SMBCモビットの審査の流れと在籍確認について分かりやすく解説します。

SMBCモビットの審査基準は甘いわけではない

竹中直人さんのCMでお馴染みのSMBCモビットは、SMBCグループ傘下の消費者金融です。インターネット上の操作だけですぐに借入できるweb完結が最大の特徴です。 SMBCモビットは、融資までのスピードが早く、家族バレする心配の少ない消費者金融としても人気です。 しかし、SMBCモビットは他の大手消費者金融と比較して審査が厳しいという口コミが多くあります。SMBCモビットは成約率を公表していないため、審査が甘いか判断するのが難しいのです。

SMBCモビットに申し込める人の審査基準
  • 年齢満20歳以上
  • 69歳以下の安定した定期収入のある方
  • アルバイト、派遣、パート、自営業の方も利用可能
  • ※保証人・担保・印鑑は不要。ただし、口座振替依頼の手続きには印鑑が必要

それ以外にも他社借入残高が少ないことや信用情報に傷がないことが求められます。 もしも他社借入残高が年収の3分の1を超えている場合は、総量規制に掛かる為SMBCモビットでは借入できません。 またSMBCモビットは、貸金業法に基づく借り換えローンを行なっていない消費者金融です。ですから総量規制を超えている場合、SMBCモビットは利用できません。

入会費

年会費

無料
実質年率 3.0%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円
返済日 毎月5日、15日、25日、末日(いずれから選ぶ)

返済回数

返済期間

最長60回(5年)

ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、合理的な理由があるとSMBCモビットが認めた場合には最長106回(8年10カ月)

追加返済 可能
申し込みの対象者 満年齢20才~69才(安定した収入がある方)
自営業、アルバイト、パート、契約社員でも申し込み可能
担保・保証人 不要
即日融資

可能

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットの審査の流れと在籍確認のタイミングについて

SMBCモビットの申し込み方法は2パターンあります。

ひとつはローンカードを発行するカード申し込みと、もうひとつはWEB完結申し込みです。

申込方法によって審査の流れが変わってきますので、両者の違いを解説します。

10秒簡易審査とweb完結申し込みの違い

10秒簡易審査とweb完結申し込みで最も異なる点は、web完結申し込みの場合は電話連絡が行われないという点です。

ローンカードを発行する場合は、専用のSMBCモビットカードを作ることになります。カードを受け取ったのちに、提携銀行ATMやコンビニATMから出金できます。

SMBCモビットは、カードレスの手続きをおこなえますが、ローンカードを発行する場合は以下のような流れになります。

SMBCモビットの審査の流れ

  1. 必要事項の入力
  2. 簡易審査の結果表示
  3. 結果通知と本審査の手続き
  4. 必要書類を送る
  5. 本審査(在籍確認のタイミングはここ)
  6. 結果通知
  7. SMBCモビットより書類が郵送される

まずはじめに、簡易審査に申し込みます。氏名、連絡先、勤務年数などを入力します。

簡易審査の結果は、10秒程度で表示されます。

入力後、10秒で簡易審査の結果が表示され、メールでも結果の通知が届きます。

簡易審査に落ちてしまった場合は、再度申し込みをしても審査に通ることはありません。

申込した履歴が一定期間保存されますので、しばらく待ってから再チャレンジするしかありません。

簡易審査に通過した場合は、SMBCモビットから電話連絡があります。本人確認を兼ねて、申し込み内容に間違いはないか確認してくれます。

電話連絡のタイミングで、必要書類についてのアナウンスがありました。必要書類は郵送かパソコンやスマホから送ります、必要書類は、ほとんどの方がスマホやパソコンから送付しています。

必要書類を送付すると、本審査が行われます。このタイミングで在籍確認が行われます。

在籍確認が完了した後に結果が通知されます。

結果通知メールには審査に通過したか、落ちたかの結果は表示されていません。

「審査が完了しました。以下のURLより、審査結果をご確認ください」という内容のメールが届きますので、添付のURLをクリックしてください。

その後SMBCモビットカードの受け取り方法を選択します。

後日SMBCモビットから入会申込書が届きます。必要事項を記入して返送すれば、全ての手続きが完了します。

WEB完結申し込みも基本的には同じ流れです。しかしweb完結の場合は電話連絡だけでなく、郵送物もなしにすることができます。

ただし郵送物をなしにする為には条件があります。

郵送物をなしにする為の条件

  • 社会保険証か組合保険証を持っていること
  • 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行のいずれかの口座を開設していること

社会保険証などを添付することで勤務実態が把握できますから、電話連絡をなくすことができるわけです。

ただし勤務年数が短い場合や、添付書類にミスがある場合は電話が掛かってきますので注意してください。しかし、こういった場合もいきなり会社に電話をしてくることはありません。

まずは個人の電話に連絡をしてくれますから安心ですね。

審査時間が長引く理由と対処法

モビットの審査時間について
SMBCモビットの審査時間は、業界内でも随一であり最大の武器と言えます。申込をしてから10秒ほどで簡易結果を見ることができます。その後、SMBCモビットから借入の意思があるかどうかの連絡が入ると、すぐに本審査が行われます。

管理人は仕事の合間にトイレで申込を済ませ、自分の席に戻って5分後くらいに電話がかかってきました。仕事中で電話に出られなかったのですが、折返し連絡をしたらSMBCモビットでしたので、対応の速さに驚きました。しかし、場合によっては数日間かかるケースも見られます。

審査時間が長引く原因として考えられるのは、以下の二点です。

  • 審査が難航している
  • 申し込みが殺到している

SMBCモビットは、信用情報に問題がなく、他社借入もない場合はすぐに審査を行ってもらえます。審査に時間がかかるケースの殆どは、信用情報に傷がある場合や、収入や居住形態などの属性が問題となっています。その場合は、審査時間が長引くことがあります。

また、年末年始やGWなどの長期休暇前や祝日中は時間がかかります。カードローンの申込が殺到する時期は、審査に時間がかかります。

1秒でも早く審査結果が知りたい方はSMBCモビットのコールセンターへ電話をしてください。

場合によっては、審査時間を短縮できる場合もあるようです。ただし、SMBCモビットコールセンターの営業時間は、9:00~18:00までですのでご注意ください。

結果は電話とメールで通知される

審査結果は電話かメールで通知されます。基本的に電話とメールの両方で結果の通知を行います。しかし電話に出られない場合や、出たくない場合には電話を受け取る必要はありません。

メールによる結果通知も必ず行われますので、審査結果が届かないということはあり得ません。

もし結果が届かない場合は、迷惑メールフォルダの確認や、SMBCモビットに問い合わせをしてください。

また、審査状況や結果の確認は、審査結果照会から行えますのでご活用ください

SMBCモビットで土日や祝日に即日融資を受けるには

SMBCモビットは平日、土日祝日にかかわらず9:00~18:00まで営業しています。

カード申し込みでは電話による在籍確認が必須となり、土日祝日に申し込みをした場合SMBCモビットの営業時間内であれば在籍確認の電話が入ります。

しかし勤務先が土日祝日休みの場合は、在籍確認の確認が取れないので、週明けの対応となってしまいます。 即日融資を受けたい場合は申し込む曜日に気を付けてください。 ただしWEB完結で申し込んだ場合は、指定銀行口座への口座振込かスマホの専用アプリを使いセブン銀行ATMでの出金が可能です。 このサービスはスマホATM取引と呼ばれます。

スマホATM取引は、SMBCモビットの公式スマホアプリを利用することにより、24時間、365日出金や入金が可能となります。

SMBCモビットはセブン銀行と提携していますから、全国のセブン銀行ATMを利用して出金が可能です。 ですからスマホATM取引を使用すれば、土日祝日でも即日融資が可能となります。 公式スマホアプリから会員専用サービスのMyモビにログインし、セブン銀行のATMに表示されたQRコードを読み取るだけで利用できます。 ただしスマホATM取引には出金、入金共に利用手数料がかかります。

スマホATM取引の利用手数料

取引金額1万円以下 110円
(税込)
取引金額1万円超え 220円
(税込)

SMBCモビットの申込は夜間も受け付けているの?

結論から言えば、SMBCモビットの申込は24時間可能です。しかし24時間審査をしているわけではありません。 当日中にお金を借りたい場合は夜の21時までに審査をしておく必要があります。即日融資を受けたい場合は、時間帯によって借入方法を選択しなければいけません。

SMBCモビットに審査落ちした場合はどうすれば良いの?

10秒簡易審査に落ちると以下のような表示がされます。

今回のご入力内容による審査の結果、申し訳ございませんが、ご契約いただけません。

10秒簡易審査は信用情報に申し込み情報として記載されます。ですから否決されると審査に落ちたという記録が半年間残ってしまいます。

では、SMBCモビットの審査に落ちてしまった人はどうすれば良いのでしょうか?消費者金融に通らないと判断されたわけですから、銀行カードローンは絶望的です。他社消費者金融も信用機関の情報を重要視しているからです。

このような状況で可能性があるとすればアイフルです。アイフルはどこの銀行グループにも所属していない独立系消費者金融だからです。もちろん信用情報は参照していますが、他の大手消費者金融と比べても審査通過率は高いという実績があります。

とはいえ、SMBCモビットに落ちたという記録を残したままアイフルに再挑戦するか、6か月間待つかは判断に迷うところです。もちろん、過去にSMBCモビットに落ちたことはあるが、半年以上経過している場合はこの限りではありません。

SMBCモビットの金利は高い?金利を下げる方法

最短で即日融資が可能なSMBCモビットですが、キャッシングで一番気になるのは金利ではないでしょうか。

SMBCモビットの実質年率は3.0%~18.0%となり金利幅に大きな差があります。

SMBCモビットで借入による金利の目安はSMBCモビットと借入者間の信頼関係にもよりますが、100万円以下であれば金利18.0%、100万円以上であれば金利15.0%となる傾向があり、融資金額が多くなるほど金利は下がります。

SMBCモビットの利用限度額は1万円から800万円となっており、利用限度額の範囲内で繰り返し融資を受けることができます。

SMBCモビット独自の審査基準では年収などの信用情報をもとに利用限度額が決まり、利用限度額内で借入した金額に対して金利が適応されます。

また借入による金利の上限は法律により定められています。

元本金額が10万円未満 年20%
元本金額が10万円以上100万円未満 年18%
元本金額が100万円以上 年15%

上記のように借入金額に応じて金利上限が15%~20%となっています。

SMBCモビットの金利は最大でも18%と法律上の上限金利の20%を下回って設定されていることがわかります。

最低金利の3.0%になるにはいくら借りればいいのか?

キャッシングをする際にポイントとなる金利ですが、最低金利3.0%で利用するにはいくら借りればいいのでしょうか。

最低金利の3.0%で借入を受けるには、利用限度額いっぱいの800万円の融資を受けた場合にのみ適応されます。では800万円で融資の申し込みをすれば誰でも金利3.0%が適応されるのでしょうか?

残念ながら最低金利3.0%で借りられるはごく一部の方です。

消費者金融は金融庁より年収の3分の1を超える貸付をしてはいけないという決まりがあり、仮に利用限度額いっぱいの800万円の融資を受けるのであれば年収2400万円以上の収入があることが前提になります。

最低金利3.0%の壁はなかなか高いですが、年収が高く大口融資を受けたい方にはメリットと言えます。

前述したように利用限度額は年収などの信用情報を元に審査し決められ、利用限度額によって金利が適応されます。

そしてもう一つ頭に入れておきたいのが、初回で申し込みをする利用者には金利が厳しめにつけられ最大金利の18.0%の適応がほとんどです。
その理由は消費者金融側と利用者との信頼関係にあります。

初回申し込み者と消費者金融間ではまだ信頼関係は0からのスタートの為、消費者金融側は融資金を回収できなくなってしまうかもしれないというリスクを背負うことになります。
初回申し込みの方が金利を高めに設定されるのはこうしたリスクに対しての保険をかけているためであり、SMBCモビットでも初回申し込みは最大金利の18.0%に設定されるケースが多くあります。

また初回利用者さんの年収が仮に300万円以上あったとしても同様にSMBCモビットとの信頼関係が築けていない為、融資金も少額になる傾向があります。

SMBCモビットの金利と他社を比較しました

SMBCモビットの金利が大手消費者金融と比べて高いのか低いのかを比較してみました。

SMBCモビット 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%
アコム 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
レイクアルサ 4.5%~18.0%

各大手消費者金融での比較をすると最低金利ではSMBCモビット、アイフル、アコムの3.0%、最大金利ではプロミスの17.8%が最も低い金利であることがわかりました。

比較対象の大手消費者金融は最大金利20%を超えてはいませんが、銀行カードローンの最大金利平均は14.0%台なので最大金利18.0%はやや高めと言えます。しかし消費者金融の最大金利の中ではごく一般的な金利と言えそうです。

金利を少しでも下げる方法

初回利用時の金利設定は高めと説明しましたが、少しでも金利を下げる方法をご紹介します。

長期利用をして金利の交渉をする

SMBCモビットを半年から1年を目安に利用することで金利の引き下げ交渉ができるかもしれません。何度も言いますが、お金の貸し借りは信頼関係が重要になってきます。

そのため長期利用の他にも毎月の返済日には忘れずに返済を行いましょう。

また初回申し込み時の時よりも信用情報が悪くなっているとマイナスになってしまうので気を付けましょう。

SMBCモビットの限度額を増額する方法

SMBCモビットの限度額を増額する方法は2つあります。一つはネットから増額の申し込みをする方法と、もうひとつはフリーコールに直接電話をして申請する方法です。

ネットからの申し込みは、スマホかパソコンを使って行います。スマートフォンの場合は、「SMBCモビット公式スマホアプリ」、パソコンの方は会員専用のサービス「Myモビ」の「増額審査申込」から申し込みできます。

どちらの方法も電話や郵送物なく申し込みから結果の確認までインターネットで完結できます。

結果の確認は、Myモビを使用し行ってください。電話でも申込みの場合は、電話またはMyモビのどちらかで確認することができます。

電話申し込みの場合はSMBCモビットのフリーコールで増額の申請が出来ます。フリーコールの受付時間は平日の9:00から18:00までです。

電話で申し込む場合は、増額したい理由をオペレーターに直接伝えます。この時点で本人確認も完了しますので、電話の後に必要書類の提出を行います。

増額申請の結果は電話で行われます。

増額に通過すれば、利用限度額が増えるので金利も下がる可能性があるというのがメリットです。

また、他社借入を増やすよりも、返済日の管理は楽です。

しかし、初回利用時よりも年収が下がったり延滞をしている場合は、利用限度額が減額される場合もあります。

最悪の場合は利用停止になってしまうというデメリットもあります。

増額するまでの時間はどのくらいかかる?

SMBCモビットの増額は初回より審査が慎重に行われるため、確認に掛かる時間が長くなる傾向があります。

順調にいけば当日中に結果が下りる場合もありますが、増枠の申請額が大きくなるほど時間がかかります。場合によっては2~3営業日ほどかかることもあります。

SMBCモビットは土日や祝日も9:00から18:00まで営業していますが、増額の結果は翌営業日以降となるので注意しましょう。

ですからSMBCモビットの増額の結果を待てないという方は、他社のカードローンを新規契約するのも一つの手段です。

また、増額の申し込みをすることで、減額や利用停止のリスクがあると考えられる場合も、他社カードローンの利用を選択肢のひとつに入れてみるのもおすすめです。

あらかじめ収入証明書を準備しておく

SMBCモビットの増額では、収入証明書類を求められます。収入証明書によって現在の収入や勤務状況の確認が行われます。

収入証明として有効な書類

  • 源泉徴収票の写し
  • 直近2ヶ月の給与明細
  • 税額通知書の写し
  • 所得証明書の写し
  • 確定申告書の写し

初回契約時よりも収入がアップしている場合は増額が有利になります。しかし、初回契約時よりも収入が落ちている場合は不利になります。

また完済歴のある方で、長期間SMBCモビットを利用していない場合は在籍確認が必要です。年収が大きく変動している場合も行われる場合があります。

SMBCモビットの増額を有利に進めるコツ
  • 少なくとも半年から1年ほど利用してから申し込みをする。
  • 返済日に遅れることなくきちんと返済しておく。
  • 初回契約時より収入が減っている場合は注意が必要。
  • 勤務先で昇進をするとSMBCモビット側からの評価が上がります。
  • また、SMBCモビットから増額の案内がきている場合は審査に有利。
  • 増額案内を受け取る為にスマホアプリをインストールしておく。
  • 長期利用者やきちんと返済している方は増額に有利。
  • 他社借入がない方や繰り上げ返済を行っている方は有利。

SMBCモビットの返済額と返済方法について

SMBCモビットでお金を借りると返済が始まり、毎月返済をきっちり行っていればSMBCモビットからの信用度が高くなり、金利が低くなったり増額も受けやすくなります。 また返済方法を工夫すれば返済額を減らすことも可能です。

SMBCモビットの返済方法は口座振替、銀行振込、提携ATMの3つあり、それぞれの特徴とメリットデメリットをまとめます。

三井住友銀行三菱UFJ銀行みずほ銀行ゆうちょ銀行のいずれかの預金口座を持っている方が利用できる返済方法です。

メリット 返済の手間が省ける
手数料がかからない
デメリット 指定の口座が無いと利用できない
追加返済ができない

あらかじめ口座にお金が入っている事を確認しておけば、毎月自動で返済額が口座から引き落としがされるので、返済日に出向く手間が省け、うっかり返済日を間違えてしまうリスクを回避できます。

また出金や入金の際にかかってくる手数料は口座振替では無料なので無駄な出費を抑えることができます。

一方で口座振替は対応している銀行が少ない為、すべての方が利用ができないというデメリットがあります。

銀行振込はSMBCモビット指定の預金口座へ振込を行う方法です。

メリット 口座振替用の口座を持っていなくても振り込める
追加返済が可能
デメリット 手数料がかかる
手間がかかる

銀行振込は自身の口座からSMBCモビットに振込を行うので新しく口座開設をしなくても返済が可能です。

しかし、返済日までに指定口座に自ら振込に行かなければならない手間がかかり、返済日当日は15時までに振込の手続きを完了していなければならないというタイムリミットがあります。

また振込の際には返済額とは別に各銀行ごとに手数料がかかってしまいます。

全国に約140,000台(2019年9月現在)ある提携ATMを使って返金します。

メリット 提携先が多く場所を選ばない
追加返済が可能
デメリット 手数料がかかる
手間がかかる

提携ATMが全国に多くある為身近にあるコンビニで返済ができ、お買い物ついでにも利用しやすいのがメリットです。

銀行振込と同様に手間がかかり、振込金額に応じて手数料がかかります。

SMBCモビットの返済日は4つから選択できる

SMBCモビットの返済日は毎月5日・15日・25日・末日の4つから自身の都合に合わせて決めることができます。
また指定した返済日が土日祝の場合翌営業日が返済日となります。

返済日の設定としておすすめなのは給料日の翌日など給料日の直後に設定することで、給料が入った時点ですぐに返済することができるので延滞のリスクを避けることができます。
また反対にお金の余裕が無くなってしまう給料日前や給料日と返済日を同じにすることは避けましょう。

給料日と返済日を同じにしてしまうと給料の振り込みよりも先に返済の引き落としがされてしまう可能性があり、口座残高が足りないと延滞の扱いになってしまうので注意しましょう。
また給料日が変更になった場合はSMBCモビットコールセンター0120-24-7217(営業時間 9:00~18:00)に問い合わせれば返済日の変更が行えます。

SMBCモビットの返済額は月々4,000円から

SMBCモビットでは借入後の残高によって返済額が変わる借入後残高スライド元利定額返済方式を採用しています。
借入後残高スライド元利定額返済方式とは借入後の残高によってSMBCモビットによって決められた最低返済額を返済していきます。

借入後残高

最低返済額

(元金+利息)

10万円以下 4,000円
10万円超、20万円以下 8,000円
20万円超、30万円以下 11,000円
30万円超、40万円以下 11,000円
40万円超、50万円以下 13,000円
50万円超、60万円以下 16,000円
60万円超、70万円以下 18,000円
70万円超、80万円以下 21,000円
80万円超、90万円以下 24,000円
90万円超、100万円以下 26,000円

※実質年利18.0%(借入金額100万円超えは実質年利15.0%)の場合
100万円超の場合最終借入残高が20万円を超えるにあたり返済額が4,000円プラスされます。

月々最低返済額を返済していれば元金は徐々に減っていくので嬉しい気がしますが、最低返済額には元金分と利息が含まれた金額です。
最低返済額だけを返済するだけではなかなか元金が減っていかずに返済期間が長引いてしまいます。

利息は返済期間が長くなるほど大きくなってしまうので最低返済額だけを返済する方法は賢い返済とは言えません。
では賢く返済するにはどうしたらいいのか、次の章で説明していきます。

SMBCモビットの返済額を減らす方法

SMBCモビットの返済では最低返済額だけを返していくのは返済期間が長引き利息が大くかかってしまいます。SMBCモビットの返済額を減らすには臨時返済をするようにしましょう。
臨時返済には2種類あるのでそれぞれまとめます。

利息は毎月の返済額に含まれますが、追加返済をして返済回数が短くなればその分利息がかからずに返済することができます。SMBCモビットでは毎月の返済日ではない日でも自由に追加返済が行えます。
出費の少なかった日や、お金のやりくりに余裕がある月は積極的に追加返済を行うのがおすすめです。

一括返済は借入残高を一度で全額返済する方法です。追加返済の時と同じく返済期間を短縮することで利息を抑えることができ総支払金額が安くなります。

借入金額が少なかったり、臨時ボーナスなどでまとまったお金が入った方におすすめできる方法です。

臨時返済には手数料がかかる

追加返済は提携ATMで入金、または銀行振込の2択になります。

あらかじめSMBCモビットに連絡を入れる必要はないので次回の返済日までに追加分の入金を済ませるようにすれば追加返済が可能です。

一括返済の場合は利息の計算があるので、前もってにコールセンター0120-24-7217(営業時間 9:00~18:00)に問い合わせをし、一括返済の日にちと返済総額を確認してから行うようにしましょう。

また銀行振込で一括返済を行う場合は個別に返済専用の口座が設けられます。

臨時返済をする際にはSMBCモビット指定の口座振込には各銀行それぞれ300円程度の手数料がかかります。

提携ATM利用時にも入金金額に応じて手数料がかかるので利用回数が多いとその分手数料額も増えてしまいます。