カードローンを利用して既に借り入れをしていても、急にお金が必要になって追加で借りたくなる時もあります。しかし、限度額いっぱいまで借りてしまっている場合は、枠を拡げない限りお金を借りることができません。

増枠をすればカードローンを利用する幅が広がりますが、メリットばかりではありません。増枠の審査をする前に、限度額引き上げのデメリットについても知識を仕入れておきましょう。

増額審査では返済能力を問われる

カードローンの利用限度額は申込時の審査によって決定します。
そのため、返済してもらえる見込みのある枠があなたの利用限度額として設定されます。

限度額を決定する審査において重要なポイントは以下の3点です。

  • 信用情報
  • 属性
  • 総量規制
信用情報

信用情報とは、あなたの金融取引における信用を判断する為に使われる情報です。
どんな情報かというと、クレジットカードの利用歴やカードローンの利用歴で、ショッピングローンの返済履歴も調べられます。
つまり、金融商品を利用した際に記載される利用履歴を確認されるということです。

あなたがいつお金を借りていつ返済したのか、また借入残高なども信用情報には記載されています。信用情報を基にしてあなたの返済に対する誠実さが判断され、あなたの属性に対して返済が可能だと考えられる利用限度額を算出します。

属性

属性とは、あなたの年収や勤務先、勤続年数から経済的なランクを示す情報のことを指します。

年収が高く勤続年数が長ければ、あなたの属性が高く返済能力も高いと判断されます。また、年収や勤続年数が短くても大企業や国家公務員であれば、退職することはまずないと判断されるため良い属性とされます。
良い属性の方は審査が有利になり、当然限度額についても高く設定されると判断できます。

総量規制

総量規制は、消費者金融などの貸金業者に定められている「年収の3分の1以上のお金を貸付してはいけない」という法律です。
この法律に反して年収の3分の1以上の金額を貸付してしまうと、貸金業者は行政から処罰を受けます。そのため、正規の貸金業者で年収の3分の1以上のお金を貸すことは原則としてありません。

つまり消費者金融では、年収の3分の1以上の限度額が設定されることはないということです。もし年収以上のお金を借りたい場合は、銀行カードローンの利用を考えてください。
銀行カードローンなら、銀行法に則り営業しているため総量規制の範疇にありません。

カードローンの限度額は最大800万円、最大1000万円といった高額な枠を宣伝しています。しかし、実際に最初に設定される枠は10万円や50万円だったりします。

カードローンの宣伝で誇張される金額は、あくまで貸し出せる上限額のことを指しています。そのため、実際に借りれる金額はあなたの返済能力に適していると判断された金額となります。

最大限度額が800万円のところで借入しても、あなたの年収が400万円だった場合に800万円を返済することはできません。

  • 最大限度額はカードローンが最大で貸し出せる額
  • 利用限度額はあなたがカードローン利用で使用できる枠

信用を積み上げるか属性を高めなければ増枠は成功しない

貸金業者にとって、収入も少なく信用のない人に高額のお金を貸すのはデメリットです。
しかし、年収を上げて属性を高めるためにはかなりの時間がかかってしまうため、限度額を高く設定してもらうには信用を積み上げるしかありません。

信用を高める方法は次の2つです。

  • カードローンの利用実績を積んで信用を勝ち取る。
  • クレジットカードの利用実績を積み信用を上げる。

また、増枠ではなく他社からの借入も選択肢の一つです。
なぜかというと、現在の限度額を引き上げるよりも他社借入の方がリスクが少ないこともあるからです。

後程詳しく説明しますが、増額申請は再審査することによってあなたの今の信用と属性を見直されます。最悪の場合、増額できないだけでなく限度額が引き下げられることもあり得ます。

  • 審査に通るか分からないリスク
  • 2度目の在籍確認のリスク
  • 減額のリスク

この3つのリスクを乗り越えて再審査に通過したとしても、増額された枠が5万円では全く意味がありません。

増額審査の履歴も信用情報として記録されるため、もし審査に通らなかった場合はあなたの信用情報に傷が付くことになります。
そのため、あなたの属性と信用次第では他社で借入できる可能性があったにもかかわらず、契約の際に審査に落ちてしまいます。

これは、カードローン会社が常に私たちの状況をチェックして途上与信を行っているという性質によります。
そのため、増額審査によって、カードローン会社が任意の途上与信を行う機会を作ってしまうというわけです。

以上のことを踏まえると、増枠を期待するより他社借入の方が希望額を提示できるという点でもおすすめできます。

カードローンを増額するメリットとデメリット

カードローンを増枠するメリットとデメリットを見ておきましょう。
増額のメリットとして主に挙げられるのは以下の2点です。

  • 大きく枠が拡がる可能性がある
  • 借入件数を増やす必要がない

場合によっては、1度の審査で大幅に枠を拡げることができます。
また、他社借入をしなくて良いので返済日が増えると言ったデメリットも生じません。

ただし、増額の幅についてはカードローンの種類や利用状況によって異なります。
必ずしも増額の幅が大きいわけではないので注意してください。

増額をすることによるデメリットは以下の3点です。

  • 時間がかかる
  • 再審査となる為、増額できるとは限らない
  • 他社の返済遅延などの状況がばれる

初回に借りたときよりも慎重な審査が行われる為、再審査では結果が出るまでに時間がかかります。しかも結果次第では増額できないことも十分にありえます。

また、既に他社借入をしていて返済遅延や申込みブラックになっている場合は必ずばれるため注意が必要です。

カードローンをクリーンに利用していて属性が良い方には増額はお勧めできますが、そうでない方は止めたほうが無難でしょう。

また、増額審査には以下のようなデメリットもあります。

  • 限度額の減額
  • 利用停止処分
  • カードローン利用が会社にばれる

再審査をすることによって、カードローン利用枠の減額や利用停止処分をくらう可能性があります。

例えば、月間所得が10万円低い職場に転職していた場合は、初回申込時よりあなたの属性は低くなっています。

仮に年収500万円であれば100万円貸付しても問題ないと判断されたはずです。しかし、年収が120万円も下がっていたら返済できない可能性があると判断されかねません。
そのため、限度額が引き下げられる可能性が生じます。

また、もしあなたがカードローンの利用中に問題を起こして著しく信用を低下させた場合は、再審査の結果によって利用停止処分をくらう可能性もあります。

他にも、職場の変更や住所の変更をしたときには登録情報の更新を行ってください。更新をしていないことによって増額審査に通らないこともありえます。

そして最後のデメリットとしては、再審査でも在籍確認がおこなわれるためカードローン利用が会社にばれるリスクが生じます。

もちろんカードローン会社は第三者にばれるような内容を話すことはありません。しかし、勘のよい人だとカードローン利用に気付く可能性もあります。

増額審査の時間はどのくらいかかるの?

限度額の増額審査は、あなたがカードローンを利用する為に受けた初回の審査と同じです。
しかし既に必要事項の入力は済んでいますので、行われる審査内容は以下の3つとなります。

  • 利用しているカードローン会社独自の審査
  • 保証会社の審査
  • 在籍確認

そして先ほども申し上げましたが、申し込み時の審査より厳しい為に初回よりも時間がかかることがほとんどです。

例えば、地銀の銀行カードローンの場合は1週間ほどの時間を要します。しかし、メガバンクの再審査が1日で終わってしまうという方もいれば、一方で消費者金融の増枠に2-3日要するという方もいます。
つまり、増額審査に掛かる時間は個人差が大きいということです。

しかし、カードローン側から増額を促す案内状(インビテーション)が来ている場合はこの限りではありません。
途上与信の結果、信用や属性が良いなどもっと使ってほしい人には増額の招待状がいきます。

増額審査に通過するには、以下の2点をクリアしている必要があります。

  • あなたの属性が変化していること。
  • あなたの信用が変化していること。

この条件を満たしている方には、既に増額の案内状が来ているはずです。

属性には、富裕層、中流層、貧困層の3つの階層があります。また、3つの階層がさらに細分化されています。

上の階層に行けばいくほど属性が高く、下の階層に行けば行くほど属性が低くなります。そして、増額の案内状は属性が高い人に行っています。

勤続年数が長くなれば、昇給やボーナスアップがされますので、属性はどんどん上がっていきます。しかし、カードローン会社に登録しているあなたの情報を変更させていなければ反映されません。

登録内容を変更しないと、カードローン側はあなたの属性の変化を把握することができません。

昇給した時や、賃貸から持ち家に変更した時は登録情報を変更してください。こまめに変更するのも信用アップに繋がります。特に増額の案内が欲しい方はきちんとおこなってください。

信用については、こつこつカードローン利用を続けていくしかありません。しかし、カードローン利用の方法によっても信用の築き方が変わってきます。

それではどちらが増額に向いているのかを考えてみましょう。

Aさんは限度額50万円のローンカードを1枚所持。
ローンカードを発行してから2年間。
たまにお金がなくなると、都度5万円前後の金額を不定期で借りてすぐに返済を繰り返していました。

 

Bさんは限度額50万円のローンカードを所持。

ローンカードを発行してから2年。返済が厳しいながらも常に満額を借りつづけています。
ですがBさんは返済遅延などの金融事故は1度も起こしていません。

どちらが増額しやすいと思いますか?答えはBさんです。

Aさんの方が余裕をもって利用している為、増額に有利だと思うかも知れません。
しかし「この人いくらまで貸せるんだろう?」「少額をたまに借りられても収益にならない」と、カードローン会社としてはこんな気持ちを持ってしまうのです。

Bさんは、常に50万円を満額で借りています。生活に余裕がないにも関わらず、返済遅延を起こしていません。

毎月の返済はされているわけなので「もう少し増額してもいけそうだな」「少額単発よりも利益になる」とカードローン会社としてこのように考えるわけです。

満額利用を続けていても問題が起きないということは、まだ貸しても大丈夫という判断に繋がります。

増額できない場合の対処法

属性が良く信用力のある方には既に増額の案内状は送付されているはずです。
そのため、あなたに増額の案内状が来ていない場合は不安になるかもしれませんが、届いていない場合は案内状を待つよりも他社で借入を行った方が有利であることは明白です。

しかし、案内状が来ていないからと言って落胆する必要はありません。
あなたの目的は特定のカードローン会社に気に入られることではなく、必要なときにお金を借りられることです。

そのため、増額という選択肢に縛られることなく最善の借入方法を選択してください。

アイフル

金利最高限度額
年3.0%~18.0%800万円
無利息期間審査時間
30日間
(契約翌日から)
最短30分

大手銀行カードローンやアコム、プロミスと言った消費者金融で既に借りている方は多いかと思いますが、増額を希望しているならばアイフルがおすすめです。

なぜアイフルを検討してほしかというと、アイフルは大手消費者金融の中で唯一どこの銀行グループにも属していない独立系の消費者金融だからです。つまり、三菱UFJ銀行、三井住友銀行といった大手グループに属している消費者金融が保持しているような独自データを審査に用いることがありません。アイフルは独自の審査基準を有している為、審査通過率も高く新規の借入先として向いています。

レイクALSA

金利最高限度額
年4.5%~18.0%500万円
無利息期間(※1)審査時間
60日間
WEB申し込み限定で60日間無利息で借り入れ可能(200万円まで)
最短15秒

貸付条件

  • ご利用対象 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方、ご自分のメールアドレスをお持ちの方、日本の永住権を取得されている方
  • 遅延損害金(年率) 20.0%
  • ご返済方式 残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • ご返済期間・回数最長8年、最大96回
  • 担保・保証人:不要

必要書類

「運転免許証」

運転免許証がない場合、下記書類で代用

  • 健康保険証(※)
  • パスポート
  • 個人番号カード

(※)記号・番号や保険者番号部分、QRコードは見えないように加工してから提出してください(QRコードは、(株)デンソーウェーブの登録商標です。)

外国人の方は下記書類を提出

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)

新生銀行グループのレイクALSAは、審査時間こそアイフルにはかないませんが、
60日間と無利息期間が長く、一時的な限度額引き上げ希望の場合にも、使い勝手の良いサービスです。新しいサービスであることに加えて、若年層をメインに積極的な融資を行っています。

無利息期間について

  • お借入れ額全額60日間無利息(Web申込みで契約額200万円まで)
  • お借入れ額5万円まで180日間無利息(契約額200万円まで)
  • 【無利息サービスに関する注釈について】
  • 新生フィナンシャルで初めてご契約いただいた方のみが対象となります。
  • 30日間無利息と60日間無利息と180日間無利息は併用不可
  • 初回契約翌日から無利息

60日間無利息

  • 初めての方は初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万以上の方は30日無利息のみになります。
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。

180日間無利息

  • 初めての方は初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万以上の方は30日無利息のみになります

※商号:新生フィナンシャル株式会社
※貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号

最後に、大手銀行カードローンと消費者金融の増額案内ページをまとめました。

アイフル
ID、もしくはカード番号でのログインが必要です。

アコムご利用可能金額と増額方法
契約極度額の増額方法について解説されています。

プロミス 追加融資をご希望のお客さまへ
限度額の変更には会員サービスへのログインが必要です。

SMBCモビット
コールセンターへの問い合わせが必要です。

三井住友銀行 カードローンの契約極度は増額できますか?
カードローンプラザへの問い合わせが必要です。

セブン銀行
30万円、50万円への増額は新規契約から2ヶ月以上経過していることが条件です。

みずほ銀行 カードローンのご利用限度額を増やしたい
カードローンの再申し込みという記載があります。