J.Score(ジェイスコア)の金利は低い?主要な消費者金融と比較してみました

AIにより算出したスコアで金利や貸付極度額(最大限融資が可能な金額)が決定するScore(ジェイスコア)。

この記事では以下についてまとめています。

  • 他社とJ.Score(ジェイスコア)との金利比較
  • 金利決定の要素
  • 金利をさらに下げる方法

J.Score(ジェイスコア)の金利のシステムについて気になっている方は、ぜひ続きを読んでいただきたいです。

J.Score(ジェイスコア)の上限金利は年12.0%です。(金利 年0.8%〜12.0%)

これは他の消費者金融や銀行カードローンと比べても低く、大きな魅力です。

ジェイスコアの金利は主要な消費者金融と比べても低金利

主要な消費者金融 金利
J.Score 0.8%〜12.0%
アコム 3.0%〜18.0%
アイフル 3.0%〜18.0%
プロミス 4.5%〜17.8%
SMBCモビット 3.0%〜18.0%%
レイクALSA 4.5%〜18.0%
主要な銀行カードローン 金利
J.Score 0.8%〜12.0%
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 1.8%〜14.6%
三井住友銀行カードローン 4.0%〜14.5%
住信SBIネット銀行 MR.カードローン 1.59%〜14.79%
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング 1.59%〜18.0%%
イオン銀行カードローン 3.8%〜13.8%
消費者金融であれば3.0%〜18.0%が多く、銀行カードローンでは消費者金融より上限または下限金利がいくぶん低くなっていますが、J.Score(ジェイスコア)の低金利には及びません。

金利の違いによって、どれくらい支払額が変化するか、下記の条件で実際にシミュレーションしてみました。

条件:借入金額50万円、残高スライドリボルビング方式、36ヵ月で返済

金利 毎月の支払額 総支払額 総支払利息額
0.8%(ジェイスコア) 14,060円 506,160円 6,160円
3.0%(他社) 14,540円 523,440円 23,440円
12%(ジェイスコア) 16,607円 597,852円 97,852円
18%(他社) 18,076円 650,736円 150,736円
最大金利の6%の差では、月々の支払額では1,469円、総支払額では47,116円もの大きな差が生まれます。

J.Score(ジェイスコア)は低金利だが、はじめての場合は最大金利が適用される

 

初めての借入の場合は最大金利が適応されることがほとんどです。

ですがジェイスコアでは、初回の金利もAIスコアによって決まるのでその点も見逃せません。

また、融資の申し込みの前に、AIスコアを算出した段階で暫定的に金利を把握できます。

返済シミュレーションを利用すれば、おおよその返済プランを事前に計画でき、融資申し込み前なので信用情報にキズがつくこともありません。

確定金利ではありませんが、契約前に金利の目安を知れることはJ.Score(ジェイスコア)の大きなメリットになります。

J.Score(ジェイスコア)の金利が安い理由

 

J.Score(ジェイスコア)は他社と比べかなりの低金利で利用することができますが、金利を安く抑えられるのは次の2つの理由によるためです。

  • AIスコアによって信用を測ることで貸し倒れのリスクを減らすことができる
  • 有人の店舗や無人契約機がないため、運営にかかるコストを抑えることができる

AIスコアによって信用を測ることで貸し倒れのリスクを減らすことができる
従来の金融業者は、融資の審査において信用情報が優先的に見られました。

もちろん家族構成や住居などの属性も調べられますが、ユーザーの趣味や生活習慣まではチェックしません。

すると、不摂生がたたって病気になって仕事を続けられなくなったり、ギャンブル依存になってしまったり…という未来に進む人も現れてくるわけです。

債務整理(自己破産など)を行う人も出てくるので、貸金業者は債務を回収できない貸し倒れ状態となり、大損害になります。

生活習慣や物事へ対しての考え方などを総括して数値化するAIスコアレンディングは、未来の貸し倒れリスクを減らすことが可能になりました。

リスクが少なければ、経営維持のためにユーザーから余分に取らなくて済むので、金利を抑えられるのです。

有人の店舗や無人契約機がないため、運営にかかるコストを抑えることができる
J.Score(ジェイスコア)は、有人の店舗や無人契約機などはありません。

申込はすべてネット上で完結します。

ユーザーにとっても便利ですが、J.Score(ジェイスコア)にとっても人件費や賃貸料などの運営コストを抑えることができます。

そのため運営コストが低く抑えられる分、他の業者よりも金利を低く設定できるのです。

スコアアップとは?
初回登録時の20問の質問事項以外に、ファイナンス生活など5つのカテゴリーの追加質問に答えることでAIスコアをアップさせることができるシステムです。

また、モバイルアプリを利用した方がスコアアップにつながる可能性があります。

モバイルアプリにはハビットチェンジという機能があり、生活習慣をより良い方向に変えていけるためのサポートができます。

ハビットチェンジは、行動の習慣化をサポートする機能です。
良い行動を習慣化し継続すると、AIスコアに反映されていきます。

引用:https://www.jscore.co.jp/faq/?c=1


Web版よりもユーザーが提供できる情報が多いため、AIスコアがアップする可能性が高いです。

積極的に金利を低くしたい場合には、ぜひ利用を検討してみましょう。

金利ゼロの期間や無利息キャンペーンはある?
J.Score(ジェイスコア)には、無利息期間は設定されていません。

そのため、無利息期間内の超短期で全額返済をするという予定でいる方には不向きです。

低金利なので、ある程度長い期間をかけて返済する方にとってメリットは大きいでしょう。

J.Score(ジェイスコア)の金利を下げるためには、AIスコアをアップさせる必要があります。

まとめ
J.Score(ジェイスコア)は、他の金融業者と比較しても金利が低いことが魅力です。

運営費のコストダウンやAIスコアレンディングを活用して貸し倒れリスクを回避することで、その分を低金利でユーザーに還元してくれている印象があります。

無利息期間は無いため、超短期(30日以内など)で全額返済をする使い方を検討している場合には不向きでしょうが、

  • 長期的な利用がしたい
  • とにかく低金利で利用したい
  • 金利を下げるためなら、生活習慣も変えられる

こんな方にはJ.Score(ジェイスコア)が向いているでしょう。