お金を借りる方法ガイド−初めての借入、サポートします。−

 

お金を借りたい!
でも借金ってなんだか怖いイメージ。。。

 

借金は世間的にあまり良い評価を得ているものではありません。
でも、それはあくまで「消費者金融からお金を借りる借金」に限ったことです。

 

住宅ローン。
マイカーローン。
奨学金。
クレジットカードの分割払い。
携帯電話の本体料金割賦支払い。

このどれもが世間的に印象が悪かったり、あなたが怖がっている「借金」です。

 

それなのにどうしてフリーローンと呼ばれる消費者金融や銀行のカードローンキャッシングの利用だけ不安に思うのでしょうか?

 

たしかに自制心をもって利用することは必要ですが、銀行カードローンや消費者金融からお金を借りることは怖いことではありません。

 

お金を借りる方法について正しい知識と利用方法を勉強していきましょう。

 

ちょっとしたお金を借りるなら消費者金融がおすすめ

 

例えば、

・来月のボーナスで返せるから期間限定の20万円の買い物をしたい!
・生活費が足りないから3万円借りたい。
・急な転勤で引越し費用が用意できてない。

など、次の月には返済できるけど、お金を借りないと乗り越えられない状況になってしまった場合。

 

こんな場合には大手消費者金融のカードローンでキャッシングするのがおすすめです。

 

なぜなら、大手消費者金融なら「初回1ヶ月間無利息キャンペーン」という金利のかからないキャンペーンを行っているところが多く、無駄な金利の支払いをしなくてよいというメリットがあるから。

 

金利とは、借金をするときに支払う手数料のようなもの。

 

払わなくて良い金利は払わないに越したことはありません。

 

そんな無利息キャンペーンをやっているおすすめの大手消費者金融がこちら!

 

アコム
プロミス
アイフル

 

お金を借りる方法には

・銀行の利用
・消費者金融の利用
・労金や郵便局、農協から借りる
・保険会社から借りる
・友人・知人に借りる

など、様々な方法があります。

 

この中でも特に利用しやすいのが、使用用途に制限がなく、担保や審査面でも他の借り方よりも借りやすい銀行や消費者金融のカードローンを利用する方法。

 

ここからは、そんな銀行・消費者金融のカードローンでお金を借りる方法について紹介をしていきます。

 

お金を借りる流れ

 

お金を借りるときの流れは、以下の5ステップで終了です。

 

申込みをする

審査

在籍確認

書類の提出

現金受け取り

 

申込みはwebから簡単に行うことができ、申込みが終了したら審査はすぐに開始されます。

 

在籍確認も、同僚や上司にカードローンを利用することがバレないように電話を掛けてくれますし、書類の提出は携帯電話からや自動契約機のスキャナーから簡単にできてしまいます。

 

早ければ全ての工程が1時間以内に済んでしまうので、最短で1時間以内の借入が可能です。

 

家にいながら1時間でお金が借りれてしまうので、とっても簡単なんですよ。

 

 

初めての借入なら50万円以内の限度額になります

 

初めてお金を借りる場合「借入希望額」の欄に100万円と入力しても、50万円以上の借入ができる可能性はほぼないといっても過言ではありません。

 

初めてお金を借りるということは、あなたの信用を量るための材料がないということになります。
高額なお金を貸して、返済をしてくれるか判断できないような人に高額のお金を貸す人はいませんよね。

 

お金を貸すことを生業としていても、初めての一見さんに無条件で高額のお金を貸すことはしないということです。

 

ですが、場合によっては50万円以上の高額のお金を借りることができることもあります。

 

それは、収入証明書の提出によって返済能力があると認められた場合。

 

貸金業者からお金を借りる場合、50万円を超える額の限度額を希望するときには収入証明書の提出を求められます。

 

このとき、提出した収入証明書の内容次第では初めての借入でも50万円以上の借入が可能になる場合もあるのです。

 

ですが、基本的に初めて借りるときには50万円以下の借入限度額に設定されると覚えておきましょう。

 

漫画やドラマのような取立てはありません

 

お金を借りる=怖い取立てがある

 

と考える方もいるかもしれませんが、法律に遵守した営業を行っている消費者金融や銀行カードローンの利用で漫画やドラマのような取立ては一切ありません。

 

返済滞納などを起こしたとしても、最初は借入先から電話や郵便で連絡が来て注意程度で終わりますので、怖いことは何もありません。

 

しかし、漫画やドラマの様な怖さではないものの、長期間の滞納などが起きたら法的措置をとるという督促状が届く可能性はあります。

 

うっかり返済を数日忘れてしまってすぐに督促が届くわけではありませんので、数日の返済の遅れは気にしないでも大丈夫です。

 

大切なのは、返済する意思があるという姿勢を借入先に見せ続けること。漫画やドラマのようなやくざな取立てはこのご時世、闇金でしか行われていませんが、法的措置をとられる恐れがありますので、真面目に利用するようにしましょう。

 

返済は口座引落かATMで

 

返済方法について不安に思うこともあるかもしれませんが、借りたお金の返済はお金を借りるときに発行される専用口座(ローン口座)に毎月口座引落での返済を設定するか、ATMで返済をするかのどちらかの方法が選べます。

 

返済のし忘れが怖いという方は口座引落での返済を設定するのがおすすめです。
※随時返済はいつでも可能なので、お金に余裕ができたときには専用口座に振り込みをすることで追加返済ができます。

 

また、ATMでの返済は返済金額が確定した段階で返済を行うのですが、確定する以前に随時返済をすることも可能です。

 

消費者金融や銀行カードローンのサポートデスクでは、返済方法の相談も可能なので、
・今月はちょっと厳しいから返済金額を少なくしたい。
・今月はちょっと余裕があるから返済金額を多くしたい。
などのちょっとしたことでも操作方法の相談などができますで利用してみてくださいね。

 

お金を借りることができる人。できない人

消費者金融や銀行カードローンでお金を借りやすい時代になったとはいえ、お金を借りるということはあなたの信用を貸金業者に買ってもらう必要があるということです。

 

ということは、当然お金を借りれる人と借りれない人がいるということ。

 

ここからはお金を借りれる人と借りれない人について紹介していきます。

 

無職の人はお金を借りることができません

 

お金を借りるときには安定した収入が必要です。

 

貸金業法という法律に定められる「年収の1/3以上のお金を貸してはいけません」という規則に則った運営する為には、安定した収入を得ていないと貸付をすることができないからです。
※これを総量規制といいます。

 

また、安定した収入がないと返済してもらえる保証がないという理由からも、収入のない無職だとお金を借りることができないのです。

 

入社1年目でも借入は可能です

 

働いてるけど、今月初めてお給料をもらったばっかり。

 

そんな方でもお金を借りることはできます。
お金を借りる時に行われる審査で重視されるのは過去でも未来でもなく、今の信用と収入です。

 

そのため、入社1年目や、極端に言うと入社2ヶ月とかでもお金を借りることができます。

 

大事なのは、
・収入をもらっていると
・会社に在籍していること
の2点です。

 

この人は返済をしてくれると思ってもらえる状況が整っていればお金は借りれるわけです。

 

学生や主婦でもお金を借りれます

 

学生や主婦でもお金を借りることができます。
しかし、最低条件として、「年齢が20歳以上であること」をクリアしていないといけません。

 

民法では契約者が未成年の場合、親の同意書がない契約に対して、契約の破棄ができるという内容の法律が存在します。

 

つまり、未成年が親の同意なしで行った借金の契約は反故にできるというわけです。

 

このことから、ほとんどの消費者金融や銀行カードローンでは借入できる対象を満20歳以上の成人としています。

 

そして次に大切なのが収入を得ているかどうか。

 

主婦の場合、配偶者貸付という制度がありますので、収入がなくても旦那さんの収入でお金が借りれる可能性があります。

 

しかし、学生の場合にはアルバイトなどで安定した収入を得ていないとお金を借りることはできません。

 

学生や主婦といった立場でお金が借りれないということはありませんが、年齢の制限と収入の有無はお金を借りれるか借りれないかに関わる問題です。

 

年齢と収入の2点は確認しておくようにしてください。

 

お金を借りることは知識があれば怖いことではない

 

借金=怖い

 

というイメージは、節度なく借金をして自己破産などに追い込まれる例が後を絶たないからもたれるイメージです。

 

近年では自己破産者の数値も全盛期の1/5に減少しています。

 

カードローンや消費者金融を利用する人数が減っているわけでもないのに、自己破産者が減っているということは業界内での利用方法がだんだんとクリーンな方法に確立されつつあるということ。

 

以前はサラリーマン金融(サラ金)という名前で呼ばれていた消費者金融が名前を変えてクリーンなイメージになったのと同じで、借金のイメージも年々クリーンなものになりつつあります。

 

正しい知識と、正しい利用方法で健全に利用すれば借金は怖いものでも悪いものでもありません。

 

利用する人の意識や知識次第で借金は家計を助けてくれる救世主になったり、ギャンブルを助長する悪者になったりもするのです。