プロミス

【親・家族・会社にバレない方法】プロミスは郵送物をなしにできる?

借り入れした事実は、家族に知られたくないことこの上ありませんよね。特に学生さんの場合は兄弟や親にもバレたくないはず。

しかし、その心配は無用です。
プロミスのキャッシングはカードがなくても利用することが可能ですので、その方法を徹底解説します。

キャッッシング利用がばれるタイミング

キャッシングを利用していると知られたらあの人、借金しているだよねと噂の種になってしまいますよね。

キャッシングがバレるタイミングは主に3つあるのですが、逆にこのタイミングさえ対策しておけばバレることはありません。

返済の遅延・延滞・無視したとき

返済の遅延・延滞・無視はキャッシングにおいて御法度です。

督促状が郵便で届いたり、催促の電話が自宅や会社にかかってくるので一発でバレます。
【お金を借りたら返す】は鉄則ですが、返済は必ず守りましょう。

会社への在籍確認

在籍確認は審査において避けては通れない道です。

担当者がプロミスですと名乗ることはありませんが、申し込み者本人以外が電話に出たら知らない人から個人名で電話がかかってきたと怪しまれる可能性があります。

在籍確認の電話は時間指定することができるので、自分が電話に出てしまえばバレる可能性はぐっと低くなりますよ。

自宅に郵送物が届くとき

キャッシングカードが自宅に差出人:パルセンターで郵送されるのですが、家族がパルセンターってなんだ?と調べてしまえばプロミスが発行を依頼しているところだとわかってしまい、キャッシング利用がバレてしまいます。

郵送物をなくすにはWEB完結で申し込めばOKです。

web完結による契約方法

契約するにはネットのみで申し込める『web完結』・無人契約機もしくは店舗への『来店契約』・自宅に書類が送られる『郵送契約』のいずれかで行うことになります。

名前の通り郵送契約は家族バレがもっとも高くなる契約となりますが、実は来店契約も家族にばれるリスクがある契約方法です。

来店しているところを知り合いにでも見られてしまっては、噂の種になること間違いありません。

もっともばれないキャッシング利用方法はネットのみですべて契約完了となるweb完結です。

Web完結の魅力郵送物がないことだけでなく、時間や場所に限らず、夜中や土日祝日でもキャッシングが可能になる点です。

web完結を利用するために

Web完結ではキャッシングに必要なカードの発行がありません。
他にも契約書・利用明細書・お知らせなどの郵送物は送られてきません。

カードローン業者なのにカードがないのは不思議な感じがしますが、申し込み時に登録する口座に借り入れした額を振り込む瞬フリ制度を採用しているので、ATMに行く手間も省けます。

手数料は0円で返済も自動引き落としですので、遅延・延滞するリスクも避けられます。

ただしすべての銀行口座が瞬フリに対応しているわけではないので、お持ちの口座が利用できるか確認しておきましょう。

平日 土日・祝日
三井住友銀行 24時間受付 24時間受付
じゃぱんねっと銀行 24時間受付 24時間受付
三菱UFJ銀行 24時間受付 24時間受付
ゆうちょ銀行 24時間受付 24時間受付
みずほ銀行 14:50~24:00は翌営業日に振込 受付は可能だが翌営業日に振込

※月曜はメンテナンスにより0~7時は利用停止

web完結を申込むときの流れ

ネットから新規申し込みをした際の申し込み画面にてご希望の契約方法の項目でwebのところにチェックをしてください。

さらに申し込み画面に進むと、書面の受取方法についての項目でパソコンまたは携帯電話よりプロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認にチェックしてください。

この方法で申し込めば、郵送物は一切なくなります。

必要提出書類も50万以下であれば原則、運転免許証をスマホで撮影しておくるだけですので非常に簡単な申し込みとなります。

まとめ

プロミスの郵送物は自分の意思ですべて回避することができます。

もちろん、カードが必要になれば店舗に行ってカードを発行することができますので、プロミスがいかに顧客の目線にたっているかがわかりますよね。

キャッシングをしたいけど、会社や自宅にばれたら・・・。と悩むよりはまずは相談してみましょう。

プロのオペレーターが親身に相談にのってくれるので、お金の問題はすべて解決すること間違いありません。

ABOUT ME
cashingknowledge
20代前半でETC料金を踏み倒しブラックリスト入り。以降数年間を金融ブラックの現金主義者として過ごす。 お金の教育と信用の重要性を痛感しキャッシングナレッジを立ち上げる。 ユーザーの立場に立ち、本当に信頼できる中立で公正なメディアづくりを心掛けています。 キャッシングナレッジの執筆、編集、監修を担当。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です