おまとめローンに落ちた!審査に通らない時の対処法をまとめました!

2017年から、銀行カードローンが融資の自粛を始めました。それに伴い、おまとめローンに落ちたという方が急増しています。

なぜなら、ほとんどの方は銀行が過剰融資の自粛をしていることを知らないからです。にもかかわらず、申し込みを可能な状態にしている銀行も数多くあります。

ですからおまとめローンの審査をすることはできます。当然、審査通過率は極端に低い状況です。

おまとめローンの文言が公式HPに記載されている銀行も、全国銀行協会からの過剰貸付に対する申し合わせの通達が届いています。

ですから、一応おまとめローンの審査はするけど、通すつもりはほとんどないといったところです。

特に、おまとめローンの文言がない銀行の審査に通るには、高額融資が可能な属性と信用が必要になります。既に多重債務に陥っている状況で申し込みをするのは無謀とも言えます。

ですから、まずは審査の申し込みをする前に、SBIホールディングスが用意している信用力診断を行ってみることをおすすめします。

また全銀協の借り換えシミュレーションも便利なサービスと言えます。

まずシミュレーションを行ったうえで、おまとめローンに通りやすいのかを検討してから申し込みを行ってください。

そうでなければ、信用情報に余計な傷を付けることになります。既に審査落ちした履歴が残っている方は、かなり崖っぷちであると個人的には考えています。正直、地銀でも審査通過が絶望的です。なぜなら、他行で審査落ちした人を通すほど地銀も甘くないからです。

銀行のおまとめローンに落ちてしまった人は、消費者金融を利用するか債務整理するかです。

もしくは、審査落ちの履歴は6カ月残りますから、その履歴が消えるまで待つ方法もあります。

また、地方銀行であればおまとめローンOKとしているところもあります。リストアップしてみると以下のような状況です。

専用商品有り
オリックス銀行(リボ借り換えのみ) 第四銀行
東京スター銀行 じぶん銀行
千葉興業銀行 西日本シティ銀行
文言有り
静岡銀行 横浜銀行
オリックスVIP 紀陽銀行
千葉銀行 八十二銀行
関西アーバン銀行 りそな銀行
文言無し
スルガ銀行 北洋銀行
常陽銀行 ソニー銀行
住信SBIネット銀行 三菱UFJ銀行
ビジネスパートナー

銀行のおまとめローンはどこ通らないというのは本当?

おまとめローンに対する規制が開始されてからというもの、銀行での一本化は厳しくなっているという現状があります。事実、ほとんどの銀行ではおまとめローンの申込ができなくなっています。

そのため、現在ではおまとめローンをするなら銀行以外という流れが広がっています。ですので、このページの前提条件としておまとめローンが可能で比較的審査に通りやすい消費者金融を紹介しています。

殆どの銀行では現在、専用商品が用意されていても審査が厳格化されて通らない、という現実があります。むしろ通す気がなく、どこだったら審査が甘いとか、甘くないとか以前の問題ということです。

その証拠に、以前までおまとめローンOK!と大々的に宣伝していた三井住友銀行カードローンやオリックス銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、イオン銀行カードローンといった大手の公式HPからおまとめという文言が消えています。

では、おまとめローンが得意と言われていた大手の銀行カードローンがどのような状況になっているのかを確認してみましょう。

三井住友銀行は限度額800万円、金利4.0%~14.5%と低金利でおまとめができ、2010年~2016年までは多くの方が利用していました。

しかし現在では公式HPからおまとめ・借り換えといった文言がなくなり、とてもシンプルなスペック紹介となっています。

また、申込み画面に進むと利用目的の欄からもおまとめという文言がなくなり、借入返済資金という形の表記に変わっています。

TOP2とも言える三井住友銀行カードローンですが、現在ではおまとめローンの審査をとても厳しく行っています。ほとんどのケースでおまとめが成功することはないといえるでしょう。

みずほ銀行カードローンも限度額800万円、金利2.0%~14.0%というスペックの高さから利用している方が大勢いましたが、現在はおまとめ・借り換え用途での借入はできないと判断できます。

みずほ銀行カードローンも金融庁による貸付制限がかかってから、公式HPからおまとめの文言が消えました。

つまり、おまとめ・借り換えといった用途での借入はできないと判断できます。

以前設定していた1000万円という高額な限度額も800万円まで引き下げられたことから、過剰貸付への防止策を行っていることが伺えます。

イオン銀行フリーローンは金利3.8%~13.5%と低金利でありながら、限度額も700万円まであったため人気のフリーローンでした。

イオン銀行フリーローンも過剰貸付に対する規制が始まり公式HPからおまとめローンの文言が消えています

基本的にどこの銀行も、おまとめと一緒に借り換えOKという宣伝のやり方をやめました。しかしイオン銀行フリーローンでは借り換えはまだOKという判断をしています。

表立っておまとめローンを勧めることができず、審査が厳格化している現状でもとりあえず審査の申し込みを欲しいという本音が見え隠れしています。
ですが審査が甘いかと言えばそんなわけではありません。審査通過率がかなり低くなっていますので、申込みブラックにならない為にも第一候補としての申込みはしないほうがよさそうです。