されます。審査が終了すれば、後はローンカードを受け取り、銀行振り込みをしてもらえばお金を受け取ることができます。

その他の方法もすぐに借りるという面ではおすすめな方法とは言いがたく、若干の待ち時間を作ることになってしまいます。web申込みなら、借りたいと思ったときにさっと申込み。後は銀行ATMや自動契約機に向かう最中に審査結果を受け取り、その場ですぐに借りることができるのです。

時間を無駄にしない借り方がweb申込みというわけですね。

お金は提携ATMで借りるのがおすすめ

ローンカード発行と共にお金を引き出すことができる自動契約機で受け取るのもおすすめですが、スマホアプリが使える余裕がある方は、大変便利ですのでそちらもおすすめです。多くの自動契約機はATMが隣接してありますので自動契約機でローンカードを受け取り、その後すぐお金を受け取ることができます。時間が遅い場合はこんなに頼もしい機械はありませんw
申し込みをしたその日にお金を受け取る方法は主に3つ。
  • 銀行振り込み
  • 自動契約機引き出し
  • 提携ATMで引き出す

銀行振り込みでお金を借りる場合

銀行振り込みでお金を受け取る場合、銀行の営業時間内に申し込みから審査完了までの流れを終了させなければなりません。というのは、銀行の営業時間外だと銀行があなたの銀行口座に振り込みをすることができないからです。

こういった事情から多くのキャッシングサービスでは銀行振り込みで借入をしたい場合、遅くとも14:50分までに申込から審査完了までの工程を済ませるよう指示が出されています。銀行振り込みでお金を受け取る場合には午前中に全ての手続きを済ませておくと安心ですね。指定ネットバンクを使用する場合、この限りではありません。

自動契約機でお金を借りる場合

自動契約機でのお金の受け取りは、自動契約機が営業している時間帯ならいつでもキャッシング可能です。自動契約機ではその場でローンカードを発行してもらう事ができるので、カードを受け取り、隣接しているATMを使用することですぐお金を受け取ることができます。

多くの自動契約機は22:00まで営業しているので、夜に飲み代が足りなくなってもすぐに借りることができますね。ATMが隣接していないときは、コンビニATMでもお金を受け取ることができますのでいつでもキャッシングできるようになります。

ここまでお読みの方はもうお分かりかと思いますが、まず銀行or消費者金融の選択肢で考えると、間違いなく消費者金融一択です。さらに、各社金利は横並びですし、50万円程度までなら気にする必要がありません。

となるとどこで差が付くかと言えば、カードレス利用する際の利便性です。各社で強い口座というのが異なりますので、例えばプロミスであれば三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば土日祝日関係なく、原則24時間最短10秒で振込をしてもらうことが可能です。

その点アイフルは不利かと言えばそんなことは全くなく、スマホATM取引を利用すればセブン銀行で24時間お金を受け取ることが出来てしまいます。楽天銀行の口座を持っている方なら同条件でアコムを選ぶと良いでしょう。

土日に借りたい場合はローンカードが必要

土日や祝日に借りるのであれば、web申込みをしたあとに、自動契約機でローンカードが発行できる貸金業者を選んでください。
土日祝日は銀行が営業をしていないので、銀行振り込みで借りることはできません。

しかし、ローンカード発行は土日でも行っていますので、ローンカードを利用した借入なら土日祝日でも行うことができるのです。

また、利用する貸金業者によっては、指定のネットバンクへの銀行振り込みなら土日祝日の振込みでも対応している場合があります。
あなたの利用したい業者がどのような対応を取っているのかを確認してから申し込むようにしましょう。

お金を借りる金額の目安は50万円以内が妥当

収入証明書の要らない50万円以内にするのが妥当でしょう。今すぐ借りるということは、審査に確実に通過しなくてはいけないということ。

現在、貸金業者からお金を借りる際には、50万円を超える貸付に対して収入証明書の提出が求められます。収入証明書の提出を行う審査は通常の審査よりも慎重に行われるため、審査時間が長くなることも考えられるというわけです。

今すぐ借りたいという場合だからこそ、10万円や20万円といった必要最低限の限度額で申込みをするのがおすすめです。

総量規制に引っ掛かる場合は難しい

すぐに借りることは難しいかもしれません。総量規制は年収の1/3以上を貸金業者から借りることができないという法律です。

以前なら銀行カードローンを利用すれば大丈夫ですといえたのですが、おまとめローンや総量規制対象外問題による銀行の過剰貸付による自己破産者の増加に伴い、日本弁護士協会が過剰貸付を防止する意見書を金融庁に提出したため、2017年10月よりメガバンクが自主的に年収に合わせた貸し付け上限を付けるようになりました。

これにより、銀行での借入でも場合によっては総量規制のような上限がつけられるようになり、総量規制対象外というがいねんで借入することができなくなったのです。

総量規制まであと10万円という場合には消費者金融で借りることができることもあるかもしれません。しかし、その場合には通常の審査よりも時間がかかることが考えられます。今すぐ借りるのは難しいと思ったほうが無難でしょう。

ただ、一つだけ可能性があるのが、総量規制の対象の例外として融資を受ける方法です。

詳しくは総量規制対象外で審査の甘い銀行ローンやキャッシング業者はどこがおすすめ?を参考にしてみてください。

無職でもお金を借りる方法はあるの?

大原則として、無職の場合大手消費者金融や銀行で借りることはできません。貸金業者である消費者金融は、所得のある方にしか貸付を行うことができません。これは、貸金業法に定められる総量規制という法律が関係しています。

総量規制は貸付の上限を年収の1/3までに制限することで債務が膨らむことを防止する法律ですので、所得のない方はお金を借りることができないのです。また、銀行カードローンでも最近では融資に対しての自粛を行っているので、収入のない無職の方ではお金を借りることができなくなりました。

主婦の方なら、配偶者貸付という制度もあるので借りることができる場合もありますが、無職で配偶者なしだと借りることはできません。ただ、担保があれば話しは別です。担保というのは概ね不動産です。しかし、担保というのは現実的ではありません。

派遣に登録すれば働いているというふうに見なされますが、給与振込の実績を待たなければ、いますぐとはいえません。そうなってくると、可能性があるのは対面与信の中小消費者金融です。とは言え、真っ当にやっているところではやはり貸してくれないでしょう。何か価値のあるものを持っていることが前提ですが、可能性があるのは質屋ですね。

18歳未満の学生がお金を借りる方法

学生でも銀行や消費者金融でお金を借りることはできます。ただ、条件があって成人でなければなりません。つまり成人に満たない18歳や19歳だと、派遣で働いていてもバイトをしていても無理ということです。

それでもワンチャンあるのがクレカのキャッシング枠です。ただこれもクレカを持っていることが前提ですし、そもそもクレカを持っていない人も多いですよね。私は学生の時奨学金をかりて、かなり派手に使い込んでしまって今も返済をしていますが、奨学金では今すぐニーズに対応することもできません。

でも、学生さんが何百万とか何千万というお金を借りる必要がある、という方も少ないでしょうからきっと少額でしょう。それならもう、親や友人に土下座してでも頼み込むしかないでしょう。事情が事情であれば納得してくれる可能性もあるのではないでしょうか。

デート代とか誕プレでお金が必要、という経験をしている学生さんはかなりいるのではないでしょうか。でも、今の自分にお金がないのは現実です。今無理して貸金業者から借りても、債務が積み重なって必ず破たんします。

キャバのバースデーとかもかかりますよね。でも、何も返ってきませんし、何よりお金がなかったらやっぱり借りてもお金がないのと一緒ですので、3年後、5年後に金持ちになる目標を持って働きまくった方が未来は明るいでしょう。

18歳でも一つだけ可能性があると言えばろうきんで借りるパターンです。ただ、借りるまでに一定期間を要しますので、事前に計画性を持って動かなければいけません。

誰にもばれずに借りる方法はない?

借りることができます。貸金業者は在籍確認などを行いますが、第3に契約を結んだことがばれてはいけないという法律の下で在籍確認を行います。

そのため、あなたがカードローンを利用したことがばれる形で在籍確認を取られることは一切ありません。また、最近では郵送物を送る消費者金融も少なくなってきましたので、郵送物で家族にカードローン利用がばれる心配も少なくなってきました。もしあなたがもっともばれにくいところが良いというのであれば、モビットを選ぶのをおすすめします。