J.Score

J.Score(ジェイスコア)の返済方法の種類と返済額について解説します

J.Score(ジェイスコア)の最低返済額は1,000円から選択できるため、利用しやすい消費者金融です。

返済方法についても、3つのパターンから選択することができます。

このページでは、ジェイスコアで選択可能な返済方法について解説します。

ジェイスコアの返済方法は、「銀行振込」、「口座振替」、「Pay-easy」の3種類から選択することができます。

口座振替は、指定口座から自動で引き落とされる方法です。

返済忘れを防ぐことができますので、返済遅延が発生しづらくなる為安心できます。

会員ページから口座振替の手続きを一度行えば、自動的に引き落としが行われます。

口座振替の登録口座は、給与が振り込まれる口座をおすすめします。給与が振り込まれる口座であれば、残高不足で返済が遅れるリスクも回避できますし、残高を確認する手間も省けます。

引き落とし日は毎月26日で、変更することはできません。ですから、給料日が月末の方は、残高不足とならないように注意しましょう。

借入残高によって返済額は変動します。また、繰り上げ返済や一括返済には対応していない為ご注意ください。

ですから、繰り上げ返済をしたい場合は、Pay-easyか銀行振込を利用しましょう。

銀行振込は、指定口座に直接振り込む方法です。

インターネットバンキングを使用していない方や、Pay-easyに不慣れな方におすすめです。

銀行振込の場合は、返済日を自由に設定することができます。給料日の直後に設定しておくと残高不足で困ることもなくなります。

ただし、振込手数料は利用者の負担となるデメリットもあります。

また銀行振込の場合は、返済できる時間帯も限られています。

インターネットバンキングでは24時間返済が可能ですが、銀行振込の場合は平日の15時までに振込をする必要があります。

平日の15時を過ぎてしまった場合、手続きは翌営業日に繰り越されます。土日、祝日の場合も同様です。

返済日前日の14時45分までには振込を完了しておきましょう。

返済遅延していないか確認したい場合は、会員ページで返済受付状況を確認することができます。

Pay-easyを利用すれば繰り上げ返済も可能です

返済方法にPay-easyを選択した場合はいつでも返済を行うことができます。

Pay-easyとは、パソコンやスマホを利用して、インターネットバンキングから支払いができるサービスです。

金融機関の窓口や銀行ATMに並ぶ必要がない為、非常に便利です。

Pay-easyは、返済日を自由に設定できるのと、手数料がかからないのが最大のメリットです。返済日を給料日の前に指定しておけば、すぐに返済手続きをすることができます。

しかし、金融機関によってはインターネットバンキングを利用できない時間帯があります。メンテナンスで利用できない場合はPay-easyも利用できませんので注意してください。

デメリットは、Pay-easyに対応している銀行口座を持っていないと利用できないことです。

Pay-easyの操作に不安を感じる方は、公式ページに「ペイジー利用デモ体験」で練習することができるので安心です。

一番おすすめの返済方法は、口座振替とPay-easyを両方活用する方法です。

口座振替にしておけば、残高不足にならない限り返済忘れもおきませんし、余裕があるときにPay-easyを利用すれば繰り上げ返済も可能です。

返済方法を会員ページから変更することはできませんので、変更したい場合はカスタマーセンターに電話をしてください。

株式会社J.Scoreカスタマーセンター:0120-976-426

J.Scoreの最低返済額は残高スライドリボルビング方式で決定される

J.Scoreは借入残高に関わらず、残高スライドリボルビング方式にて最低返済額を決定しています。

残高スライドリボルビング方式とは、元金と利息を合わせた毎月の最低返済額が利用残高に応じて変動する方式です。

契約限度額ごとに最大返済回数が決められていますので、この回数より最低返済額が設定されます。

契約極度額 最大返済回数
30万円以下 36回
30万円超100万円以下 60回
100万円超1,000万円以下 120回


例えば、J.Scoreで1万円借りた場合の最低返済額は1,000円となり、返済回数は11回となります。

しかし高額の借り入れをした場合は、月々の返済を続けているだけではなかなか元本が減りません。

また、利息の総支払も想像以上に大きくなります。

ですから、余裕のある時には繰上返済をおすすめします。

繰り上げ返済をすれば、返済期間を短くできるだけでなく、利息を減らすこともできるからです。

また、繰り上げ返済をしているとJ.Scoreからの信用もあがります。ですから、増額時の審査が有利になる可能性もあります。

返済シミュレーションを活用して返済計画を立てる

J.Scoreの公式サイトでは返済シミュレーションが用意されています。

返済シミュレーションでは以下の項目の試算ができます。

  • 毎月の最低返済額
  • 元金の返済額
  • 毎月の利息額
  • 完済までの返済回数

検討している利率・契約極度額・借入額から毎月の返済額を確認する方法と、利率・契約極度額・毎月の返済額から利用可能額を算出する方法があります。

利率・契約極度額・借入額から毎月の返済額を確認する方法

利率12.0%、契約極度額30万円、借入額10万円の場合どのような返済計画になるかを確認すると次のようになります。

月々4,000円の返済で返済回数は29回という結果が出ました。

利率・契約極度額・毎月の返済額から利用可能額を算出する方法

利率12.0%、契約極度額30万円、月々の返済額を3,000円にしたい場合のシュミレーションは次の通りです。

利用できる金額は8万円までで、その場合の返済回数は32回だということがわかります。

返済が遅れた場合の遅延損害金の計算方法

返済に遅れたり、滞納をしてしまうと遅延損害金が発生します。

遅延損害金が発生する

返済日を一日でも過ぎると遅延損害金が発生してしまいます。

遅延損害金は残元金全額に対して年12.0%の利率で計算されますので、次のような計算式になります。

J.Scoreからの信用を失う

遅延損害金を支払わなくてはならなくなるだけでなく、数日の滞納であってもJ.Scoreからの信用を失ってしまいますので楽観視してはいけません。

信用を失うと契約限度額の増額審査に不利になってしまいます。

それだけでなく、滞納期間が長引いたり何度も滞納を繰り返す場合は個人信用情報にも傷が付き、新たなカードローン審査で不利になる可能性が高くなります。

このような事態を防ぐためにも、返済日に遅れてしまいそうな場合は前もってカスタマーセンターへ連絡しましょう。担当者に事情を説明して、当月だけ期日を延ばしてもらうなど相談してみてください。

無断で滞納するのと事前に相談するのとでは印象が変わる場合もあります。その際、担当者と約束した返済日は必ず守りましょう。

ABOUT ME
cashingknowledge
20代前半でETC料金を踏み倒しブラックリスト入り。以降数年間を金融ブラックの現金主義者として過ごす。 お金の教育と信用の重要性を痛感しキャッシングナレッジを立ち上げる。 ユーザーの立場に立ち、本当に信頼できる中立で公正なメディアづくりを心掛けています。 キャッシングナレッジの執筆、編集、監修を担当。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です