カードローンの限度額引き上げには再審査が行われます

カードローンを利用していると、

 

「もっと枠があればいいのにな」

 

「今あと5万円借りれたら」

 

そんなときがあると思います。

 

でも今は枠いっぱいまで借りてしまっているからこれ以上借りることができない。。。

 

そんなときに考えるのがカードローンの増額ではないでしょうか?

 

確かに増額をすればカードローンを利用する幅が広がりますよね。

 

でも、増額はいいことばかりではありません。

 

増額申請をする前に限度額の設定や限度額引き上げについて最低限の知識を仕入れておきましょう。

 

目次

 

増額の審査でみられるポイント


カードローンの利用限度額は、あなたがカードローンの申し込みをしたときに行われる審査によって決定します。

 

そのため、審査をしたときにあなたに貸しても返済してもらえる見込みのある額があなたの利用限度額として設定されることとなるのです。

 

限度額決定の審査で重要なポイントは

 

  • 信用情報
  • 属性
  • 総量規制

 

の3点です。

 

この3点の評価から、あなたの利用限度額が決定されます。

信用情報とは

信用情報とは、あなたの金融取引における信用を判断するのに使われる情報のことです。

 

クレジットカードの利用歴やカードローンの利用歴、ショッピングローンの返済履歴など、金融商品を利用した際に記載される利用履歴のことを指します。

 

信用情報にはあなたがお金をいつ借りていつ返済したか。また、残高がいくら残っているのかなどの情報が全て記載されており、あなたの返済への誠実さ等が判断されます。

 

この信用を基にして、あなたの属性(年収等)に対して返済できると思われる利用限度額を算出するのに利用されます。

属性

属性とは、あなたの年収や勤務先、勤続年数などの情報からあなたの経済的なランクをつける情報のことを言います。

 

年収が高く、勤続年数が長ければあなたの属性は高いと判断できますし、年収や勤続年数が少なくても、大企業の有名な営業所や国家公務員などは属性が高いと判断できるでしょう。

 

属性の判断は

 

・収入の高さ
・勤続年数の長さ

 

に重きが置かれることが多く、「ちゃんと返済できる」「返済できなくなってもいなくならない」という判断がされる属性の方が審査が有利になります。

 

返済に問題がない。

 

厳しい状況になっても逃げ出さない。

 

と判断されれば、それだけ高い限度額を設定されると判断してよいでしょう。

総量規制

総量規制は消費者金融などの貸金業者に定められる「年収の1/3以上のお金を貸付してはいけません」という法律です。

 

この法律に反して年収の1/3以上の金額を貸付してしまうと、行政から処罰を受けることになるので、正規の貸金業者では年収の1/3以上の金額を貸すことは100%ありません。
※例外はあります。

 

そのため、もしあなたが貸金業者から借入をするのであれば、年収の1/3以上の限度額が設定されることはありません。

 

もしそれ以上の限度額でお金を借りたいというのであれば、そのときは銀行カードローンの利用を考えてください。

 

銀行カードローンは銀行法に則り営業を行っているので、総量規制の範疇にありません。

 

もしあなたが総量規制を超えているかも?という不安をお持ちであれば以下の記事が参考になります。

 

 

限度額はあなたの返済能力によって決定されます

 

カードローンの限度額は「最大800万円!」「最大1000万円!」「最大500万円!」など、高額な枠が宣伝されていることが多いですよね。

 

でも、実際に借りれる枠として設定される額は50万円だったり、10万円だったりします。

 

この差はいったいなんなんだ!と思ったこともあるかもしれませんが、カードローンの宣伝で誇張される「800万円」「500万円」という金額は、そのカードローンが最大で貸し出せる上限の額のことを指しています。

 

そのため、実際にあなたが借りれる金額は、あなたの返済能力に適していると判断された金額となるのです。

 

最大限度額が800万円のところで借入をするにしても、あなたの年収が400万円だった場合に、800万円を返済できませんよね。

 

最大限度額⇒カードローンが最大で貸し出せる額
利用限度額⇒あなたがカードローン利用で借りれる額

 

という限度額表記の違いをまずは覚えておきましょう。

目次へ戻る

信用を積み上げるか属性を高めなければ増額は成功しない

 

収入も少なく、信用のない人に高額のお金を貸すのはデメリットしかありません。

 

そのため限度額を高く設定してもらうには、信用を積み上げるか属性を高めるしか方法はないのです。

 

しかし、年収を上げて属性を高めるにはかなりの時間がかかってしまいます。

 

そう考えたときにあなたが取れる対策はカードローンの利用実績を積み信用を勝ち取るか、クレジットカード利用などで信用を上げることが重要となります。

 

 

他社借入も選択肢の一つ
限度額を引き上げるか、他社で借り入れをするかの二択において、キャッシングナレッジであれば他社借入を選択します。

 

後程詳しく説明しますが、増額申請はあなたの今の信用と属性を計りなおす再審査になります。

 

その為、増額できないだけでなく、最悪の場合限度額が減額されるという事態もありえます。

 

また再審査に通過したとしても、増額された枠がとても小さくほとんど意味がない可能性があります。

 

  • 審査に通るか分からないリスク
  • 2度目の在籍確認や減額のリスク

 

「2つのリスクを乗り越えて増額できたのが5万円でした」

 

では話になりません。

 

あなたの属性と信用次第では他社で50万円の借入が可能かもしれません。

 

ですから、増額をするくらいなら断然他社借入を検討して頂きたいということです。

 

私が最も恐れていることは、もしもあなたが増額に失敗した場合、信用情報に傷が付くことが分かっているからです。

 

カードローンの増額申請を行ったことや、その結果は信用情報として記録されて保管されます。

 

もし増額できなかった場合はその旨が記載される為、その後に他社借入を申し込んでも審査に落ちてしまうのは明白です。

 

これは、カードローンが常に途上与信を行っているという性質によります。

 

私たちに連絡が来なくても、カードローン会社は常に私たちの状況をチェックし続けています。

 

増額申請はカードローン会社が任意の途上与信を行う機会を作ってしまうというわけです。

 

ですから、いくら広がるかも分からない枠を期待するより、新規で他社借入を申し込んだ方がこちらの希望額を提示できるという点からも有利であると言えます。

目次へ戻る

カードローンを増額するメリットとデメリット

 

増額のリスクについては後ほど詳しく紹介しますが、ここでカードローン増額のメリットとデメリットを見ておきましょう。

 

増額のメリット

 

増額のメリットとして主に挙げられるのは

 

  • ・場合によっては増額の幅が大きい
  • ・借入件数を増やす必要がない

 

の2点。

 

それぞれのカードローンによりますが、カードローンによっては1度の増額で大幅に増額をすることが可能な場合もあります。

 

また、他社借入をしなくて良いという点で返済の手間などのデメリットを回避することが可能です。

 

ただ、増額の幅についてはカードローンの種類や利用状況によって異なります。

 

全員が全員増額の幅が大きいわけではないので注意してください。

 

増額のデメリット
増額をすることによる主なデメリットは

 

  • ・時間がかかる
  • ・再審査となる為、増額できるとは限らない
  • ・他社の返済遅延などの状況がばれる

 

の3点。

 

増額は再審査となり、初回に借りたときよりも慎重な審査が行われます。その為、増額の審査には時間がかかることがしばしば。

 

再審査の結果次第では増額できないことも十分にありえます。

 

また、既に他社借入をしていて返済遅延を起こしていたり、申込みブラックになっていたりすることがばれてしまうこともあるので、増額のデメリットは大きいと判断ができます。

 

カードローンをクリーンに利用しており、属性や信用が高くなっている方にはおすすめできる方法ですが、そうでない方は止めたほうが無難でしょう。

 

知っておこう!増額審査のリスク

 

増額を申請したとして、あなたに何もリスクがないわけではありません。

 

カードローン利用をしていると、既に審査に通過していることによって増額によるリスクを考えられないケースも存在します。

 

増額によって起こり得るリスクは

 

・限度額の減額
・利用停止処分
・カードローン利用が会社にばれる

 

の3点。

 

以下詳しく説明をしていきますね。

 

限度額の減額と利用停止処分

 

増額申請をすることで、あなたのカードローン利用枠の減額や利用停止処分をくらう可能性があります。

 

口すっぱく言いますが、増額申請は再審査となるからです。

 

例えばあなたがカードローンの審査に通過した後、月間所得が10万円低い職場に転職をしたとします。

 

単純に考えて初回の審査通過時には年収500万円あったのに、月間所得が10万円下がったことによりあなたの年収は380万円に下がっていることになりますよね。

 

となると当然あなたの属性は下がった状態。

 

年収500万円なら100万円貸しても大丈夫と判断されたのにも関わらず、年収が120万円も下がってしまっては返済されないリスクが大きくなってしまったのと同義ですよね。ですから、限度額が減額される可能性があるということになるのは当然ですよね。

 

また、もしあなたが利用しているカードローンで何か問題を起こし、著しく信用を低下させたとします。

 

そうなると増額申請をした時点で再審査の結果、利用停止処分をくらう可能性も出てくるのです。

 

増額審査は再審査。

 

あなたの情報を一から見直してどれだけあなたに貸付をできるかを再判断するためのものです。

 

増額申請は借りられる金額が減るリスクを孕んでいることを理解しておきましょう。

 

※職場の変更や住所の変更をしたときには、登録情報の更新を忘れないようにしてください。更新をしていないことによって増額審査に通らないことも十分にありえます。

 

増額する場合は会社に電話が掛かってくる

ここまでくればあなたもなんとなくわかっているのではないでしょうか。

 

そう。

 

再審査では、在籍確認が今一度行われます。

 

ということは、職場にカードローン利用がばれるリスクを抱えることになるのです。

 

もちろんカードローン利用が第三者にばれるような振る舞いをすると、カードローン会社は法に触れることになるので、第三者にばれるような内容は話しません。

 

しかし、在籍確認という性質上、勘のよい人だとカードローン利用に気付く可能性もあります。

 

増額申請ではこういったリスクもあることを理解しておいてください。在籍確認が不安な方は以下の記事も参考にしてみてください。

 

 

カードローンの増額は簡単?難しい?

 

カードローンの増額は簡単なものではありません。

 

というのは、あなたのカードローン利用の枠を大きくすることになるので、初回に行ったときと同じ審査に通過しなければいけないからです。

 

カードローンの増額というのは限度額の枠を大きくすることですよね。

 

でも、限度額の変更を行うには保証会社が枠を大きくしても保証できるという判断をしなければ増額をすることができないのです。

 

ではカードローンの増額をするにはいったいどのようにしなければいけないのでしょう?

目次へ戻る

増額審査の時間はどのくらいかかるの?


限度額の増額を判断する審査は、あなたがカードローン利用をする為に受けた初回の審査と同じ。

 

ということは、既に必要事項の入力は済んでいますので、行われる審査内容は

 

・利用しているカードローン会社独自の審査
・保証会社の審査
・在籍確認

 

の3つとなります。

 

そして先ほども申し上げましたが、

 

申し込み時の審査より厳しい=時間がかかる

 

ことがほとんどです。

 

例えば、地銀の銀行カードローンの場合は1週間ほどの時間を要します。しかも、銀行の方が審査が厳しいので銀行カードローンの増額はさらに望み薄と言っても良いでしょう。であるにもかかわらず、メガバンクですんなり1日で終わってしまうという方もいらっしゃいます。一方で消費者金融の増額に2〜3日要するという方もいらっしゃいます。

 

つまり、個人差があまりにも大きい為一概にどのくらい時間がかかりますと言うのはわからないのです。

 

増額の案内が来ている場合は最高のタイミング

 

ただ、カードローン側から「増額しませんか?」といった案内が来ている場合はこの限りではありません。増額には最高のタイミングです。

 

そもそも、信用や属性が良い人にはもっと使ってほしいのです。だから、途上与信の結果もっと使ってほしい人にはインビがいっているのです。

 

増額審査に通過するには

 

・あなたの属性が変化していること。
・あなたの信用が変化していること。

 

の2点をクリアしている必要があります。

 

上述している2つのポイント。

 

このポイントを満たしている方は既に増額の案内が来ているはずです。

 

属性
属性とはいわばあなたがどの階層にいるのかを判断する為のポイントです。世の中には富裕層・中流層・貧困層の3つの階層があります。また、富裕層・中流層・貧困層の中にも序列があります。

 

上の階層に行けばいくほど属性が高く、下の階層に行けば行くほど属性が低くなるということです。単純に考えて、あなたが仕事を続けながら年齢を重ねたとしたら自然と属性は上がっていきます。

 

それもそうですよね。そして、増額の案内は属性が高い人に行っています。

 

基本的にはどこの会社も年々昇給やボーナスアップがされるはずですので属性はどんどん上がっていくはずです。ただ、カードローン会社に登録しているあなたの年収や勤続年数の値を都度変更させていなければ反映されません。

 

あなたの属性の変化は登録内容を変更しないことには把握することができません。

 

昇給や賃貸から持ち家に変更したときなど、属性が上がったときには都度登録情報を変更するようにしてくださいね。こまめに変更するのは信用アップにも繋がるため、増額案内が欲しい方はきちんとおこなってください。

 

信用

 

信用についてはこつこつカードローン利用を続けていくしかありません。

 

といいたいところですが、カードローン利用の仕方によっても信用の築き方が変わってきます。

 

2パターンのカードローン利用の方法を比べて、どちらが増額に向いているのかを考えて見ましょう。

 

パターン1
Aさん
Aさんは限度額50万円のローンカードを1枚所持。
ローンカードを発行してから2年間、たまにお金がなくなると都度5万円前後の金額を不定期で借りてすぐに返済を繰り返していました。

 

パターン2
Bさん
Bさんは限度額50万円のローンカードを所持。
ローンカードを発行してから2年。返済が厳しいながらも常に満額を借りつづけています。
ですがBさんは返済遅延などの金融事故は1度も起こしていません。

 

AさんとBさん。
どちらが増額しやすいと思いますか?

 

 

答えはBさんです。

 

一見Aさんの方が余裕をもって利用を続けているので増額に有利だと思うかも知れません。

 

しかし、カードローン会社としては、

 

・この人いくらまで貸せるんだろう?
・少額をたまに借りられても収益にならない

 

という気持ちを持ってしまうのです。

 

それに対してBさんは常に50万円を借りていて生活に余裕がない状況にも関わらず返済に遅れたりとマイナス要素をカードローン会社に見せないで利用を続けています。

 

当然毎月の返済はされているわけですからカードローン会社としては

 

・もう少し増額してもいけそうだな
・少額単発よりも利益になる

 

と考えるわけです。

 

もちろん審査に通らなければいけないので、あなたの年収などの確認をもう一度することになります。

 

でも満額利用を続けていても問題が起きないということは、まだ貸しても大丈夫。

 

という判断ができることになるのです。

 

不安要素が大きい顧客よりもずっと、限度額一杯までの金額を利用し続けて返済し続けてくれる人の方が信用が高くなるというわけですね。

 

属性と信用が高くなることが増額審査に通過するための肝です。

目次へ戻る

増額の案内が来ていない場合の対処法


もしあなたにインビが来ていない場合、インビを待つなんて運任せには出来ないかと思います。インビが来ていないことにも不安になるかもしれません。

 

先ほども申し上げましたが、属性が良く信用力のある方には既に増額のインビがいっています。そうでない場合は他社借入の方が有利であることは明白です。

 

しかし、インビが来ていないからと言って諦めないでほしいのです。落胆する必要もありません。あなたの目的は特定のカードローン会社に気に入られることではなく、必要なときにお金を借りられることです。

 

ですから増額という選択肢に縛られることなく、最善の借入方法を選択してください。

 

最後に、既に他社借入を行っていても新規で通りやすい可能性のある貸金業者を提案いたしますので、新規の他社借入に挑戦してみようという方は検討候補として下さい。

 

アイフル

金利 最高限度額
年3.0%〜18.0% 800万円
無利息期間 審査時間
30日間
(契約翌日から)
最短30分

大手銀行カードローンやアコム、プロミスと言った消費者金融で既に借りている方は多いかと思いますが、アイフルで借りている方は少ないはずです。
増額を希望している方になぜアイフルを検討してほしかというと、アイフルは大手消費者金融の中で唯一どこの銀行グループにも属していない独立系の消費者金融だからです。つまり、三菱UFJ銀行、三井住友銀行といった大手グループに属している消費者金融が保持している独自データを審査に用いることがありません。アイフルは独自の審査基準を有している為、審査通過率も高く新規の借入先として向いています。

 

レイクアルサ

金利 最高限度額
年4.5%〜18.0% 500万円
無利息期間 審査時間
30日間
5万円以内なら180日間
最短60分

新生銀行グループのレイクアルサは、審査時間こそアイフルにはかないませんが、無利息期間が長く、一時的な限度額引き上げ希望の場合にも使い勝手の良いサービスです。新しいサービスであることに加えて、若年層をメインに積極的な融資を行っていますので、他社借入先としてもお勧めです。

 

各社の増額方法をまとめました

大手銀行カードローンと消費者金融の増額案内ページをまとめました。

 

アイフル
ID、もしくはカード番号でのログインが必要です。

 

アコムご利用可能金額と増額方法
契約極度額の増額方法について解説されています。

 

プロミス 追加融資をご希望のお客さまへ
限度額の変更には会員サービスへのログインが必要です。

 

モビット
コールセンターへの問い合わせが必要です。

 

三井住友銀行 カードローンの契約極度は増額できますか?
カードローンプラザへの問い合わせが必要です。

 

セブン銀行
30万円、50万円への増額は新規契約から2ヶ月以上経過していることが条件です。

 

みずほ銀行 カードローンのご利用限度額を増やしたい
カードローンの再申し込みという記載があります。

目次へ戻る