専業主婦でもお金を借りれる銀行カードローンや消費者金融はあるの?

業界ナンバーワンの自動契約機設置台数を誇り、CMなどの広告でもよく見かける消費者金融。

とてもなじみがありますが、誰でも申し込むことができるのでしょうか。

残念ながら、収入のない専業主婦は消費者金融で借り入れすることができません。

こちらのページでは専業主婦を借入不可とする根拠や、消費者金融に申し込むことができない専業主婦はどうすべきか詳しく解説します。

収入のない専業主婦がお金を借りたい場合、どうしたら良いのでしょうか?

例えば、消費者金融のプロミスの商品説明に記載されている内容は次の通りです。

年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方
※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申込みいただけます。

非常にシンプルに年齢と収入に関する条件のみが記載されています。

専業主婦は消費者金融からの借り入れができない


専業主婦は消費者金融からの借り入れを行うことができません。

申し込みができる人の条件に本人に安定した収入のある方と書かれている通り、パートなどで定期的に収入のある主婦の方ならば申し込み可能なのですが、収入のない専業主婦は残念ながら申し込みができないのです。

消費者金融はなぜ専業主婦への融資を行っていないのでしょうか。

それは2010年6月より施行された貸金業法の規制として総量規制が設けられたからです。
貸し過ぎ・借り過ぎを防ぐために施行されたもので、これにより貸金業者から借り入れできる金額は年収の3分の1までと規定されました。

この影響を受け専業主婦のキャッシング事情は大きく変化しました。収入のない専業主婦にとっては“年収の3分の1まで=0円”となってしまい、全く借り入れることができなくなってしまったのです。

総量規制には配偶者貸付と呼ばれる例外措置があり、配偶者に安定した収入があり借り入れの同意が得られるようであれば専業主婦でも融資を受けることができます。

しかし、消費者金融だけでなくアコム・アイフル・モビットなどの大手消費者金融はこの配偶者貸付を認めていないため、専業主婦はどうしても申し込むことができません。

専業主婦でもお金を借りたいときはどうすれば良いの?


専業主婦は消費者金融からお金を借りることができません。それではどうしたら良いのでしょうか。

パートなどで定期的な収入を得てからカードローンや消費者金融に申し込む
今すぐに借り入れしたいといったケースでは難しいのですが、もし数か月待てるようであればまずは安定した収入を得られるようにし、その後消費者金融に申し込むことをおすすめします。

正規雇用ではなく週一回のパート勤務でも毎月定期的に収入が得られれば、消費者金融に申し込むことができます。

週一回のパートだとそれほど大きい額の収入にはならない…と感じるかもしれませんが、返済能力があることをアピールできれば審査に通過できる可能性がありますのでまずはわずかでも収入を得ることを検討してみましょう。

配偶者貸付対象の消費者金融で借りる
総量規制の例外措置である配偶者貸付を行っている消費者金融から借り入れする方法もあります。配偶者貸付を利用すれば、専業主婦と配偶者の二人分の年収を合算しその3分の1まで借り入れすることが可能となります。収入のない専業主婦にとっては、消費者金融からお金を借りることができる唯一の方法です。

しかし、問題が2点あります。

  • ・大手の消費者金融は配偶者貸付を対象外としている
  • ・借入には配偶者の同意が必ず必要

大手の消費者金融は配偶者貸付を認めていないため、利用する場合は中小規模の消費者金融に申し込むことになります。

いくつかご紹介すると次の消費者金融ならば配偶者貸付に対応しています。

  • ベルーナノーティス
  • アスカファイナンス
  • レディースフタバ
  • キャネット

これらの中小消費者金融ももちろん貸金業法に基づいて営業していますので利用することに全く問題はありませんが、CMや広告などでなじみのある大手でないと不安に感じる方は利用しづらいかもしれません。

さらに、配偶者貸付を用いて申し込みをする際には必ず配偶者の同意が必要となります。よって、専業主婦が夫に内緒で借り入れしたい場合には利用できません。

同意を得ずに嘘をついて申し込もうとしても、同意書の提出や、配偶者の勤務先の記入が必要ですので隠し通すことは非常に難しいと考えましょう。

総量規制対象外の銀行カードローンなら利用可能

夫に知られることなくカードローンを利用したいのであれば、銀行カードローンがおすすめです。

銀行カードローンは銀行法に基づいて融資を行いますので、貸金業法の総量規制の対象とはなりません。そのため、収入のない専業主婦でも申込することができます。

銀行カードローンには次のようなメリットがあります。

  • 消費者金融と比較すると金利が安い傾向にある
  • 銀行が提供するサービスなので、初めてのカードローンでも安心感がある
  • 配偶者に知られずに借り入れできる銀行もある

消費者金融の金利が4.5〜17.8%なのに対し、たとえば三井住友銀行カードローンは4.0〜14.5%と上限金利が低くなっています。また、借り入れ以外では関わることのない消費者金融と比較すると、銀行はなじみがありますので初めてのカードローンでも安心して利用できるのではないでしょうか。

専業主婦が申し込む場合配偶者の勤務先情報や同意が必要な銀行もありますが、配偶者の同意がなくても収入のない専業主婦が申し込みできる銀行もあります。

  • イオン銀行カードローン
  • 楽天銀行スーパーローン
  • ソニー銀行カードローン

配偶者の同意なしに申込可能なため、夫に知られてしまう心配もなく強くおすすめしたい銀行カードローンですが、次のような欠点もあります。

  • 即日融資に対応していないことが多い
  • 金利が低い分、消費者金融よりも審査が厳しい傾向にある

消費者金融と銀行では審査基準も異なりますので比較するのは難しいのですが、一般的には銀行カードローンのほうが審査に通りづらい傾向があります。

ヤミ金などの悪徳金融業者からは借りてはいけない


消費者金融や銀行からの借り入れが難しいからと言って悪徳金融業者に手を出すのは絶対にやめましょう。

悪徳金融業者とは、貸金業としての登録を行わずに違法な高金利でお金を貸し付けたり悪質な手口で返済を迫ってきたりするいわゆるヤミ金です。

ヤミ金は次のような誘い文句で、お金を借りられずに困っている人に付け込んできます。

  • ・専業主婦でも融資可能
  • ・誰にでも即日融資
  • ・家族に知られずに借り入れできる

一度手を出してしまうと抜け出すのは容易ではありませんので、決して違法な業者を頼ってはいけません。

最後に、消費者金融について専業主婦からよく出る疑問をまとめました。

レディースキャッシングなら専業主婦も利用可能?
レディースキャッシングも収入のない専業主婦は申し込むことができません。

レディースキャッシングとは消費者金融の女性専用カードローンです。
専用ダイヤルを設け、女性オペレーターが申し込みや取引の相談にのってくれますので、初めて消費者金融を利用する方でもコンタクトが取りやすくなっています。

しかし、オペレーターや連絡をしてくる担当者が必ず女性になるだけで、申し込み条件や審査の流れ等はすべて通常のフリーローンと同じです。そのため、レディースキャッシングも本人に収入がない場合は申し込むことができません。

なぜ消費者金融は配偶者貸付を認めていないの?
総量規制の例外である配偶者貸付は消費者金融だけでなく、アコム・アイフル・モビットなど大手消費者金融は認めていません。

なぜならば配偶者貸付を認める場合、配偶者が同意したことを証明したり配偶者の返済能力を審査したりする必要がありますので、申し込み時の申告事項や提出書類が増加します。

確認事項が増えると融資可否を審査する時間が長引いてしまうため、スピード審査や即日融資を売りにして他社と競っている大手の消費者金融は配偶者貸付を対象外としているのです。

まとめ

専業主婦が消費者金融に申し込むことはできるのか、要点をもう一度まとめます。

  • ・収入のない専業主婦は、消費者金融に申し込むことはできない
  • ・消費者金融のレディースキャッシングも同様に申し込むことができない
  • ・消費者金融に申し込めない専業主婦がとるべき行動は次の3つ
  • パートなどで定期的な収入を得てから消費者金融に申し込む
  • 配偶者貸付対象の中小規模の消費者金融で借りる
  • 総量規制対象外の銀行カードローンを利用する

残念ながら消費者金融は収入のない専業主婦からの申し込みは受け付けていませんが、銀行カードローン利用したり、パート収入を得てから消費者金融に申し込むなどいくつかの選択肢がありますのでぜひ検討してみてください。