カードローンの保証会社の役割や申込者にとってのメリット・デメリットをまとめました

銀行カードローンを選ぶ際には保証会社がどこかを必ず確認しましょう。

突然このように言われても保証会社ってなに?審査にどう関係があるの?と疑問に思う方が多いかもしれません。

そこでこちらの記事では以下についてまとめました。

  • カードローンの保証会社とは何か
  • 保証会社のどこに着目してカードローンを選べばよいのか
  • 審査に通りやすい保証会社はあるのか

保証会社が何をしているのかを知れば、カードローン選びに保証会社が重要な理由がよくわかりますのでぜひ参考にしてください。

そもそも保証会社の役割とは?

カードローンの利用条件には、次のような文言があります。

当行が指定する保証会社の保証を受けることができる方
○○社の保証を受けることができる方

この保証会社は、銀行カードローンにはほぼ必ずと言っていいほどついています。
一方、信販系・消費者金融のカードローンにはついていません。

カードローンの申込者が保証会社と直接契約することはありませんが、カードローンに申し込む際には保証会社がどこなのかを事前に把握し対策をすることが非常に大切です。

保証会社の役割は審査と代位弁済

 

保証会社は次のような役割を担っています。

  • 申込者の返済能力を調べ、借り入れ可能か審査を行う
  • 利用者が返済できなくなった場合に、代わりに弁済する
保証会社は銀行から保証料を受け取り、申込者の審査を代行して行います。
代行と言っても保証会社の審査通過後に銀行が自社でも審査を行い融資可否の決定をするため、二段階で審査が行われていることになります。

もう一つは代位弁済、つまり借金の肩代わりです。
代位弁済とは、ローン利用者の返済が滞った場合に保証会社が利用者の代わりに借入残高を銀行へ一括返済することです。

代位弁済が行われたからと言って利用者がもう借金を返さなくていいわけではありません。

保証会社は一時的に借金を立て替えただけですので、代位弁済が行われた場合利用者は銀行ではなく保証会社へ返済を続けていく必要があります。

つまり、保証会社は返済ができなくなった利用者の借金を立て替えて、立て替えた借金を利用者から回収する役割を持っているのです。

銀行カードローンの保証会社を請け負っている理由

ではどのような会社が銀行カードローンの保証会社を請け負っているのでしょうか。

答えは、消費者金融や信販会社です。

信販会社や消費者金融が保証会社を引き受けているために、利用者は無担保で融資を受けられるのです。

消費者金融や信販会社が保証会社を引き受ける理由

 

なぜ信販会社や消費者金融が保証会社を引き受けているのでしょうか。それはお互いにそれぞれメリットがあるからです。

【銀行の目的とメリット】
  • 預金者が預けてくれている資金で個人向けカードローンを商品化したいが、貸し倒れは防ぎたい
  • 銀行には無担保の個人融資に関するノウハウがあまりないため、審査に精通している会社に審査してほしい
【消費者金融・信販会社の目的とメリット】
  • 保証会社を引き受けると保証料・金利を受け取ることができる
  • 審査ノウハウを活かすことができる
銀行にとっては無担保の個人向け融資は今まで不得意としていた領域ですが、保証会社に審査・代位弁済の役割を担ってもらうことで個人向けカードローン分野を新規開拓することができました。

一方の消費者金融・信販会社は保証会社を引き受けることによって銀行から保証料や金利を受け取ることができます。

また、いわゆるグレーゾーン金利が違法とされた際に過払い金返還のため大打撃を受けたり、総量規制法によって貸し付けが減少したりした分収入減となった会社が多くありますので、新たな分野の業務を開拓したい状況にあったのです。

このように保証会社制度は銀行、消費者金融・信販会社双方にメリットがある制度です。
双方のメリットを知ると、審査・お金の回収について十分にノウハウを持っている消費者金融のカードローンには保証会社が必要ない理由もよくわかります。

保証会社が入ることによる申込者にとってのメリット・デメリット

それではカードローン申込者にとって、保証会社が入る影響はあるのでしょうか。

<メリット>
  • 無担保・保証人なしで銀行からお金を借りることができる
  • 消費者金融よりも低金利で借り入れすることができる
申込者は保証会社の存在のおかげで銀行から無担保でお金を借りることができます。

また、銀行も貸し倒れのリスクが少なくなるため低金利で融資を行ってくれますので、消費者金融よりも低金利で借りることができます。

しかしデメリットもあります。

<デメリット>
  • 審査が二段階になるため、時間がかかる
  • 審査に通るハードルが上がる

保証会社・銀行が二段階で審査を行いますので、一社のみで審査をする場合と比較するとどうしても時間がかかってしまいます。急ぎの場合は注意しましょう。

また、保証会社の審査が特に厳しいわけではありませんが、二段階の審査に通らなくてはなりませんのでクリアするハードルが少し上がります。

ただし、保証会社が審査OKの判断を下した場合、基本的には申し込んだ銀行の審査も通る可能性が高いと言えますのでそれほど大きなデメリットではありません。

保証会社によって審査の厳しさに違いはある?
保証会社がどこかによって、銀行カードローン審査の厳しさに違いはあるのでしょうか。

保証会社が消費者金融だと審査に通りやすいと言われている
保証会社を務めているのが消費者金融だと、比較的審査に通りやすいと言われています。

消費者金融は自社でも個人向けカードローンサービスを長年行ってきたために、非常に豊富な審査ノウハウを有しています。ノウハウが豊富である分、安全のために他社では審査落ちさせてしまうような人にでも、より正確に審査を行い判断することが可能なのです。

ただし、あくまでも必要に応じてより正確な審査を行った結果融資可能と判断された場合に審査に通るというだけなので、審査が甘いわけではありません。

信販会社が保証会社だと審査に通りづらい
一方、信販会社が保証会社を務めている場合は審査に通りづらいと言われています。

消費者金融と比較すると信販会社はカードローン審査を重点的に行ってきたわけではありませんので、審査に通過させていいかどうか悩むラインの申込者に対して十分な判断力を持ち合わせていないことがあります。その場合あいまいな申込者はすべて審査落ちとされてしまう可能性があるからです。

さらに、信販会社はクレジットカード・キャッシングなどの業務以外にも家賃保証など多くの保証業務を行っている会社が多くあります。それらのカードローン以外の保証業務おいても過去にトラブルがなかったか審査を行いますので、審査が厳しくなる傾向にあります。

保証会社に着目してカードローンを選ぶ方法

カードローンに申し込む際は金利や利用限度額を重視して選ぶ人が多いと思いますが、少しでも審査に通りやすくするためには保証会社にも着目して選ぶのが良いでしょう。
しかし、それは保証会社が消費者金融なのか、信販会社なのかが重要なのではありません。

カードローンを選ぶ方法を3点ご紹介します。

  • 1:利用している消費者金融が保証会社を務める銀行カードローンがおすすめ
  • 2:現在使用しているクレジットカード会社が保証会社を務めるカードローンがおすすめ
  • 3:審査落ちしたカードローンと同じ会社が保証会社となっているカードローンには申し込まない
利用している消費者金融が保証会社を務める銀行カードローンがおすすめ
もし、現在消費者金融のカードローンを利用中、または今までに利用したことがあり滞りなく完済しているのであれば、その消費者金融が保証会社となっている銀行カードローンに申し込むのがおすすめです。
たえば三井住友銀行カードローンの保証会社はプロミスです。
プロミスの審査に通った経験がある方ならば、プロミスが審査を行う三井住友銀行カードローンの審査にも通る可能性が高くなります。

ただし、一度でも延滞してしまったことがある方は逆に悪影響となってしまいますのでおすすめしません。信用情報の傷にはならないような数日の遅れでも、自社内の記録には残っている可能性が高いからです。
現在使用しているクレジットカード会社が保証会社を務めるカードローンがおすすめ
現在使用中のクレジットカードの会社が保証会社となっている銀行カードローンに申し込むのもおすすめです。

たとえばみずほ銀行カードローンの保証会社はオリコです。オリコのクレジットカードを所有していて支払いをきちんと行っているのであれば、みずほ銀行カードローンの審査に通る可能性は高いと言えるでしょう

しかし、延滞の履歴があると悪影響になってしまう点はこちらも同様です。

どちらも必ず審査に通るとは言い切れません。それは商品内容によって審査の際に優先されるポイントが異なるからです。しかし、審査に通る可能性を高めるポイントにはなりますので覚えておきましょう。

審査落ちしたカードローンと同じ会社が保証会社となっているカードローンには申し込まない
カードローンに審査落ちしてしまうと、すぐに他のカードローンに申し込みをしたくなると思います。

その際に落ちてしまったカードローンと同じ会社が保証会社を務めるカードローンに申し込みをしても、審査落ちのリスクが高くなってしまいます。

三井住友銀行カードローンに審査落ちしてしまった場合、同じプロミスが保証会社となっている横浜銀行カードローンに申し込みをしても審査に通るのは難しいと言えます。

審査落ちが重なると申し込みブラックに陥ってしまうリスクもありますので、少しでも審査に通る可能性を上げるためには違う会社が保証会社となっているカードローンに申し込みましょう。

おもな銀行カードローンとその保証会社をまとめました

ほとんどの銀行では、ホームページ上にカードローンの保証会社を掲載しています。

利用条件、申し込み条件などの欄に○○会社の保証を受けられる人などの文言がありますのでそちらで確認してください。

なかなか見つけられない場合は保証でページを検索するとすぐに見つかるでしょう。

おもな銀行カードローンの保証会社一覧
おもな銀行カードローンの保証会社をまとめました。
消費者金融が保証会社となっている場合は、アコムとプロミスが多いことがわかります。
銀行・カードローン名 金利 保証会社 保証会社の属性
三菱UFJ銀行カードローン
バンクイック
1.8%
〜14.6%
アコム株式会社 消費者金融(アコム)
じぶん銀行カードローン 1.7%
〜17.4%
アコム株式会社
ソニー銀行カードローン 2.5%
〜13.8%
アコム株式会社
みずほ銀行カードローン 2.0%
〜14.0%
株式会社オリエントコーポレーション 信販会社(オリコ)
三井住友銀行カードローン 4.0%
〜14.5%
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 消費者金融(プロミス)
横浜銀行カードローン 1.9%
〜14.6%
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 1.59%
〜18.0%%
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
住信SBIネット銀行
ミスターカードローン
0.99%
〜14.79%
SMBCコンシューマーファイナンス株式会
オリックス銀行カードローン 1.7%
〜17.8%
オリックス・クレジット株式会社
新生フィナンシャル株式会社
信販会社
消費者金融(レイクALSA)
イオン銀行カードローン 3.8%
〜13.8%
オリックス・クレジット株式会社
イオンクレジットサービス株式会社
信販会社
りそな銀行プレミアムカードローン 3.0%
〜13.5%
オリックス・クレジット株式会社
りそなカード株式会社
信販会社
楽天銀行スーパーローン 1.9%
〜14.5%
楽天カード株式会社
セディナ株式会社
信販会社
金融事故を起こしたことがある人はここに注意

 

  • 過去に金融事故を起こしてしまった場合は、次の点に注意が必要です。
  • 金融事故を起こした保証会社は審査に通らないと考えるべき

金融事故を起こした会社以外に申し込むなら信用情報の傷が消えてから

金融事故を起こした経験のある人は、事故内容が個人信用情報に記録されています。

信用情報に傷が残っているうちは審査落ちしてしまう可能性が高いためなるべく避けましょう。
事故情報 主な内容 登録期間
長期延滞 2〜3ヶ月以上の延滞 5年
債務整理 任意整理、個人再生、自己破産など 5年〜10年
代位弁済 保証会社による立て替え 5年
強制解約 強制的な契約の解除 5年
金融事故を起こした保証会社は審査に通らないと考えるべき
登録期間が終わり信用情報に傷がなくなると安心してカードローンに申し込みたくなりますが、その際にも保証会社がどこかを考慮して申し込みましょう。

過去にプロミスで金融事故を起こした場合、プロミス自体に申し込んでも審査落ちしてしまう可能性が高いだけでなく、プロミスが保証会社である三井住友銀行、横浜銀行、ジャパンネット銀行などのカードローンに申し込みをしても審査に通らないと考えたほうが良いです。

信用情報は一定期間を経過すれば消えますが、自社管理の事故情報はより長期間保管されることが多いからです。


カードローン商品ごとに審査で重視するポイントは異なりますので100%審査落ちとは言い切れませんが、少しでも審査に通る可能性を高めるためには保証会社もチェックして決めましょう。

銀行カードローンと保証会社についての疑問をまとめました

 


保証会社が2つ以上存在する銀行カードローンがあるけどどういうこと?
銀行カードローンの中には保証会社が2社存在する銀行もあります。
たとえば楽天銀行カードローンの保証会社は楽天カード株式会社とセディナ株式会社です。この場合はどちらか一方の審査に通れば良く、両方の審査に通る必要はありません。

保証会社を選択してローン申し込みをすることはできませんが、一方の保証会社で審査落ちになっても、もう一方が融資可能と判断すれば問題ありませんので審査に通過できる可能性が上がると言えます。
保証会社が同じ会社だったら、必ず審査結果は同じになる?
必ずしも同じとは言えません。
消費者金融が保証会社となって審査を行う場合は代位弁済のリスクまで背負って審査を実施しますので、自社のカードローン発行よりも慎重に審査が行われます。

たとえば、三井住友銀行、横浜銀行、プロミスと3つのカードローンがありますが審査を実施するのはどれもプロミスです。
プロミスにとっては自社カードローンよりも保証会社となっている三井住友銀行、横浜銀行のほうがより厳しく審査を実施することになります。

さらに三井住友銀行と横浜銀行の審査結果が必ずしも同じになるわけではありません。
それは審査基準がカードローンによって異なるためプロミスが下す審査結果が違う場合もありますし、銀行独自の審査基準によって審査結果が変わる場合もあるからです。
まとめ

 

銀行カードローンの保証会社についてご説明しました。

普段あまり意識することのない保証会社ですが、そこに着目してカードローンを選ぶとより審査に通る可能性が上がりますのでぜひ確認してください。