キャッシングナレッジはお金を借りる方法を知る為の情報サイトです

キャッシングナレッジ

キャッシングナレッジはお金を借りたい人の為の情報サイトです。

お金を借りる様々なシチュエーションを考えて記事を作成、編集しています。

生活費の不足や病気などで急にどうしても現金が必要になった時、どのようにして解決しようとしていますか?

お金の悩みは家族でも相談しづらいケースが多く、インターネットでお金を借りる最善の方法を探しているのではないでしょうか。

お金を借りたい場合、銀行や消費者金融から借りる以外にもさまざまな方法がありそれぞれメリット・デメリットが存在します。こちらのページではお金を借りられる選択肢と特徴、即日で借りられる方法などをまとめました。

お金を借りる方法一覧

どうしてもお金を借りる必要がある時、借りる方法は大きく分けると以下の4つに分かれます。

それぞれの借り方や特徴、メリット・デメリットをご説明します。

銀行などの金融機関からお金を借りる方法

金融機関から借りる方法だけでも多くの借り入れ先があります。

銀行から借りる

銀行は預貯金管理や事業者向け融資だけでなく、個人向けの融資も行っています。一言で銀行と言ってもいくつかの種類に分けられます。 銀行は日頃から利用する人も多いため敷居が低く金利が安い点がメリットですが、2018年より個人向けの即日融資が廃止され最短でも翌日以降の借り入れになる点がデメリットと言えます。 申し込み条件や金利などさまざまですので、どこから借りるのが一番良いか比較してみてください。

金融機関名 金利 借入限度額 特徴
メガバンク 三菱UFJ銀行 1.8~14.6% 500万円

知名度が高く利用しやすい

利便性が高い

 

三井住友銀行 4.0~14.5% 800万円
地方銀行 横浜銀行 1.5~14.6%  1,000万円

金利優遇制度が充実している

高齢者も申し込みやすい

千葉銀行 1.7~14.8% 800万円
ネットバンク イオン銀行カードローン 3.8~13.8% 800万円

金利が低い傾向にある

専業主婦が申し込める銀行もある

楽天銀行スーパーローン 1.9~14.5% 500万円
JAバンク JA東京中央 4.5~12.0% 500万円 審査に時間がかかるが低金利で借りられる
郵便局 - 0.26% 300万円

定期預金を担保に低金利で借入可

審査なしで利用可

ろうきん 中央労働金庫 3.875~8.475% 500万円 親権者の同意があれば未成年も借入可
メガバンクで借りる

他社借り入れがなく、大手の安心感をもとめる方におすすめの借り入れ先です。 大手銀行は広告などでも積極的にカードローンを宣伝しており、実際に借りている人も多くいます。知名度の高いメガバンクからの借り入れは初めての利用でも安心感があり、消費者金融に抵抗のある方でも利用しやすい特徴があります。 メガバンクはインターネットバンキングのサービスが充実している点や、自動契約機が設置されている銀行もある点など非常に利便性が高いと言えます。

地銀から借りる

普段利用をしている地方銀行を利用したい方におすすめの借り入れ先です。 メガバンクと比較すると知名度は劣る地銀ですが、条件を満たすと金利が優遇される場合もある点がメリットです。また、大手銀行は申込年齢を65歳までと定めている銀行もありますが、70歳程度まで申し込み可能な地銀もあります。 一方で、居住地・勤務地が申し込み条件に含まれていたり、口座開設が必須だったりと言った点がデメリットとして挙げられます。 メガバンクと地銀は、金利や借入限度額などの条件面では大きな違いはありません。 一番の違いは利便性でしょう。メガバンクはATMが日本全国に豊富にありますが、地銀で利用できるATMは地元にはたくさんあっても少し離れると台数が限られてしまい不便だと感じてしまうケースが多くあります。自身の生活圏内に利用できるATMがあるか確認してからの申し込みをおすすめします。

ネットバンクから借りる

専業主婦や、ネットバンキングを頻繁に利用する方におすすめの借り入れ先です。 WEB完結で借り入れを希望する方や、おもにネットバンキングを利用する方にはネット銀行がおすすめです。 メガバンクのように低金利で借りられて、その上窓口に出向く必要もありません。 ネットバンクには専業主婦でも配偶者の同意なしに申し込みできるなど、間口の広いカードローン商品があります

JAバンクから借りる

融資を急がない方や低金利で借りたい方におすすめの借り入れ先です。 農業協同組合、通称JAでもカードローンを取り扱っています。組合員向けに低金利でローン商品を提供していて、カードローンだけでなくマイカーローン・住宅ローン・教育ローンなども利用できます。 農業を営んでいる正組合員だけでなく出資金を払っている准組合員も借り入れが可能ですが、全国のJAでカードローンを取り扱っているわけではありませんのでお住まいの地域のJAにローン商品が存在するか確認しましょう。 JAのメリットは実質年率10%を下回るほどの低金利で借りられる点です。 一方、金利が低いほど審査は慎重に厳しくなる傾向がありますので審査申込から融資までに時間がかかる点、審査に通りづらい点がデメリットです。他社借入が1件でもある方は、審査通過はかなり難しいでしょう。 借り入れまでに時間がかかってもいいからとにかく低金利で借りたい方におすすめします。

郵便局から借りる

すでにゆうちょ銀行で定期預金を組んでいる方におすすめの借り入れ先です。 郵便局でも借り入れできます。 ただし、ゆうちょ銀行のカードローンは2018年に取り扱いが終了されていますので、現在利用できるのは定期預金を担保とした自動貸付のみとなります。 自動貸付は自分の定期預金を担保にして、通常預金の口座残高が不足していても自動的に貸付されお金をおろせる制度です。0.26%程度と民間の金融機関の中でも突出した低金利で借り入れ可能です。審査なしに借り入れできる点も大きなメリットです。 ゆうちょ銀行の定期預金がないと借りられませんが、定期預金を崩したくないけれど現金が足りない時に有効な方法でしょう。 ただし、期間内に返済できなかった場合は担保とした定期預金が強制的に解約されてしまいますので注意してください。

ろうきんから借りる

労働金庫は労働組合や生活協同組合が出資金を出し合って設立した福祉金融機関です。他の金融機関よりも利用資格は厳しめですが、営利を目的としていないため銀行よりは低い金利で借り入れ可能です。 利用資格は以下の通りです。

  • 同じ勤務先に1年以上勤務している
  • 年収が150万円以上ある
  • ろうきんの営業区内に居住、または勤務している

条件を満たしていてかつ親権者の同意があれば未成年でも借入できます。 しかし、慎重に審査が行われますので融資までに時間がかかる点、契約時に来店必須である点がデメリットとして挙げられます。 財形貯蓄の申し込みや給与口座の指定などいくつかの条件を満たすとさらに金利優遇が受けられますので、優遇対象になりそうな方は検討してみてください。

消費者金融からお金を借りる方法

銀行以外の金融機関、ノンバンク系の業者から借りる方法もあります。 預金の預け入れ業務を行っていないノンバンクはあまりなじみがないかもしれませんが、お金を貸す業務に特化していますので利便性も高い点が特徴です。

業者名 金利 借入限度額 特徴
大手消費者金融 プロミス 4.5~17.8% 500万円

土日も含めて即日融資可

初回無利息サービスが充実

アコム 3.0~18.0% 800万円
中小消費者金融 セントラル 4.8~18.0%  300万円

大手よりも柔軟に審査を実施

フタバ 14.959~17.950% 50万円
クレジットカード 三井住友カード 18.0% 50万円

追加の審査なしで借入可

オリコカード 15.0~18.0% 100万円
生命保険 第一生命 3.0~5.75% 解約返戻金の所定の範囲内

審査なしに手続きのみで借りられる

ソニー生命 2.5%~8.0%
消費者金融で借りる

消費者金融と聞くとこわいイメージを持つ方もいるかもしれませんが、貸金業法が順守されており違法な金利を課すことも過激な取り立てを行うこともありませんので安心してください。 消費者金融は大手と中小に分けられ、大手消費者金融は即日融資を希望する方に向いています。一方の中小消費者金融は銀行カードローンや大手の消費者金融の審査に落ちてしまった方に向いています。アコム、プロミス、モビットといった大手消費者金融は大手銀行の傘下に入っていますが、アイフルは独立系消費者金融の為、独自の審査基準を持ち合わせています。 中小消費者金融は知名度こそあまり高くありませんが、大手と同じように貸金業法を順守して営業していますので安心して利用可能です。 しかし、大手消費者金融よりも金利が高い傾向にあり融資までに数日間かかることも珍しくありませんので、借入先の第一候補となるケースは稀です。 中小消費者金融は大手消費者金融の審査に落ちてしまった方の受け皿のような役割がありますので、審査落ちしてしまった人でも借りられる可能性があります。

大手と中小消費者金融の違い

中小消費者金融は審査が甘いと言われますが、決してそうではありません。 公表された審査通過率によると大手は40~45%前後が成約していますので、2人に1人近い割合で審査に通っていることがわかります。一方、中小消費者金融は通過率を公表していないため正確な比較はできませんが、20%以下が多いのではないかと言われています。大手の審査に落ちてしまった人が中小に申し込んでいるためこのような結果になるのでしょう。 ただし、中小に申し込もうと考えている人も落胆する必要はありません。 大手は申込数が多いために機械的にスコアリング審査を行っていますが、中小は個々の事情に配慮しながら手作業で審査を行う傾向にあります。そのため、事故情報が登録されている人は大手では審査落ちとなってしまいますが、中小の場合現在返済能力があれば借りられる可能性があるのです。 消費者金融を選ぶ際に注意したいのが次のような文句で誘ってくる闇金の存在です。

  • 無収入でも即日審査が可能です。
  • 審査なしでも融資ができます。

闇金とは正規に営業登録を行わずに違法な高金利で貸し付ける悪徳業者です。過激な取り立てを行うなど一度手を出してしまうと縁を断ち切れなくなりますので絶対に手を出してはいけません。 正規の業者かどうかは金融庁ホームページの登録貸金業者検索サービスで確認可能ですので、不安を感じる業者に出会ったら必ずチェックしてください。

チェック登録貸金業者情報検索入力ページ

クレジットカードのキャッシング枠で借りる

すでにキャッシング機能が付帯されているクレジットカードをお持ちの方に向いている方法です。 クレジットカードは買い物の支払いに利用するショッピング枠と、現金を借りるキャッシング枠があります。カード申し込み時にキャッシング枠を設定しておくと追加の審査なしにキャッシングが可能です。 ATMで借り入れできますので非常に便利ですが、消費者金融よりも金利が高い傾向にあります。また、新規にクレジットカードを作成する際や新たにキャッシング枠を追加する場合は審査が必要ですので数日間かかってしまいます。 クレジットカードの中で唯一ACマスターカードのみ即日発行に対応していますので、当日中の融資を希望する方は検討してみましょう。

生命保険の契約者貸付制度を利用して借りる

加入している生命保険で契約者貸付制度の利用ができれば、審査なしに借り入れできます。 契約者貸付とは生命保険を担保にお金を借りることで、今までに積み立てた解約返戻金の範囲内であれば借り入れが可能です。自分が積み立てたお金から借りますので審査なしに手続きのみで利用できます。 養老保険や終身保険でも解約返戻金のある保険であれば利用できる可能性がありますので、確認をおすすめします。 保険を解約せずに一時的にお金を借りられますので非常に便利ですが、返済が遅れて元金と利息の合計が解約返戻金を超えると保険が失効してしまいますので注意してください。

質屋でお金を借りる

金融事故歴があり、かつ即日中にお金が借りたい方は質屋での借り入れも検討しましょう。 質屋は担保となる物品さえあればだれでもお金を借りられます。信用情報や属性の審査は行われませんので金融ブラックの方も利用できます。 品物を担保にする質屋からの借り入れは、万が一返済できなくなった場合返さなくても良い唯一の方法です。最短30分でお金を借りることも可能ですので、急いでいる時にも頼りになる存在です。 業界最大手の大黒屋はメール査定にも対応していますので、わざわざ店舗まで出向かなくても査定額の目安を教えてもらえます。 ただし、質屋の金利は年利に換算すると消費者金融の5倍とも言われていますので、短期間で返済をしないと利息負担が膨大になってしまう点に注意しましょう。

偽装質屋と呼ばれる悪徳業者に注意

偽装質屋は一般の金融機関ではお金を借りられない年金受給者や生活保護受給者などをターゲットにした闇金業者で、ほとんど価値のない品を担保としてお金を貸し付け、非常に高い利息を払わせる悪徳業者です。 お金を借りる際に年金や生活保護を受給している銀行口座の通帳や印鑑もいっしょに預けるよう言われ、返済期日が来ると預けていた通帳に振り込まれた年金などから元金と利息を自動引き落とし等で回収されてしまいます。 年金や生活保護費の受給権は担保にすることが禁じられていますので明らかな違法行為であり、一度関わりを持ってしまうと闇金業者との縁を断ち切れず生活が破綻してしまいます。 正規の質屋は質屋営業法に基づき都道府県から営業許可を受けています。都道府県公安委員会の許可番号が記されたプレートが店頭に掲示されているかを必ず確認しましょう。

国や市町村の支援制度でお金を借りる方法

各支援制度を利用してお金を借りる方法もあります。誰でも利用できるわけではありませんが、利用条件に該当する方は金融機関で借りるよりも低金利で借りられる可能性が高くおすすめです。

国や市町村の制度を利用する
生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度は、厚生労働省が管轄し都道府県社会福祉協議会が窓口となっている国民の生活を支えるための制度です。 収入の少ない人や高齢者、障害者のいる世帯に対して無利子から年率1.5%程度の低金利で貸付を行っています。 生活福祉資金貸付制度は次の4種類があります。

資金の種類 内容
総合生活支援資金

生活再建までの間に必要な生活費用

生活福祉資金貸付制度

「福祉費」生業を営むために必要な経費、日常生活上一時的に必要な経費

「緊急小口資金」緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に貸し付ける少額の費用

教育支援資金 低所得世帯に属する者が高等学校、大学又は高等専門学校に修学するために必要な経費
不動産担保型生活資金 低所得の高齢者世帯に対し、一定の居住用不動産を担保として生活資金を貸し付ける資金
生活保護制度

生活保護制度は貸付ではありませんが、生活に困窮している人を支援する制度です。

病気で働けない人やシングルマザーなどの生活困窮者に対して必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに自立の助長を目的としています。厚生労働省の管轄で、相談・申し込み窓口はお住まいの地域を所管する福祉事務所の生活保護担当です。

本人の収入と厚生労働省の定める最低生活費を比較し、収入が最低生活費を下回っていた場合に限り生活保護受給が可能となりますが、申請しても審査に通らないケースもあるため誰でも受給できるわけではありません。

生活保護制度を受けると車やブランド品などの贅沢品を持てなくなる、ローン契約やクレジットカード利用ができなくなるなどの制約があります。支援を受けるためにはそれなりの代償を支払う必要がありますので、自治体の担当者とよく相談の上申し込むことをおすすめします。

独立行政法人や一般社団法人の制度を利用する

国や自治体の制度以外にもお金を貸し付ける制度があります。

独立行政法人福祉医療機構「年金担保貸付制度」

福祉医療機構は福祉の増進と医療の普及向上を目的として設立された独立行政法人です。年金担保貸付制度は低金利で年金生活者の生活をサポートする制度で、法律により年金を担保にお金を借りることが認められている制度です。

年金証書を持っていて年金を受給している人ならば誰でも申込が可能ですが、現在生活保護を受けている人・過去5年以内に生活保護を受けていた人は申し込み資格がありません。

介護用品の購入や医療費の支払い・冠婚葬祭や住宅の改修費用など使用用途が制限されますが、年2.8%と住宅ローン並みの低金利で融資を受けられます。申し込みから融資まで45週間かかる点がデメリットですが、年金受給者は銀行や消費者金融からの借り入れが難しいため検討してみてください。

申し込みは独立行政法人福祉医療機構代理店と表示してある金融機関で受け付けています。

一般社団法人「生活サポート基金」

生活サポート基金は貸金業法に基づいて経済的に困っている人へ資金の貸し付けを行う一般社団法人です。消費者金融とは異なり営利目的ではありません。

一般的には多重債務者や自己破産者など金銭的にトラブルを抱えている人向けの制度ですが、生活の立て直しを支援する目的で貸し付けを行いますので生活向上の意思がない場合融資は受けられません。

契約後も貸し付けによって生活が改善したのか確認するなどアフターフォローも整っていて、生活を再建させたいと考えている方にはおすすめの制度です。

生活サポート基金の融資は東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県に居住している人のみが対象ですが、他の地域にも同じように支援を行っている機関がありますので気になる方は生活サポート基金の公式ホームページをご確認ください。

共済組合

学校の教員や警察職員、地方公務員など共済組合に加入している方には共済組合の貸付制度の利用をおすすめします。

公務員は職業柄安定した収入があると判断されるため銀行カードローンの審査にも通りやすいと考えられます。しかし、国家公務員共済組合連合会(KKR)ならば銀行カードローンよりもさらに低金利の年約1.26%で借り入れ可能です。

共済は組合員の生活を安定させる目的で貸付事業を行っていて、組合員の年収や勤続年数などを把握しているため審査もあまり厳しくない傾向にあります。

ただし、申し込む際に借入目的をはっきりさせる必要があり、生活費の補填などの理由では借入できません。車や家電などの生活必需品の購入費用、子供の入学費用など使用用途がはっきりしている人にはおすすめです。

住宅貸付を除き借入限度額は上限200万円ですので、より高額な融資を希望する方は銀行カードローンを検討しましょう。

勤務先の従業員貸付制度

勤務先が従業員貸付制度を導入している場合は、カードローンよりもかなり低い2.0〜4.0%程度の金利で融資を受けることが可能です。従業員貸付制度は企業が従業員を救済するために設けている福利厚生制度で、すべての企業に導入されているわけではありません。中小企業では設けられていなかったり正社員しか利用できない会社もあったりなど制約がありますので、自分が利用できるかどうかを確認してみましょう。

従業員貸付制度は申し込めば誰でも利用できるわけではなく審査が行われますが、信用情報の照会はありませんので金融ブラックの方や他社借入の多い方でも利用できる可能性が高いです。一般的に勤続年数が長いほど審査に通りやすく、借入限度額も高くなります。

会社によって判断は異なりますが使用用途が制限されるケースが多く、突然まとまったお金が必要になり困っている従業員への支援策だと考えてください。身内の葬儀、入院、天災による住宅修繕など緊急事態で借り入れ先を探している方は検討してみましょう。

しかし、退職時に残債があると一括返済を求められてしまいますので注意しましょう。

一時的に必要最低限のお金を借りる方法

財布を落としてしまって家に帰れない、盗難にあって所持金がない。

このようなケースでは、次の方法で必要最低限のお金を借りられる可能性があります。

警察で借りる

警察では公衆接遇弁償費を利用して必要最低限の金額を貸し出してくれることがあります。

公衆接遇弁償費は警視庁で導入されている制度ですので利用できるのは東京都のみですが、千葉県や大阪府でも同等の制度が導入されています。

交番や警察署で事情を説明し、緊急かつ正当だと判断されると1,000円を上限としてその場で借り入れ可能です。金利はつきませんが返済する必要があり、借りる際には借受願書に氏名や住所などの必要事項を記入して契約を行います。

督促に応じず返済しなかった場合逮捕される可能性もありますので、すぐに返済しましょう。

自宅に帰るための費用だけでなく、道端で具合の悪い人を見つけたが救護できるお金を持っていないなどのケースでも利用可能です。

未成年でも利用可能な制度ですが、親権者の同意が必要ですので親への連絡が必須です。また、身内が迎えに来られる、お金を持っていない理由がトラブルによるものでない時などは借りられない可能性もあります。

着駅精算を利用する

電車で自宅の最寄り駅まで帰る途中乗車後に切符や定期券を紛失してしまった、隣駅までの切符は持っているが最寄り駅まではたどり着けないなどのケースでは着駅精算の利用が可能です。

乗り越し精算を後日精算とさせてもらう制度で、最寄り駅で電車を降りる際に誓約書に記入すると不足分を後日精算させてもらうことができます。所持金が0円で乗車券自体を購入できない状況では利用できず、乗車後に不足した際の緊急対策と考えましょう。

家族や知人から借りる

お金の悩みを誰かに相談するのはとても勇気のいることですが、家族を始め周囲の誰かから借りる方法も検討しましょう。

親や知人から借りる方法ならば、大抵のケースでは利息負担がありませんので安心して借りられます。

知人に借りる際は次の3点に注意してください。

  • きちんと状況を説明する
  • 借用書を作成する
  • 贈与税がかからないようにする

たとえ家族間であってもお金の貸し借りはシビアな問題です。なぜお金が不足していて、何のために必要なのかを明確に説明してお願いしましょう。 また、いくら貸し借りしていつ返済するのかなどを明記した借用書を作成しトラブルの種を未然に対処しておくこともとても大切です。 親から借りるでも、年間110万円以上のお金をもらうと贈与税が課せられてしまいます。110万円以下の借り入れにするか、1年以内に返済すれば贈与税を支払う必要はありませんので、贈与税の発生を加味したうえで話を進めましょう。

シチュエーション別:お金を借りる方法

お金を借りると一言で言っても、人それぞれ置かれている状況も求めているサービス内容や条件も大きく異なります。

あなたにとって最適な借り入れの方法が探せるように、お金の借り方を求めるニーズや置かれているシチュエーション別にまとめました。

いますぐお金を借りたい

友人の結婚式や急な出張などで出費がかさみ、今月の生活費がどうしても足りない。こんな状況は誰でも一度は経験するものです。 このような時に即日中にお金を借りる選択肢を知っておくだけでも、心の余裕が変わってきます。

今日、明日でまとまったお金を調達するためにどのような選択肢があるかをまとめました。

安く借りたい

いますぐにお金を借りられなくてもいいから、金利を抑えて安くお金を借りたいと考えている方も多くいます。TVCMや広告は、サービスの認知やイメージに非常に大きく影響するため、何も考えずにパッと思い浮かんだ業者に申し込みをしてしまうともっと安く借りられたのにと後悔してしまうことも少なくありません。

下記のページにできる限り安くお金を借りる手段をまとめましたので、参考にしてください。

審査なしで借りたい

自分の収入に不安がある、すでに他社借り入れがあり審査に通るか不安がある、審査を待つ時間すらない。このようなニーズを持っている方でも、お金を借りる手段はいくつかあり条件を満たすことで審査なしでお金を借りることができます。

ただし、通常の銀行カードローンや消費者金融では審査なしで借りることは不可能になります。あくまでも、限られた条件の元のみですが、審査なしで借り入れを行う方法をまとめましたので、参考にしてください。

会社や家族にバレずに借りたい

世間から見ればカードローンやキャッシングのイメージは未だに悪く、できることなら家族を含めて誰にも知られることなく申し込みから入金まで完結したいニーズは非常に多くあります。

会社への在籍確認や自宅に届く郵送物など、何も考えずに申し込みをしてしまうとあっさりとお金を借りている事実がバレてしまうことも少なくありません。

家族や会社にバレることなく借り入れを行うポイントやそもそも借りたことがバレずらい仕組みになっている金融機関をまとめました。

担保や保証人なしで借りたい

いまだに担保や保証人を立てないと借り入れができないと考えている方もいますが、金額や条件次第で担保や保証人を用意することなく借り入れをすることは十分可能です。

下記の記事では、担保や保証人を立てずに借り入れをする方法を保証人や連帯保証人の違いなどの用語説明も含めて解説しております。

無職、または無収入でも借りたい

急にリストラにあってしまった、結婚をして専業主婦になったため社会的な立場として無職になってしまった。このように無収入になってしまったものの、どうしてもお金が必要な場面は多くあり多くの人が頭を抱えています。

無職、または無収入の状態では、借り入れなんてできるはずがないと考えてしまうことも多いですが、実は無収入でもお金を工面する方法はいくつかあります。

一時的に生活に困っている方やこれから職を失う可能性がある方は参考にしてください。

キャッシングナレッジの監修者について