楽天銀行

残高スライドリボルビング返済とは?メリットとデメリットをまとめました。

こちら記事では、代表的な分割払いの返済方式である残高スライドリボルビング返済について詳しく解説します。

残高スライドリボルビング返済は短縮して残高スライド方式と呼ばれることも多く、多くの銀行カードローンや消費者金融がこの方式を採用しています。

では、残高スライドリボルビング返済の言葉の意味や、仕組みを詳しくみてみましょう。

残高スライドリボルビング返済の基礎知識

残高スライドリボルビング方式と聞くと、なんだか難しいシステムのように感じますが残高スライドリボルビングの2つの言葉に分けて考えると、すんなり仕組みを理解することができます。

リボルビング(リボ払い)

リボ払いは毎月○○円返済しますという風に、月々一定額を返済する方法です。リボ払いで設定された返済額は最少返済額約定返済額と呼ばれ、毎月返済する最低限度の金額となります。

リボ払いの仕組みを簡単にまとめると借入残高や利用件数関わらず、毎月の返済額を一定金額に設定する返済方法です。

残高スライド方式

残高スライド方式は、リボ払いで設定される毎月の返済額が月々の借入残高に応じて段階的に変わる方式を指します。残高スライドという言葉の通り、借入残高によってリボ払いの金額がスライドしていくというわけですね。

以下は、残高スライドリボルビング方式における借入残高と毎月の返済額の関係の一例を簡単に表したものです。

借入残高と毎月の返済額の関係

これを見ると、借入残高の区切りによって毎月の返済額が変わること、返済が進み借入残高が減ると毎月の返済額も減少することが分かります。

残高スライドリボルビング返済のメリットとデメリット

残高スライドリボルビング返済の基礎が分かったところで、リボ払いのメリットとデメリットを確認します。

メリット
毎月の返済額を少額に抑えられる

残高スライドリボルビング返済では、無理なく返済が続けられるよう毎月の返済額が少額に設定されています。例えば、10万円以下の借入残高であれば約定返済額は2,000円と少額、100万円の借入でも月々の約定返済額が15,000円を超えることはありません。

残高スライドリボルビング返済は、毎月の返済額が少額で家計への負担が少なく、返済を無理なく続けやすい点がメリットです。

デメリット
約定返済だけでは元本が減りにくく借入が長期化しやすい

残高スライドリボルビング返済は、約定返済額が少額に設定されているため、約定返済だけを続けても元本が減らしづらいというデメリットがあります。毎月固定された返済額が少額な上に利息まで含まれているとなると、元本がなかなか減らないのは当然です。

約定返済のみで完済しようとすると、借入が長期化しやすく利息がふくらみやすいため注意が必要です。

借入残高を把握しづらい

残高スライドリボルビング返済は、毎月の約定返済額が少額に固定されるため、現在の借入残高を把握しづらいという難点があります。

  • 15万円借りても30万円借りても、毎月の返済額は5,000円
  • 60万円借りても100万円借りても、毎月の返済額は15,000円

といったように、同じ約定返済額であっても、実際の借入残高には大きな差があるケースが多々あります。

このため、毎月の返済額が変わらないからと油断をし、借入残高の把握をしないまま追加の借入を繰り返してしまうという方が少なくありません。

毎月の返済額が一定であるが故に借入残高の把握がしづらいという一面があるので、日常的な利用明細書・Web明細書のチェックが重要です

リボ払いを上手に利用する返済のコツ

リボ払い返済のコツを解説します。

定期的に借入残高を確認し返済計画を見直す

カードローンの借入残高は、毎月の返済額だけを確認していては把握が難しくなります。当月に借入をしたかどうかに関わらず、毎月必ず利用明細書Web明細書を確認し、借入残高を確認するクセをつけておきましょう。

また、借入残高を確認すると同時に返済計画を見直すことも大切です。

  • その月の約定返済額以外に繰上げ返済はできないか
  • 繰上げ返済した場合、どの程度の返済期間・利息が軽減できるか

借入残高を確認する際、簡単で良いので上記のような点をチェックすると、返済計画を再確認できると同時に、返済のモチベーションも上がります。

随時返済で早期完済を目指す

毎月の約定返済額だけ返済していては、元本を大きく減らすことはできません。そのためリボ払いでは、随時返済が大変重要になります。

随時返済を活用すれば、元本をスピーディに減らすことができるため、返済期間を大きく短縮することが可能です。返済期間が短縮できれば、その分金利も完済までの総支払額も少なく抑えるため良いことずくめです。

とはいえ、家計が苦しい時や収入が安定しない時に無理な随時返済をすると、後々追加借入が必要となるなど、本末転倒な事態に陥らないとも限りません。

随時返済は、手持ちの資金に余裕がある時に積極的に行い、元金に余裕がない時は約定返済を問題なく続けることを最優先することをおすすめします。

まとめ
  • 残高スライドリボルビング方式は、月々の借入残高に応じて毎月の返済額が段階的に変わるリボ払い
  • リボ払いは、毎月の返済額が少額のため無理のない返済が可能
  • リボ払い返済のコツは、定期的に借入残高を確認し、適宜随時返済を行うこと

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です