プロミスは郵送物なしにできる?

プロミスなどの消費者金融で借り入れしたことは、できれば家族に内緒にしておきたいものです。特に学生さんの場合は兄弟や親にもバレたくないはず。

プロミスの場合、web完結を利用すれば郵送物をなしにできるため、親バレのリスクを最小限に抑えることが可能です。

プロミスの申し込み方法は3つのパターンがあります。

ネットのみで申し込めるweb完結、無人契約機もしくは店舗での来店契約、そして自宅に書類が送られる郵送契約です。

郵送契約は家族バレのリスクがもっとも高くなる契約ですが、実は来店契約も家族にばれるリスクがある契約方法です。

プロミスのweb完結であれば、郵送物がなくなるだけでなく、夜中や土日祝日でもキャッシングできるのもメリットです。

プロミスのWeb完結で申し込むとローンカードの発行がありません。キャッシュレスのためローンカードも郵送されませんし、契約書、利用明細書、お知らせなどの郵送物は送られてきません。

プロミスでは、申し込み時の登録口座に直接振り込む瞬フリを採用しているので、ATMに行く手間も省けます。利用手数料は0円で返済も自動引き落としですので、延滞するリスクも避けられます。

ただしすべての銀行口座が瞬フリに対応しているわけではないので、お持ちの口座が利用できるか確認しておきましょう。

平日 土日・祝日
三井住友銀行 24時間受付 24時間受付
じゃぱんねっと銀行 24時間受付 24時間受付
三菱UFJ銀行 24時間受付 24時間受付
ゆうちょ銀行 24時間受付 24時間受付
みずほ銀行 14:50~24:00は翌営業日に振込 受付は可能だが翌営業日に振込

月曜の0~7時はメンテナンスにより利用停止となるのでご注意ください。

プロミスの郵送物をなしにしても送られてくるケースがある

プロミスのweb完結を利用していても、親や兄弟にバレてしまうケースがあります。

プレミスでキャッシングしたことがバレるタイミングは主に3つあります。しかしこのタイミングさえ対策しておけばバレることはありません。

返済の遅延や在籍確認でバレることも

返済の遅延・延滞・無視はキャッシングにおいて御法度です。プロミスから督促状が郵便で届いたり、電話が自宅や会社にかかってくるので一発でバレます。
お金を借りたら返すのが鉄則です。返済は必ず守りましょう。

また、プロミスから在籍確認の電話がかかってくるタイミングでバレてしまうこともあります。

担当者がプロミスと名乗ることはありませんが、申し込み者本人以外が電話に出たら怪しまれる可能性があります。

しかし在籍確認の電話は時間指定することができるので、自分が電話に出てしまえばバレる可能性はぐっと低くなります。

プロミスのweb完結を申込む方法

プロミスの申し込み画面には、契約方法を選択できる部分があります。契約方法の項目でwebにチェックをしてください。

また書面の受取方法についての項目がありますので、web明細で書面を確認するようにチェックを入れてください。

web明細にすればプロミスからの郵送物は一切なくなります。プロミスの郵送物は自分の意思ですべて回避することができます。

もしもローンカードが必要になれば店舗に行ってカードを発行することもできます。キャッシングをしたいけど、親や兄弟にバレたくないと悩むよりはまずプロミスに相談してみましょう。