SMBCモビットの返済方法は?返済額を減らす方法

SMBCモビットでお金を借りると返済が始まり、毎月返済をきっちり行っていればSMBCモビットからの信用度が高くなり金利が低くなったり増額も受けやすくなります。
また返済方法を工夫すれば返済額を減らすことも可能です。
今回はSMBCモビットの返済方法や返済額を減らす方法をご紹介します。

 

SMBCモビットの返済方法は3つ

SMBCモビットの返済方法は口座振替、銀行振込、提携ATMの3つあり、それぞれの特徴とメリットデメリットをまとめます。

 

口座振替による返済

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの預金口座を持っている方が利用できる返済方法です。

メリット

返済の手間が省ける
手数料がかからない

デメリット

指定の口座が無いと利用できない
追加返済ができない

あらかじめ口座にお金が入っている事を確認しておけば、毎月自動で返済額が口座から引き落としがされるので返済日に出向く手間が省け、うっかり返済日を間違えてしまうリスクを回避できます。
また出金や入金の際にかかってくる手数料は口座振替の無料なので無駄な出費を抑えることができます。
一方で口座振替は対応している銀行が少ない為、すべての方が利用ができないというデメリットがあります。

 

銀行振込による返済

銀行振込はSMBCモビットの指定銀行の口座以外から振込を行う方法です。

メリット

指定口座を持ってなくても振り込める
追加返済が可能

デメリット

手数料がかかる
手間がかかる

銀行振込は自身の口座からSMBCモビットに振込を行うので新しく口座開設をしなくても返済が可能です。
しかし、返済日までに指定口座に自ら振込に行かなければならない手間がかかり、返済日当日は15時までに振込の手続きを完了していなければならないというタイムリミットがあります。
また振込の際には返済額とは別に各銀行ごとに手数料がかかってしまいます。

 

提携ATMで返済

全国に約130,000台ある提携ATMを使って返金します。

メリット

提携先が多く場所を選ばない
追加返済が可能

デメリット

手数料がかかる
手間がかかる

提携ATMが全国に多くある為身近にあるコンビニで返済ができ、お買い物ついでにも利用しやすいのがメリットです。
銀行振込と同様に手間がかかり、振込金額に応じて手数料がかかります。
提携ATM利用時の手数料

1万円以下108円
1万円超 216円

※2019年9月時点

 

返済日は4つから選択できる

SMBCモビットの返済日は毎月5日・15日・25日・末日の4つから自身の都合に合わせて決めることができます。
また指定した返済日が土日祝の場合翌営業日が返済日となります。
返済日の設定としておすすめなのは給料日の翌日など給料日の直後に設定することで、給料が入った時点ですぐに返済することができるので延滞のリスクを避けることができます。
また反対にお金の余裕が無くなってしまう給料日前や給料日と返済日を同じにすることは避けましょう。
給料日と返済日を同じにしてしまうと給料の振り込みよりも先に返済の引き落としがされてしまう可能性があり、口座残高が足りないと延滞の扱いになってしまうので注意しましょう。
また給料日が変更になった場合はモビットコールセンター0120-24-7217(営業時間 9:00〜21:00)に問い合わせれば返済日の変更が行えます。

 

SMBCモビットの返済額は月々4,000円から

SMBCモビットでは借入後の残高によって返済額が変わる借入後残高スライド元利定額返済方式を採用しています。
借入後残高スライド元利定額返済方式とは借入後の残高によってSMBCモビットによって決められた最低返済額を返済していきます。

借入後残高 最低返済額(元金+利息)
10万円以下 4,000円
10万円超、20万円以下 8,000円
20万円超、30万円以下 11,000円
30万円超、40万円以下 11,000円
40万円超、50万円以下 13,000円
50万円超、60万円以下 16,000円
60万円超、70万円以下 18,000円
70万円超、80万円以下 21,000円
80万円超、90万円以下 24,000円
90万円超、100万円以下 26,000円

※実質年利18.0%(借入金額100万円超えは実質年利15.0%)の場合

 

100万円超の場合最終借入残高が20万円を超えるにあたり返済額が4,000円プラスされます。

 

最低返済額だけでは元金が減りにくい

月々最低返済額を返済していれば借入後残高によって徐々に返済額が少なくなるので嬉しい気がしますが、最低返済額には元金分と利息が含まれた金額です。
最低返済額だけを返済するだけではなかなか元金が減っていかずに返済期間が長引いてしまいます。
利息は返済期間が長くなるほど大きくなってしまうので最低返済額だけを返済する方法は賢い返済とは言えません。
では賢く返済するにはどうしたらいいのか、次の章で説明していきます。

 

SMBCモビットで返済額を減らす方法

SMBCモビットの返済では最低返済額だけを返していくのは返済期間が長引き利息が大くかかってしまいます。
SMBCモビットの返済額を減らすには臨時返済をするようにしましょう。
臨時返済には2種類あるのでそれぞれまとめます。

 

追加返済をする

利息は毎月の返済額に加算されますが、追加返済をして返済回数が短くなればその分利息がかからずに返済することができます。
SMBCモビットでは毎月の返済日ではない日でも自由に追加返済が行えます。
出費の少なかった日や、お金のやりくりに余裕がある月は積極的に追加返済を行うのがおすすめです。

 

一括返済する

一括返済は借入残高を一度で全額返済する方法です。
追加返済の時と同じく返済期間を短縮することで利息を抑えることができ総支払金額が安くなります。
借入金額が少なかったり、臨時ボーナスなどでまとまったお金が入った方におすすめできる方法です。

 

臨時返済の方法

追加返済は提携ATMで入金、または銀行振込の2択になります。
あらかじめSMBCモビットに連絡を入れる必要はないので次回の返済日までに追加分の入金を済ませるようにすれば追加返済が可能です。

 

一括返済の場合は利息の変更があるので前もってにコールセンター0120-24-7217(営業時間 9:00〜21:00)に問い合わせをし、一括返済の日にちと返済送金額を確認してから行うようにしましょう。
また銀行振込で一括返済を行う場合は個別に返済専用の口座が設けられます。

 

臨時返済には手数料がかかる

臨時返済をする際にはSMBCモビット指定の口座振込には各銀行それぞれ300円程度の手数料がかかります。
提携ATM利用時にも入金金額に応じて手数料がかかるので利用回数が多いとその分手数料額も増えてしまいます。

 

提携ATM利用時の手数料

1万円以下108円
1万円超 216円

※2019年9月時点

 

まとめ
SMBCモビットでの返済についてポイントをまとめます。

  • 返済方法は口座振替、銀行振込、提携ATMの3つ
  • お得に返済するなら臨時返済をする
  • 臨時返済は銀行振込と提携ATMからのみ

 

SMBCモビットの返済方法は3つのパターンがあり、返済日も5日・15日・25日・末日のいずれかから選択ができます。給料日の直後を返済日に設定することで延滞のリスクを減らし上手く返済のサイクルを作ることができます。
またSMBCモビットが決めている最低返済額だけを返していくのは返済期間が延び利息が多くかかってしまうため、余裕のある月は臨時返済などをして返済期間を少しでも短くすると総返済金額を減らすことができます。