楽天銀行

楽天銀行スーパーローンの返済シミュレーションを活用して返済計画を立てる方法

楽天銀行スーパーローンの返済シミュレーションを活用した返済額の調べ方や、シミュレーターを使った返済計画の立て方を解説します。

楽天スーパーローンに限らず、カードローンの利息自体は、とても簡単な計算式で求められます。しかし、返済計画に必要な総支払額や支払い回数、利息の総額などの項目を手動で計算するのは、時間や手間がかかってしまいます。

そこで登場するのが返済シミュレーターです。

返済シミュレーターとは、借入希望額や金利、返済方法などを入力することで、自動的に総支払額や利息を計算できる便利なツールです。

それでは、楽天銀行スーパーローンの返済シミュレーションを使って、利息の計算をしてみましょう。

楽天銀行スーパーローンの返済シミュレーターは、利用限度額、借入希望額、返済日を入力するだけで利用できます。

この3つを入力すれば、支払い回数や完済までの年月を自動計算できます。

利用限度額を選ぶことによって、適用金利が決定されます。例えば、利用限度額が800万円の場合は、年利率を1.9%と4.5%から選択できます。

しかし、利用限度額が50万円の場合は、14.5%で固定されます。借入希望額は自由に入力することが可能です。

返済日は、1、12、20、27日から選択することが可能です。

楽天銀行スーパーローンの返済シミュレーションは、必ず公式サイトのページを利用してください。

楽天銀行スーパーローンの返済方式は、残高スライドリボルビング返済方式のため、一般の返済シミュレーターは対応していない場合が多いからです。

その点、公式HPの返済シミュレーションは、楽天銀行スーパーローンの返済条件や計算式が組み込まれているので安心です。

返済シミュレーションで総支払い回数、総支払額、利息を計算したら、返済計画を立ててみましょう。

返済シミュレーションを活用した無理のない返済計画の立て方

返済計画を完成させるまでの流れは、以下のようになります。

  1. 返済シミュレーションで、総支払回数や利息を算出
  2. 家計の収支を確認し、返済に充てられる金額を決定
  3. 収入アップや節約・節制で収支の改善を実施
  4. 毎月の返済額を増額できるか判断

この流れを見ても分かる通り、返済計画は1回立てて終わりというものではありません。

定期的に家計の収支を見直し、返済シミュレーションを繰り返しながら計画を更新していく必要があります。

また、返済計画を立てるためには、家計の収支を確認できる家計簿も重要な役割を果たします。

もし家計簿をつけていないという方は、今日から早速つけ始めることをおすすめします。

返済計画にぜひ取り入れて欲しいのが、随時返済です。ボーナスの時期に随時返済をするだけでも、返済回数は短縮され、利息も減少するからです。

随時返済は、全て元金の返済に充当されるからです。

返済シミュレーションを行うことで、借りすぎや返済期間の長期化に対し、危機感を持ちやすくなります。

また、無理のない随時返済の計画や完済のめども知ることができます。

返済シミュレーションは、計画的な返済を行うための第一歩であり、返済計画の基礎だと覚えておきましょう。

カードローンの利息を計算する方法はとてもシンプル

  • 年間の利息=借入金額×金利
  • 1日の利息=年間の利息÷365日
  • 1ヶ月の利息=1日の利息×30日または31日

例えば、15%の金利で100万円を借入れする場合の利息は、次の通りとなります。

  • 年間の利息 100万円×15%=15万円
  • 1日の利息 15万円÷365日=約410円(小数点以下切捨)
  • 1ヶ月の利息 約410円×30日=約12300円

順を追って利息を計算していくと、金利や利息が自分の今の状況にとって、どの程度負担になるかということが理解しやすくなります。

ABOUT ME
cashingknowledge
20代前半でETC料金を踏み倒しブラックリスト入り。以降数年間を金融ブラックの現金主義者として過ごす。 お金の教育と信用の重要性を痛感しキャッシングナレッジを立ち上げる。 ユーザーの立場に立ち、本当に信頼できる中立で公正なメディアづくりを心掛けています。 キャッシングナレッジの執筆、編集、監修を担当。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です