楽天銀行スーパーローンの返済額と返済方法についてまとめました

楽天銀行スーパーローンの返済方法は4通りあります。契約者の口座からの自動引き落としがメインとなりますが、提携ATMによる返済やメンバーズデスクを経由してネット返済をすることも可能です。

しかし、楽天銀行スーパーローンを利用しているほとんどの方が、複数の返済方法を上手く利用できていません。毎月の自動引き落としのみに頼っていると、元本がなかなか減らずに、完済まで時間がかかってしまいます。そこで、上手に利用したいのが随時返済や一括返済です。

このページでは、楽天銀行スーパーローンの返済額が決定する仕組みや、返済方法について解説しました。

返済方法は口座振替のみだが随時返済も可能

楽天銀行スーパーローンの返済方法は、口座振替のみです。ですから、口座から返済額が自動的に引き落とされます。

返済日は、契約者が指定することができますので、給料日前に返済日をしておくのが無難です。

返済日は、1日、12日、20日、27日から選択できますので、20日か27日が現実的でしょうか。

しかし、返済日を27日に設定したい場合は、楽天銀行口座を引落口座として指定する必要がある為、注意が必要です。

もし、給料日が25日で、返済日を27日にしたい場合は、楽天銀行口座を引き落とし先にしてしてください。

他社のカードローンでは、銀行やコンビニATMから振り込んで返済する方法も選べる場合があります。

口座振り込みの場合は、ATMの利用手数料がかかってしまうというデメリットがあります。

しかし、自動引き落としであれば、ATMの利用手数料は当然かかりません。

楽天銀行スーパーローンでは、返済方法を選択することはできませんが、随時返済は可能です。

お金の余裕があるときに、好きなタイミングでおおめに支払うことを随時返済と呼びます。

随時返済を積極的に行うことで、利息を抑えることができます。なぜなら、随時返済による返済額は、全て元本の返済に充てられるからです。

随時返済をすることによって、返済期間を短縮し、金利の総支払額を減らすことも可能です。

随時返済をしたい場合は、提携ATM、インターネットバンキング、銀行振込を利用できますが、楽天銀行カードセンターに返済専用の口座番号を問い合わせる必要があります。楽天銀行カードセンターは24時間問い合わせが可能です。しかし、返済専用口座への振込手数料は契約者の負担となりますので、提携ATMやメンバーズデスクを利用した方がお得です。

楽天銀行カードセンターの電話番号は以下の通りです。
楽天銀行カードセンターの電話番号

最低返済額は借入残高によって決定する

楽天銀行スーパーローンの返済額は、月々2,000円から設定が可能です。
ただし、返済方式が残高スライドリボルビング返済ですので、借入額が増えれば毎月の最低返済額も増加していきます。
毎月の返済額を低く設定すると、支払いは楽になりますが、返済期間が長くなるという問題も出てきます。
楽天銀行スーパーローンの借入残高と約定返済額を表にしてみました。

借入残高 約定返済額
10万円以内 2,000円
10万円超30万円以内 5,000円
30万円超50万円以内 10,000円
50万円超100万円以内 15,000円
100万円超150万円以内 20,000円
150万円超200万円以内 30,000円
200万円超250万円以内 35,000円
250万円超350万円以内 40,000円
350万円超400万円以内 45,000円
400万円超500万円以内 50,000円
500万円超600万円以内 60,000円
600万円超700万円以内 80,000円
700万円超800万円以内 100,000円

表を見ればわかるとおり、借入残高が10万円以内であれば、月々の返済額は2,000円となります。30万円の場合は5,000円となります。

例えば30万円を借りた場合は、最初に設定される約定返済額は5,000円です。しかし、返済をしていった結果、借入残高が10万円以内になった時点で約定返済額は2,000円になります。

毎月の返済は口座引き落としとなりますので、支払い遅延とならないようにあらかじめ口座にお金を用意しておく必要があります。

毎月の返済額は、返済日の15日前の借入残高によって決まります。

返済額が決定する仕組み

また、最低返済額は楽天銀行のマイページであるメンバーズデスクで更新されますので、定期的に確認をしてください。

一括返済のタイミング選びは慎重に

楽天銀行スーパーローンは、一括返済も可能です。

一括返済の場合も、提携コンビニのATMや銀行ATMを利用可能です。基本的に返済額は1,000円単位ですが、提携先店舗によっては1円単位で返済することも可能です。

一括返済をする時に注意したいのが、完済のタイミングです。

生活レベルを維持しながら、本当に一括返済できるのか考える必要があります。場合によっては預貯金額が大きく減少するからです。

早期の一括返済や利息のカットを重視するあまり、家計に負担がかかるようであればおすすめしません。

せっかく一括返済しても他社借入してしまっては意味がありません。

もし消費者金融で借り直すようなことになれば、金利も上がりますし、延滞や滞納の原因となる恐れもあります。

節約をして、浮いたお金を繰り上げ返済に充てるのは良いことです。しかし、無理に生活レベルを下げて一括返済をすると、後々苦しくなります。

無理のない返済ができるよう、返済計画をしっかりと行い、現実的な繰り上げ返済額の設定をすることを念頭において下さい。