どうしてもお金が必要になり、生命保険を解約しようか悩んでいますね。
しかし、生命保険を解約しなくても、契約者貸付制度を利用すれば保険会社からお金を借りることができます。

生命保険を解約すると再契約時には手間がかかったり保険料が高くなったりしますが、契約者貸付制度なら保険契約は現状維持のままで必要なお金を手に入れられるのでおすすめです。
ただし、契約者貸付制度を利用するうえでのデメリットや注意点もあるので、しっかり確認したうえで利用を検討しましょう。

契約者貸付制度を利用すればお金を借りられる

契約者貸付制度とは、生命保険の解約返戻金を担保にしてお金を借りることができる制度です。

そもそも解約返戻金が何かというと、保険を解約した場合に自身が今まで保険会社へ支払った保険料に応じて返ってくるお金のことです。
契約者貸付制度は契約者が受け取る予定の解約返戻金の一部を、保険を解約しなくても保険会社が利息をつけて前借りさせてくれるという仕組みになっています。

なお、解約返戻金は自身が支払った保険料の総額がそのまま返金されるわけではありません。
保険会社は保険金の支払いに備えて契約者が支払った保険料の一部を積み立てていますし、さまざまな経費もかかるので、そういった諸費用を差し引いて解約返戻金を支払うシステムを採用しています。
一般的には契約期間が短いほど、解約返戻金は払込済の保険料より少なくなります。
一方、契約期間が長期間にわたっていれば、払込済の保険料の総額よりも解約返戻金のほうが多くなる場合もあります。

契約者貸付制度はあくまで解約返戻金を担保として借り入れを行うものなので、解約しても解約返戻金が発生しないかけ捨てタイプの生命保険は対象となりません。

契約者貸付制度はどんな保険でも利用できる?

契約者貸付制度が利用できるのは、解約時に解約返戻金が発生する積立型の保険となります。
解約返戻金がある積立型保険の一例はこちらです。

  • 終身保険
  • 養老保険
  • 個人年金保険
  • 学資保険

生命保険以外でも契約者貸付制度を設けている保険があることが分かりますね。

契約者貸付制度の金利

契約者貸付制度の金利は保険会社や保険金額によって差があるものの2~6%程度です。
なお、契約者貸付制度の金利はお金を借りたときではなく、保険加入時の利率をもとに設定されるので気を付けてください。
実際に適用される貸付金利は契約先の保険会社のWEBサイトなどで確認できます。

ちなみに貸付金利が4%の場合、300,000円借入すると1年で12,032円の利息、500,000円借入すると1年で20,054円の利息が発生する計算になります。
借入金額が多いほど、また支払い期間が長期間になるほど利息は増えていくので注意しましょう。

そのため、契約者貸付制度を利用するなら、必要最小限の金額だけを借りるようにし、なるべく早めに返済をするようにしてください。

新型コロナの影響で一時的に金利が免除

通常は年2~6%ほどの金利がある契約者貸付制度ですが、2020年3月から多くの生命保険会社が新型コロナウイルスの感染拡大により金利を免除して貸付をしています。
新型コロナウイルスの影響で金銭的に困っている契約者を支援するための目的です。

ただし、金利免除の対象となる保険の種類が限定されていたり、貸付金の上限額を設けている場合もあるので、自身が加入している保険会社の対応を必ず確認しましょう。
また、多くの保険会社では金利免除の期間を9月30日までにしているケースが多いので、その後は借入額に応じた利息が発生することに注意してください。

契約者貸付制度を利用する5つのメリット

保険を解約せずにお金を手に入れられる

お金が必要になった場合には、保険自体を解約して解約返戻金を受け取ろうと考えるかもしれませんが、保険を解約すれば万が一の際の保障を受けられなくなってしまいます。

再度保険を契約したいとなると改めて加入の申し込みをしなければならず、年齢が上がったことで保険料も高くなるでしょうし、健康状態によっては再度契約することができなくなる可能性もあります。
さらに、がん保険などでは免責期間を設けているため、再契約後して一定期間が経過するまでは保障が受けられないリスクもあるのです。

しかし、契約者貸付制度を利用すれば、今までの保障内容を引き継いだままで、お金を手に入れることができるのでとてもメリットが大きいと言えます。

カードローンよりも低金利

大手消費者金融の場合は上限金利が18%、銀行カードローンの場合は上限金利が15%となるケースが多いため、比較すると契約者貸付制度の金利は10%前後低くなるのです。

金利が低いほど発生する利息も少なく済むので、無駄な負担を軽減できるというわけです。
金利が10%違った場合で利息の金額はどれくらい差がひらくのかをまとめました。

  • 100,000円借入時かつ12回払いの利息の差額→9,178円
  • 200,000円借入時かつ12回払いの利息の差額→18,356円
  • 300,000円借入時かつ24回払いの利息の差額→57,534円

借入金額が多くなるほど、もしくは支払い期間が長くなるほど利息の差は大きくなっていくことが分かります。

どうしてもお金が必要ならば、カードローンよりもまず契約者貸付制度を利用できないか検討しましょう。

審査が不要

契約者貸付制度は自身がこれまで保険会社へ支払ったお金を元に借り入れをするため、利用時には審査が必要ないのです。
一方、カードローンでお金を借りる際には審査が必須となり、過去に金融事故を起こしていてブラックリスト入りしている場合はまずカードローンの審査には通過しません。
さらに審査時には勤務先への在籍確認も行われるため、職場の先輩や同僚に借入することがばれないか心配になるでしょう。

契約者貸付制度のように審査不要でお金が借りられるなら、審査に落ちないか、職場にばれないかとヒヤヒヤしなくて済むので非常に魅力的です。

信用情報機関に履歴が残らない

カードローンを利用すると申込や借入状況、返済状況まですべての履歴が信用情報機関に記録されますが、契約者貸付制度は信用情報機関に履歴が残らないのも嬉しいです。
特に、住宅ローンや車のローンといった多額のローンを今後契約する予定なら、借入金額が多いほど審査に不利になる可能性があります。
さらに、カードローンの返済を長期滞納してしまったら新たなローンを組むことはできません。

契約者貸付制度ならいくら借りていても他のローン審査に影響を及ぼす心配はないのです。

都合に合う方法で返済できる

契約者貸付制度は、毎月決まった日に決まった金額を返済しなければいけないという決まりはないため、都合に合わせて好きなタイミングで返済ができます。
カードローンなどではどれだけ生活が厳しくても約定返済額は必ず毎月支払わなくてはなりませんが、契約者貸付制度ならお金に余裕がある月だけ返済したり、お金が溜まってから一括で返済するといった方法も可能です。

とはいえ、返済が長期になるほど利息は増えていくため、なるべく積極的に返済することを心がけましょう。

契約者貸付制度を利用する際の注意点

契約者貸付制度はさまざまなメリットがある一方、利用するうえでデメリットや注意点もあるのでしっかり把握しておきましょう。

契約して間もないと借入できない場合がある

契約者貸付制度が利用できる種類の保険に加入していたとしても、契約して間もない場合は支払った保険料が少なく、解約返戻金も少額となります。
そのため、契約してすぐに契約者貸付制度を利用しても、少額の借入しかできない可能性が高いです。
また、契約者貸付制度自体の利用ができない場合もあるので要注意です。

保険が失効または解除される場合がある

契約者貸付制度は返済が自由に行えるのがメリットですが、甘えて返済しないままでいるとどんどん利息が増え、借入残高が解約返戻金の額を超えてしまう可能性もあります。
そういった場合には保険会社から指定の期日までに返済するよう促されますが、返済ができない状況だと保険契約自体が失効もしくは解除されてしまいます。

自由に返済ができるとは言え、いつまでの返済しなくて良いというわけではありませんので注意しましょう。

ただし、新型コロナウイルスなどの感染症の影響や、災害による影響で返済が難しいという場合、保険会社へ連絡すれば猶予してもらえるケースもあるので一度相談してください。

満期金やお祝い金から差し引かれる

満期金やお祝い金などお金を受け取れる保険に加入していて契約者貸付を利用した場合に、貸付金の返済をしていないと満期金やお祝い金から差し引かれることになります。
なお、差し引かれるのは元本と利息を合算した金額です。

たとえば学資保険でお子さんの入学準備金をまかなう予定でいたとすると、貸付金が差し引かれることで入学準備金が足りなくなってしまう危険もあるでしょう。
家庭の行事などに合わせて備えていた保険をしっかり受け取ることができるようにするためにも、契約者貸付制度の返済は自己責任で行うことが大切です。<

返済中に支払事由があると保険金から差し引かれる

契約者貸付制度を利用中に、契約者が病気になったり死亡したりするなど保険金が支払われる事態になると、借入金額を差し引いて保険金が支払われます。
たとえば死亡時に2,000万円の保険金がおりる契約で、契約者貸付制度で100万円を借りていて利息が8万円となっていたのであれば、死亡時に支払われる保険金は2,000万円から108万円を差し引き、1,892万円となります。

保険を契約する際は、万が一を想定して保険金額を設定しているはずから、入院時や死亡時などに想定した保険金がおりないとなると家族にも負担をかけることになるでしょう。

お宝保険は金利が高い

バブル期に契約した保険だと予定利率が5%を超えるケースがあり、いわゆる「お宝保険」と呼ばれています。
予定利率の高いお宝保険では保険金や解約返戻金が多いというメリットがある一方、契約者貸付制度を利用すると適用金利が高くなるデメリットがあります。

特に20年以上前、つまり1990年代なかごろまでに契約した保険だと契約者貸付制度の適用金利が高めになっている可能性があるのです。

しかし、それでもカードローンに比べると低金利なので心配しすぎる必要はないでしょう。

契約者貸付制度に関する疑問点

契約者貸付制度を利用するといつ入金されるのか、いくら借りることができるのかなどさまざまな疑問をピックアップしましたのでお役立てください。

何日程度で入金されるか?

契約者貸付制度でお金を借りる際、入金されるのは最短で当日中です。
即日入金が難しくても、2営業日~1週間程度あればお金を手に入れることができます。
特にインターネットで申し込むと早めに入金されるので、急ぎの場合はネット申込を利用しましょう。

借りられる限度額は?

契約者貸付制度で借りられるお金の上限額は解約返戻金の7~8割です。
つまり解約返戻金の額が高くなる保険商品を契約しているほど、多めの額を借り入れられるというわけです。


金額の詳細は保険会社に問い合わせるか、契約者向けのウェブサービスがあれば貸付可能な金額をネット上で確認できるケースもあります。

なお、上限額の範囲内であれば何度でも借り入れが可能です。

返済が遅れた場合はどうなる?

契約者貸付制度は貸付可能な上限額以内であれば、返済期日は設けられていませんので、返済が遅れて督促がくることもないです。
しかし、元金と利息の合計が解約返戻金を超えると通知が届き、その後も返済がされないと保険が失効もしくは解除されることになるので気を付けてください。

現在の借入は影響する?

契約者貸付制度を利用するにあたって信用情報機関への照会は行わないため、カードローンなどでお金を借りている場合でも影響はありません。
また、前述したように契約者貸付制度の利用で審査はありませんので、ブラックリスト入りしている場合でも問題ないのです。

配偶者や家族も利用できる?

契約者貸付制度は保険の契約者のみが利用できる制度となっているので、配偶者や家族は利用できません。

例えば契約者が夫、被保険者が妻、保険金の受取人が子という場合でも、契約者貸付制度を利用できるのは契約者である夫だけということになります。

契約者貸付制度の利用方法

契約者貸付制度の借入、返済方法についてまとめました。

借入方法

契約者貸付制度を利用する手続きの流れです。

    1. 手続きを行う保険契約の証券番号を用意する
    2. 保険会社へ契約者貸付制度の利用を申し込む
    3. 保険会社が必要な書類を郵送する
    4. 届いた書類に必要事項を記入し保険会社へ提出する
    5. 手続き完了後に入金

契約者貸付制度を利用する際は、保険会社の店頭窓口やコールセンター、インターネットから申請が可能ですが、保険会社によっては店頭窓口でしか受け付けていない場合もあります。
なお、インターネットからの申し込みなら、郵送の手間が省けるのでスムーズに入金してもらえます。
また、書類を提出する際には、契約者本人の運転免許証や保険証など公的証明書のコピーも提出する必要があるので用意しておきましょう。

保険会社によっては、契約者貸付用のカードを用意している場合があり、カードを利用しATMでお金を借りることもできます。

返済方法

契約者貸付制度で借りたお金の返済方法は保険会社によって違いますが、一般的には払込票や口座振替、コンビニ払いが利用できます。
いずれにしてもコールセンターで返済する旨を申し出るか、WEBサイトで手続きをする必要があります。

なお、契約者貸付用のカードを用意している保険会社なら、カードを利用しATMで返済をすることもできます。

おすすめの記事