専業主婦でも借りれるカードローン

専業主婦は収入がないので、銀行のカードローンや消費者金融でお金を借りれないと思っている方も多いですよね。たしかに専業主婦は消費者金融でお金を借りれません。しかし銀行のカードローンであればお金を借りられます。

銀行のカードローンは審査が厳しいというイメージから敬遠されがちですが、実際には専業主婦でも通りやすいカードローンは存在します。

このページでは、専業主婦でも借りれる審査が甘いカードローンがあるのか調べた結果をまとめました。

専業主婦でも銀行のカードローンならお金を借りられる

銀行カードローンであれば、専業主婦でも審査を受けることは可能です。なぜなら銀行カードローンは銀行法にもとづいて融資を行っている為です。

銀行法で運用されているカードローンは総量規制の対象とはなりません。ですから収入のない専業主婦でも申し込みが可能です。総量規制とは、個人年収の3分の1を超えて貸金業者から借りられない法律です。職についていない専業主婦に収入はありませんから、当然借入額も0円となります。

ですから専業主婦と言っても旦那が無収入では審査に通ることはありません。つまり貸金業法が適用される消費者金融では、専業主婦がお金を借りることはできません。なぜなら消費者金融は貸金業法の下で運用されていますので、総量規制の対象となる為です。

専業主婦の限度額は50万円以内に制限される

専業主婦が借り入れできる限度額は、会社員よりも低い場合が一般的です。ですから専業主婦が高額融資を受けるのはほぼ不可能です。

専業主婦の借入限度額は、およそ10万円から50万円の範囲に制限される場合がほとんどです。

仮に配偶者の年収が1000万円あったとしても、借入額が高額になることはまずありません。

本来であれば、旦那の年収が1000万円あれば、総量規制を加味しても300万円程度は借りれます。しかし専業主婦が申込者の場合は、300万円を借りれることはまずありません。

原則として、銀行も消費者金融も、専業主婦への貸付には消極的だからです。

もし希望額が100万円を超える場合は、2社もしくは3社から複数借り入れをするしかありません。

複数社から借りる場合も、1社づつ申し込みをして、他社借入があることを正確に伝えなくてはなりません。

虚偽の申告をしたとしても、信用情報を照会する段階ですぐにばれますから、正直に他社借入があることを伝えた方が賢明です。

専業主婦でも借りられる銀行カードローン一覧

専業主婦方が銀行カードローンに申し込む場合、いくつかのメリットがあります。消費者金融と比べて金利が安いのもありますし、何より安心感が違います。配偶者にバレずに借り入れが可能な銀行もあります。キャッシングナレッジ編集部で調査をしたところ、2020年3月現在で専業主婦でも審査可能と回答を確認できた銀行は以下の通りです。

楽天銀行カードローンは専業主婦の審査が甘い?

楽天銀行カードローンはネット銀行系ですので、銀行カードローンの割には審査が甘く通りやすいと言えます。

楽天銀行スーパーローンの商品概要を見ると、安定した収入のあることが申し込み条件に記載されていません。専業主婦が申し込み可能なことも公式HPに明記されています。専業主婦でなくとも審査が甘いと言われているネット銀行系のカードローンですので、専業主婦が申し込めるカードローンの中では第一の選択肢と言えます。
楽天銀行スーパーローンは専業主婦でも借りれる

楽天銀行の申込者の条件には以下のような記載があります。

お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦。ただし、パート・アルバイトの方、専業主婦は60歳以下。
スーパーローン商品概要より引用

つまり、専業主婦であっても60歳以下であれば申し込みが可能です。ただし借入限度額は50万円に制限されます。

イオン銀行カードローンは低金利が魅力

イオン銀行カードローンも専業主婦が利用可能です。ただし配偶者に安定した収入がが求められます。またイオン銀行カードローンは、専業主婦であっても本人確認書類のみで審査を行ってくれます。

イオン銀行カードローンは専業主婦でも借りれる
イオン銀行カードローン最大の魅力は、最高金利の安さになります。一般的に銀行カードローンの最高金利は15%前後になりますが、イオン銀行カードローンの最高金利は13.8%です。

イオン銀行カードローンも限度額が50万円に制限されますので、高額融資には向いていません。しかし、長期借り入れを検討しているのであれば、金利が低い分他行より有利となります。

ご本人さまに収入のない場合は、配偶者さまに安定かつ継続した収入が必要となります。専業主婦(夫)の方でご本人さまに収入がなく、配偶者さまに収入がある方のお申込みは限度額50万円までとなります。
https://www.aeonbank.co.jp/loan/card_loan/より引用

上記の銀行カードローンは、毎月安定した収入のあることを申し込み条件として規定していません。また、良くある質問や商品概要ページを見た時に、専業主婦も申し込みが可能であると記載されています。

ただし、配偶者に内緒で借りたい場合は、さらに選択肢を絞る必要があります。専業主婦が銀行カードローンに申し込む場合、基本的に配偶者の同意を求められます。ですから、旦那に内緒で借りたい場合には、申込先を選ぶ必要があります。しかし、夫にカードローンの申し込みを知られることなく借りれる銀行も存在します。

ただし、あくまで審査を受け入れているだけであって、専業主婦でも必ず借りられるわけではありませんのでご注意ください。
しかし総量規制にかからないといっても、専業主婦の申し込み自体を受付けていない銀行カードローンも多く存在します。

専業主婦が利用できないカードローンの一覧
銀行名 参考ページURL
三菱UFJ銀行カードローン https://www.bk.mufg.jp/kariru/card/banquic/faq.html?banner_id=b402488#ancGrp01
ソニー銀行カードローン https://faq.moneykit.net/faq_detail.html?id=1320101&category=2154&page=400
常陽銀行カードローン https://www.joyobank.co.jp/personal/loan/cashpit/sp/shohin.html
じぶん銀行カードローン https://www.jibunbank.co.jp/products/loan/detail/
三井住友銀行カードローン https://www.smbc.co.jp/kojin/cardloan/
みずほ銀行カードローン https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/loan/card/apply/index.html
オリックス銀行カードローン https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/loan/card/apply/index.html
新生銀行カードローン https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/loan/card/apply/index.html
JCBカードローンFAITH https://www.jcb.co.jp/loancard/special/shufu.html

銀行カードローンであっても、専業主婦の審査自体を受付けていないカードローンもありますので、注意してください。

専業主婦は消費者金融でも即日融資が受けられない

専業主婦は基本的に即日融資を受けることができません。なぜなら銀行のカードローンは即日融資に対応しておらず、大手消費者金融は配偶者貸付に対応していないからです。しかしとにかく早く借りたい方がほとんどでしょうから、その場合は中小消費者金融を利用するのも手です。

総量規制には配偶者貸付と呼ばれる例外措置があります。配偶者に安定した収入があり、借り入れの同意を配偶者から得ることが出来れば、専業主婦でも融資を受けられます。

しかしアコム、アイフル、モビットと言った大手消費者金融は配偶者貸付を認めていません。ですから配偶者貸付が認められている中小消費者金融を利用する必要があります。いくつかご紹介すると、以下の中小消費者金融であれば配偶者貸付に対応しています。

中小消費者金融名 参考URL
ベルーナノーティス https://www.b-loan.jp/lady/index.html
レディースフタバ http://www.futaba-cs.co.jp/index.php
キャネット https://www.canet-f.com/qa/

これらの中小消費者金融も貸金業法にもとづいて営業をしています。ヤミ金などではありませんからご安心ください。上記の中小消費者金融の中で、おすすめなのはベルーナノーティス。ベルーナノーティスは、大手通販会社のベルーナが母体の消費者金融です。

専業主婦で中小消費者金融に申し込んだ方がよい方もいます。たとえば審査に自信がない場合や、銀行カードローンの審査に落ちてしまった場合です。

とはいえ中小消費者金融だからと言って、絶対借りれる保証はありません。中小消費者金融の審査に落ちてしまった場合は、銀行カードローンの審査に通ることは不可能になります。ですからまずはじめに銀行のカードローンに申し込んだ方が賢明です。

大手消費者金融が専業主婦に融資をできない理由は、先ほどご説明した総量規制にあります。消費者金融は貸金業法に基づき営業している為、総量規制の対象となるからです。ですから消費者金融の申し込み条件には、本人に安定した収入のある方と必ず書かれています。

しかしパートやアルバイトで定期収入のある主婦の方なら、申し込みが可能です。主婦の方が消費者金融の審査に通過する為には、パートなどで定期収入を得てから申し込む必要があります。

今すぐお金を借りたい方に大手消費者金融は向いていません。もし数か月待てるようであれば、まず安定した収入を得られるようにしてから、審査に申し込むことをおすすめします。

正規雇用の必要はありません。週一回のパート勤務でも安定した収入が得られれば、申し込みが可能です。少額の収入であっても、返済能力があることをアピールできれば、審査に通過できる可能性もあります。

配偶者貸付のデメリットは夫に内緒で借りれないこと

配偶者貸付を利用する場合は、夫の同意が必要となりますので、内緒で借りることはできないのがデメリットです。

旦那にばれたくない方は利用するのが難しいでしょう。配偶者貸付を利用する為には、住民票など婚姻関係証明できる書類を提出するだけでなく、配偶者に同意書を書いてもらう必要があるからです。

嘘をついてもばれないのではと考える方もいますが、同意書の提出だけでなく勤務先の記入が必要です。大手の消費者金融が配偶者貸付を認めていないのには理由があります。

配偶者貸付を認めると、どうしても申告事項や提出書類が増加するからです。消費者金融側の確認事項が増えると、審査時間が長引き、スピード審査や即日融資を実現することが不可能になります。ですから大手の消費者金融は配偶者貸付を対象外としています。