ジェイスコアの審査は甘い?厳しい?通過率を高める方法を解説します。

AIを使った独自システムが目新しいJ.Score(ジェイスコア)。

ユーザーの将来に投資するというコンセプトですが、ジェイスコアはどのような審査基準なのか気になるところです。

こちらの記事を読むことで下記の項目を理解することができます。低金利が魅力のJ.Scoreについて気になっている方はぜひ続きをご覧ください。

審査基準であるAIスコア600点というのは甘い?厳しい?

結論として、J.Scoreは決して甘いわけではありません。

  • AIスコアが600点以下だと落ちる
  • 信用情報に傷がある場合や他社の借入が多くても落ちる
  • 在籍確認が必要(できないと落ちる)
  • 年齢など、一定の制限がある

上記のように、通常の金融サービスと同様にお金を投資しても問題ない属性か、貸し倒れリスクの少ない人格かを調べられます。

誰かれ構わずお金を貸し出すわけではないので、難易度は甘くはありません。

AIスコアが600点以下だと否決される
借り入れのベースとなるAIスコアを算出するために最初に20個の質問に回答します。

  • ニックネーム
  • 生まれた年と月
  • 性別
  • 最終学歴
  • 現在の勤務形態
  • 現在の業種
  • 現在の職種
  • 勤め先の企業規模
  • 入社時期
  • 昨年のおおよその年収
  • 既婚or未婚
  • 子どもの有無と人数
  • 同居家族の有無
  • 同居家族の人数
  • 自宅の郵便番号の最初の3桁
  • 現在の住居タイプ
  • 居住歴
  • 住宅ローン教育ローン自動車ローン以外の無担保の借入の有無
  • 他社での借入れ総件数
  • 他社での借入総額
あとからスコアアップとして追加できる分も、あくまで未来への投資として可能性を+αするもので甘くなっているわけではないのです。

ただし、従来の金融業者では審査落ちしたときに何が要因だったのかをユーザー側が知ることができません。

J.Scoreは600点以下だと否決されるという明確なラインがあるのは透明性があり好感が持てます。

個人情報を収集し独自のAIスコアリングを行う
J.Scoreでは、これまでの貸金業者が注目しなかったさまざまな個人情報も収集し、AIスコアとして数値化されます。

例えば、趣味や運動習慣、日頃の睡眠時間など、通常のカードローンでは問われることのない質問まで影響を与えます。

もちろん年収や雇用形態、家族構成など、他の業者が確認することはジェイスコアでもチェックされます。

現在の状況や信用情報に加え、投資対象として加点すべき情報があればスコアとして信用の加算をしてくれるイメージです。

信用情報に傷がある場合や他社借入が多いと否決される

J.Scoreでは、仮審査の段階で個人信用情報機関から金融取引の情報を調べ、過去の金融事故などの履歴を確認しています。(与信確認と呼びます)

AIスコアの質問のなかには過去の金融事故の質問はありません。

ですが、CIC(個人信用情報機関のひとつ)から次の情報を共有してもらうことでチェックをしています。
  • 長期延滞:2〜3ヵ月以上の延滞
  • 債務整理:借入額の減額や支払いの猶予
  • 自己破産:借入額の支払いの免除
  • 代位弁済:保証人または保証会社による支払いの立替え
また、AIスコアを算出する際の質問で他社借入がないと答えた時より他社借入があると答えた時の方がスコアは下がりました。

やはり他社借入がある場合は、マイナス評価に繋がります。

AIシステムを導入していても在籍確認や収入証明は

J.Scoreは電話オペレーターにより、勤め先への在籍確認が行われます。

諸事情で会社に電話されたくない場合には、事前に相談をして、何かしら違った形でも必ず在籍確認は行われます。

J.Scoreもう当然在籍確認は必須です。

年齢 満20歳以上満70歳以下
仕事 申し込み時点で働いていること(内定状態は不可)
この条件をクリアし、一定の収入があれば申し込みが可能です。

  • 主婦
  • パート、アルバイト
  • 年金受給者
  • 学生(満20歳以上満70歳未満)
  • 外国人(日本国内に居住・就労し安定した収入のある20歳以上70歳以下の方。永住権がない場合でもOK)
※外国籍の方は,在留カードまたは特別永住者証明書の提出が必要。

申込みは可能ですが、通るかどうかはケースバイケースになります。

J.Scoreを申し込んでからの流れ配下の通りです。

  • @スコアリング(AIスコアを算出する)
  • A仮審査(与信確認はここで)
  • B本審査(在籍確認はここで)
  • C契約

最短で30分で済ませられ、申し込み自体は24時間可能です。審査の結果はメールで送られてくるため、あらかじめメールの受信設定をしておきましょう。

スコアリング
まずはスマホやPCから登録・質問に答えてAIスコアを算出します。ここでいくらまで借りられるか金利が何%になるかがわかります。

この時点で表示される金利は暫定のもので、確定したものではないので注意してください。暫定とはいえ、借入限度額とおおよその金利が分かるので、返済計画をシミュレーションするのに役立ちます。

仮審査
10項目程の質問に答えます。過去に金融事故が無いかなど、与信確認もこの段階で行われることになります。スコアリングの時点では匿名(ニックネーム)の入力でしたが、住所や会社名・氏名などを正確に入力します。ここでユーザーの属性や他社からの借り入れ状況をチェックされ、J.Scoreでの借り入れが可能か判断されます。

その後は申込通知と結果通知がメールで届くので、結果を確認しましょう。

申込み後の結果確認画面に、メールにて通知された認証コードを入力することでも結果が分かります。

本審査では本人確認、在籍確認、収入確認が行われます。本人確認に使える書類は、免許証、パスポート、マイナンバーカードがあります。また、外国人の場合は在留カード、特別永住者証明書も有効です。学生の場合は学生証も必要になります。

収入証明書類は源泉徴収票、住民税決定通知書、所得証明書が有効です。収入証明は、限度額が50万円以下の場合は提出が不要な場合もあります。

収入証明書類も本人確認書類も、スマホで写真を撮って送信すればOKです。本人確認書類の提出後、約10分程度でJ.Score から電話がかかってきます。

そこで電話番号と住所の確認がなされ、在籍確認の話へ移ります。在籍確認は、ジェイスコアのオペレーターが会社へ電話をかける→本人に引き継ぐ、という形なので、電話をする日時を打ち合わせます。

在籍確認が済めば、本審査終了です。後ほどメールで本審査結果通知が届きます。

契約
本審査結果通知が来たら、サイトログインの後に、限度額と振込口座を入力して契約します。契約極度額までなら10万円単位で選択できるので、希望額を入力します。限度額により返済回数が異なり、月々の返済額や金利の総額も変わるので、自分に合った限度額を選びましょう。最初にスコアレンディング時に表示された限度額とは異なり、実際に契約する限度額となります。
契約極度額(貸付限度額) 返済回数
30万円以下 36回
30万円〜100万円以下 60回
100万円〜1000万円以下 120回
最後に契約書のPDFが発行されて、契約が完了します。特にカードなども発行されませんし、すべてWeb上で完結すると思われているJ.Scoreですが、契約完了後に郵送物(ステッカー)が送られてきます。

これは住所確認の意味合いもあるそうで、止めることはできないようです。家族にバレたくないという人は、その1点だけ注意が必要です。

通りやすくするために通過率を上げる方法

追加質問に答えてスコアアップをしておく。
マイページから、追加の質問に答えることでAIスコアを上げることが可能です。AIスコアが高ければ高いほど限度額も金利も有利になるので、やらない手はありません。他の回答との矛盾があったりするとすぐにばれますので、絶対に虚偽の回答はしないようにしましょう。モバイルアプリ版ではハビットチェンジというユーザーサポートサービスもあります。

より良い生活習慣などをサポートしてくれ、継続するとスコアアップにつなげられるので、活用してみてください。

外部サービスを情報連携する。
J.Scoreは以下の4つの外部サービスと情報連携することができます。

  • みずほ銀行の口座情報
  • ソフトバンク携帯電話利用情報
  • ワイモバイル携帯電話利用情報
  • Yahoo! JAPANアカウントの利用状況

情報連携により追加される情報をスコアに反映するため、スコアアップする可能性が高まります。スコアアップ以外にも、金利がそれぞれ年0.1%引き下がる=最大で0.3%金利が安くなるメリットがあります。

連携するだけでスコアアップの可能性もあり、金利も下がるので、活用していきたいところです。ただし、過去にみずほ銀行やソフトバンク・ワイモバイルと何かしらトラブルがあった場合には、その影響を受ける可能性もあります。何か思い当たる節がある場合は、利用しないという選択もあります。

J.Scoreに通りやすくするには以下のポイントを確認してください。

  • 追加質問に答えてスコアアップをしておく
  • 外部サービスと情報連携をしておく
まとめ
J.Scoreは、他の金融業者に比べて甘いわけではありません。他の金融業者と同様、個人信用情報機関を利用して金融事故が無かったかの確認もされますし、信用情報に傷があれば当然審査落ちもあり得ます。

ですが、数値で明確に基準が分かるのであと何点スコアアップすれば融資を受けられると落ちた理由も分かりやすいのが大きな特徴です。AIスコアを算出する段階では与信チェックもされないため、こう答えると、スコアがどう変化するのかと何度も試していき、より有利な条件で融資を受けるためにどうすればよいかも判断できます。