少額融資なら審査なしの安全なカードローンは存在するのか調べてみました。


お金を借りるときに気になるのはやはり【審査に通過できるかどうか】ですよね。

そんなときに審査なしで借りれるという噂を耳にすることも多々あると思います。

審査なしで融資を受けられるカードローンの真実と審査の実態について紹介をします。

目次



少額融資の場合は審査不要にできる?


さまざまな情報サイトでは審査は返済能力があるかどうかを確かめる為に行われるものです。と紹介されていますが、実はこれは正解でもあり、建前でもあるのです。

確かに返済能力のない人にお金を貸して返済がされなかった場合、貸金業者は損をすることになるので、返済能力がない人にはお金を貸しません。

ですから当然、少額の融資であっても審査不要にすることは絶対に出来ません。

しかし、今は保証人や担保のいらないカードローンを使用する場合にも保証会社による保証をつけて貸付をしているので、実際のところ、返済能力がなくても貸付することはできてしまいます。

ではなぜ貸付をするときに審査をするのか。

それは、貸金業者が貸金業法や銀行法に定められる内容に準じる営業を行うための物だからです。

貸金業は貸金業法や銀行法に則った運営を行わないと、行政処分を喰らってしまい、営業停止や貸金業を営む為に必要な財務局や都道府県知事の登録を剥奪されてしまう可能性があります。

カードローンにおける審査は、
1.あなたの返済能力に合わせた金額を設定する為
2.貸金業を営むための規則に準ずる為
の2つの目的の為に行われているのです。

特に、近年話題になっている総量規制に対しては貸金業者は細心の注意を払って審査を行いますので、現在の借入額が年収の1/3を超えているあなたは審査に対して慎重に臨まないといけません。

消費者金融のカードローンでも審査は必要

お金を借りるときに審査が必要なのはわかったと思いますが、ここで気になるのが審査が甘いカードローンとはどんなものなのかという点です。

結論からいうと、比較的甘いカードローンというのは審査通過率の高い消費者金融のカードローンのことを指します。

基本的にカードローンという言葉は銀行カードローンのことを指すことが多いですが、最近では消費者金融におけるキャッシングでもローンカードを使用した借入をすることからカードローンと表記されることが多くなってきました。

審査通過率が高いということは、審査が甘いということになります。

しかし、いかに消費者金融とはいえ、総量規制に引っかかってしまうと通常の借入はできません。

そこで活用したいのが審査通過率に定評のある消費者金融で、あなたが借りれる可能性のある形で借入をするという方法です。
このページをご覧の方は審査を受けたくない理由を持っているはずです。

その理由が時間であったり収入の問題であったりと様々ですが、その理由をクリアできる借入先があるなら、審査のあるカードローンを選択しても問題はないはずです。

あなたの今の状況で審査がネックにならない借入方法を選んで、正規の業者から借入をするようにしましょう。

目次へ戻る


銀行ATMのインビローンは審査に落ちない?


そして、もうひとつワンチャンあるのが銀行ATMのインビローンです。つまりATMでお金をおろす時に出てくるカードローンの案内(インビテーション)にのっかるという方法です。

ATMインビローンは何百万円という融資を受けることはできませんが、使い勝手が良くなぜかブラックリスト入りしている人でも出てきます。

これは私がブラックだったころに表示を確認しているので間違いありません。

運ゲー要素が払しょくできませんが、インビは給料の振込先として登録している口座や水道、ガス、電気と言った公共料金の引き落としが行われている口座に出てきます。

審査なしのカードローンはない、と表立っては言いたいところですが、インビローンは事実上、在籍確認も審査すらありません。また、あっけないほど即日融資で借りれます。

また、審査はあるけど審査がないに(等しい)消費者金融というのは存在します。審査に自信がなくても一度チャレンジしてみる価値はあるでしょう。

もっともワンチャンあるのはアイフルです。なぜなら、アイフルは銀行に所属していない独立系の消費者金融の為、審査方法や照会内容も独自だからです。

プロミス

いつでもどこでも早く借りたいなら

審査通過率 約43%
金利 4.5%〜17.8%
審査スピード 最短30分
使用用途 生計費(生活費、レジャー資金、教育資金など)に限ります。
テレビCMでも速さを売りにしているプロミス。
初回借入の際の速さはアコムやアイフルと同じ位ではありますが、瞬フリというサービスを利用することでいつでもどこでも一瞬で借入が可能になるサービスが人気の消費者金融です。

速さと借りやすさを求めるならプロミスがおすすめです。


アイフル
審査通過率 約46%
金利 3.0%〜18.0%
審査スピード 最短30分
使用用途 生計費(生活費、レジャー資金、教育資金など)に限ります。
大手消費者金融の中で唯一銀行グループの傘下に入っていないのがアイフルです。

銀行グループの傘下に入っていないということは、他社借入で問題を起こしていたとしても、正確な情報がアイフルには届いていないと考えられます。
審査通過率はアコムの方が上ですが上記の理由からアイフルは推しです。

今までに銀行カードローンや他の貸金業者で借入をして、何かしらトラブルを抱えている方にはアイフルがおすすめだと言えるでしょう。

アコム
審査通過率 約47% ※アコムマンスリーレポート
金利 3.0%〜18.0%
審査スピード 最短30分
使用用途 生計費(生活費、レジャー資金、教育資金など)に限ります。


審査通過率が高く、借入までのスピードが速いのがアコムの特徴です。
30日間の無利息期間や顧客対応満足度が高いこともメリットに上げられますが、
アコムは『はじめてのアコム』というように1社目のカードローンに選ばれることが多いため、審査通過率が高いようです。

・初心者の方。
・時間がない方。

におすすめですが、このページを見てくれている方にはやはりアイフルがおすすめです。
※当サイト経由申し込み数が多い順のランキングです
どの消費者金融も審査なしで借りれるというわけではありません。
審査はありますが、審査通過しやすい場所として紹介していますので、誤解しないようにしてください。

無職や失業中の場合はどうしたら良いの?


残念ながら無職で収入のない方はカードローンを利用することはできません。

貸金業者は総量規制という貸金業法に定められる年収の1/3以上の金額を貸付してはならないという決まりから収入のない人にお金を貸付することができません。

銀行法で運営しており、貸金業者のような縛りのない銀行カードローンも現在では貸付に対する審査を強化していますので、利用することはできないでしょう。

ですので、既に退職した高齢者の方は一般的には厳しいというのは間違いありません。一般的にはと言ったのは、地銀のカードローンは年齢上限が65歳とか70歳まで設定しているところがあり、さらに年金収入や土地を資産と見なして対応してくれる場合があるからです。長く付き合いのある地銀ならさらに可能性は上がります。

無職の方は安定した収入源を確保するためにどんなアルバイトでも良いので、職についてからカードローンの申込みをするようにしましょう。学生の方もこの限りではありません。学生だからと言って借りれないということはありませんが、当然安定した収入が必要ですのでアルバイトをする必要があります。

しかしここで注意が必要なのは、もしあなたが未成年であれば絶対に借りることはできません。アルバイトをしていたとしても無理です。未成年というのは20歳に達していないということですから、19歳は無理です。これは学生にも当てはまります。

そもそも、未成年なのにお金を借りないといけないという状況や理由はさまざまあるとは思いますが、親、親族、友人、知人をアテにする方があなたの未来は明るいです。お金を貸してくれる業者は、お金を貸すことで儲けています。おいしい話には必ず裏があります。もし未成年のあなたにお金を貸すと言う業者は間違いなくヤミ金です。

まとめると、現在少しでもアルバイトなどで収入を得ている成人の方であれば、あなたはカードローンを利用して借入をすることが可能です。

あなたの信用情報に問題がなければ、借入ができる可能性が上がります。

目次へ戻る


審査なしでカードローンを即日利用したい場合

審査なんか受けている時間はない!何とか早くお金を借りたい。

その場合は即日融資をしてもらえるカードローンに申込みをしてください。

急いで逸る気持ちもわかりますが、一時の焦りで違法業者に申込みをしてしまうと、後から絶対に後悔することになります。

今では、最短で30分以内に審査を終えて、最短1時間以内の借入ができるカードローンも多数存在します。

審査なしで貸してくれる業者は全て闇金と呼ばれる違法業者ですので、後々法外な金利をふっかけられたり、一括返済をしたいのに返済をさせてもらえないなんてことが起きてしまうかもしれません。

自分の身を守る為にも、違法業者に手は出さず安全に即日融資できるカードローンを活用するようにしましょう。

申し込みブラックの場合はどうしたら良いの?

返済遅延や申込みブラックなど、信用情報に傷がついて借入ができないなら、ブラックの方にも貸付をした実績のある、正規の中小消費者金融を利用するのも手段の一つとして挙げられます。

確かにブラックの方だと厳格な審査のある銀行カードローンではほぼ通らないことが考えられます。

しかし、だからといって審査のない怪しげなところで借入するのは得策ではありません。

また、自己破産したのか任意整理したのかブラックの重さにもよりますが、ブラックリストへの記載は一定の期間が経過すれば自動で消えます。過去にそのような経験があって心配な方は一度信用情報を取り寄せてみてはいかがでしょうか?

また、もしもあなたがまだクレジットカードを持っているなら、キャッシング枠を拡げる交渉をするという手段も残されています。きちんと返済をしていることが条件ですが、返済遅れをした程度ではキャッシング枠が広がらないということはあまりありません。サービス利用が出来ていますし、審査に落ちて傷がつくわけではないので一度チャレンジしてみるのもありです。

目次へ戻る


総量規制に引っかかっている場合はどうするべき?


あなたが総量規制に引っかかって借入ができないなら、貸金業法に基づく総量規制の例外を利用した借入を行うようにしてください。

総量規制には対象外となる借入の方法があります。
それが、貸金業法に基づく総量規制の例外を利用した借入。

あなたの複数社から借入している借金や、1社から高い金利で借入している借金を金利が安く、利用者が一方的に有利になる形でに借り換えをすることで、総量規制に関係なく借入ができるかもしれません。

借入残高を見られないが為にお金を借りるのは絶対にやめてください。あなたの人生を破滅に導く違法業者しかありません。

総量規制対象外の借入について知りたい方はこちらの総量規制対象外のページをご覧ください。

また、総量規制が心配な方には一つ裏ワザとしておまとめローンを利用するという手段が残されています。本来消費者金融も総量規制に引っ掛かると借りられないのですが、おまとめなどのローンの一本化をする場合には顧客に一方的に有利な借り換えに該当する為、総量規制の例外として扱われます。

これは貸金業法で定められています。複数社から借り入れをしていて、もう借りれる可能性が低いだろうから審査なしのところを探している、ということでしたらおまとめローンを検討してください。

ローンが一本化されるため返済サイクルの負担や金利の負担も軽減されるためおすすめです。
参考記事:おまとめローンの審査に通りやすい銀行はあるの?

この際、大手銀行のおまとめローンではまず審査に落ちて信用情報に傷が付きますので、アイフルのおまとめローンなど消費者金融の一本化商品を選ぶのが間違いありません。

総量規制対象外で何とか借りたいという属性の方は、もともと専業主婦の方に多かったのですが、特に大手銀行の利用は狭き門になってしまいました。

専業主婦の方が単独で融資を受けることは消費者金融ではできません。もしあなたが夫にばれずに審査なしで借りたいと思っているなら諦めざるを得ません。しかし、何とか家計を回す為に旦那さんに相談できる立場であれば可能性があります。

配偶者貸付は中小規模の消費者金融で扱っていることが多いのですが、大手消費者金融で利用することはできません。

総量規制の対象にはなってしまいますが、旦那さんにある程度の収入があれば、配偶者貸付という道があります。この場合、専業主婦つまり妻側に収入がなくても、夫の収入で審査をすることが出来ます。しかし当然の事ながら配偶者である旦那さんの同意が必要になります。

また、在籍確認によってカードローンの使用がばれてしまうのを恐れているあなたは、在籍確認に柔軟な対応をしてくれるカードローンを選択することであなたの不安を解消できるかもしれません。

在籍確認は、貸金業者が貸金業を営む上で貸金業法という法律に違反しないように、また、利用者に返済能力が本当にあるのかを確かめるために行われるものです。

そのため、原則在籍確認なしで利用できるカードローンというものは存在しません。

しか、電話ではなく、書類などを用いて在籍確認を行ってくれる可能性があるカードローンも存在します。

在籍確認なしのカードローンについては以下のページを参考にしてください。

在籍確認なしでお金を借りれるフリーローンは存在するの?

目次へ戻る


債務整理する前に自分の信用情報を調べてみよう
理由によっては、審査を行って借入をしても十分に借入ができることも考えられます。

状況や目的によってしっかりと判断をすることで、違法業者で借りなくても、安心してすぐに利用できるところがあるかもしれません。

信用情報についた傷が気になっているならあなたの信用情報がどうなっているのかを確認してみましょう。

カードローン審査における信用情報開示請求の方法

カードローンにおける審査に重要な役割を担う個人の信用情報。

貸金業を営む消費者金融や銀行は、個人信用情報機関という信用情報を扱っている機関から個人の信用情報を調べて審査を行っています。

この信用情報はなにも貸金業を営んでいないと見ることができないわけではなく、私たち個人でも見ることができるのです。

もしあなたが信用情報の傷を心配して審査なしのカードローンを探しているのなら、自分の信用情報が今どのようになっているのかを確認することがカードローン利用の鍵になるかもしれません。

個人の信用情報はCICJICC全国銀行個人信用情報センターに保管されています

今までの人生の中で、一度でも
・携帯電話の割賦購入をしたことがある方。
・クレジットカードを利用したことがある方。
・消費者金融や銀行からお金を借りたことがある方。
・なにかしらのローンを組んだことがある方。
は個人信用情報機関にあなたの金融商品の利用情報が登録されています。

もしあなたが携帯電話の支払いを遅延したことがあるから審査が心配カードローンの返済遅延を行ったから審査が心配というような理由で審査なしのカードローンの利用を考えているなら、一度個人信用情報センターで信用情報の開示をしてもらうと安心です。

CIC・JICCでの個人信用情報の開示は、日本各地にある窓口での情報開示もできますし、郵送による情報開示も行ってもらえます。

信用情報機関 窓口
CIC 首都圏開示相談室
北海道開示相談室
東北開示相談室
中部開示相談室
近畿開示相談室
中四国開示相談室
九州開示相談室
JICC 東京開示センター
大阪開示センター

CICとJICCはほとんどの貸金業者や携帯の割賦情報登録、ローン契約の情報登録がされていますので、どちらか一方の情報を確認するのではなく、両方の情報を確認するのがおすすめです。

ですが、JICCは東京と大阪にしか開示センターが存在しないので、どちらも郵送にて信用情報の開示を行うのがよさそうですね。


KSC(全国銀行個人信用情報センター)での情報開示

全国銀行個人信用情報センターでの個人信用情報の開示は、郵送でしか行っておりません。

電話での開示請求や窓口での開示請求には対応していないので、郵送で情報開示を行うようにしましょう。

金融事故情報の保存期間

ブラックの情報が気になって審査なしのカードローンを探している方も多いと思いますが、ブラックの情報は時間が経つと共になくなるのをご存知でしょうか?

CICやJICC、KSCなどで保管される信用情報は、ある一定の期間が経つとブラックの情報は削除されます。

それぞれの信用情報センターではどれくらいの期間ブラックのデータが保管されるのかを確認していきましょう。
CIC JICC KSC
延滞 5年 1年 1年
任意整理 5年 5年 5年
自己破産 5年 5年 10年
強制解約 - 5年 -
代位弁済 - - 5年

信用情報センターに登録される異動情報は、

・異動を起こした借入が完済されるまで
・完済後、信用情報センターに定められる月日が流れるまで

解消されることはありません。

しかし、もしあなたが金融事故を起こした借入の完済後、各信用情報センターの情報保管期限を過ぎているのなら、審査のあるカードローンでも借入ができるかもしれません。

絶対通るカードローンは存在しない

信用情報に問題がなければ審査なしのカードローンを利用する必要はありません。

また、借入までの早さを求めているなら、今では最短で1時間以内で借りれるカードローンがあります。

審査のない正規貸金業者は存在しませんので、あなたの不安の種を取り除いた上でカードローンは正しく利用するようにしてください。

しかし、こちらで紹介した通り、審査はあるけど独自基準を持ち審査通過率の高い消費者金融やATMといった裏技的な事が存在するのも事実です。

しかし、自体が相当深刻な場合、例えばブラックでクビが回らなくなっているのなら、一度弁護士に債務整理の無料相談をしてみても良いでしょう。

カードローンを利用するためには必ず審査が必要と紹介をしましたが、実際には街角のビラで宣伝しているカードローンが存在する。

そう思った方も少なくないでしょう。

確かに審査不要!極甘審査!絶対通るカードローン!と宣伝している貸金業者がいることは事実です。

しかし、これらの業者はどれも正規の貸金業者ではなく、違法の闇金です。

サラ金や街金と呼ばれる、ちょっと怪しげな中小の消費者金融でもお金を貸すときには必ず審査を行います。

そのため、審査なしを謳う貸金業者は、法の外にいる闇金しかありません。

  • ・法外な利息
  • ・法外な取立て
  • ・法外な利用規約

などを覚悟して後先どうなっても良いというあなたはお金をかりても良いかもしれませんが、その覚悟がないなら利用するべきではないでしょう。

日本の法律に守られた状態でお金を借りるなら、違法な業者からお金を借りるのはやめてください。