どうせなら、審査が通りやすいカードローンを選びたいところですが、実際には審査が甘いカードローンは存在しません。

そもそも消費者金融やカードローン会社自体が「審査が甘い」ことを謳うのは法律で禁止されています。

そのように謳う業者は闇金ですから注意が必要です。

どの程度の通過率であれば審査が甘いと言えるのかという問題がありますが、消費者金融各社によって審査通過率にばらつきがあります。

しかしどこの消費者金融も審査通過率が50%を超えることはありませんから、やはり審査は厳しいものです。

ですから、既に借入している方は、特に審査通過率を把握する必要があります。

審査が甘いところの通過率をまとめました

審査が通りやすいカードローン
カードローン会社によっては、審査通過率を公表しているところも存在します。銀行カードローンは審査通過率を公表することはありません。

しかしプロミス、アイフルといった大手消費者金融は、新規顧客成約率を公表しています。ですから、大手消費者金融の通過率を参考にして、受かりやすいカードローンを選ぶことができます。審査通過率が最も高い消費者金融が、審査が甘いところと言えるからです。

では、カードローン会社の通過率を比べてみましょう。ちなみに、各カードローン会社の企業情報サイトにおいて、審査通過率は成約率という言葉で記載されています。

直近の成約率の平均値を表にしてみます。なお、この成約率は他のどこのウェブサイトよりも新しい最新のデータを計算したものですから、最も正確な成約率です。

アイフル、プロミスは2020年3月期(上期)の月次データに、10月と11月の最新データを加えて平均値を算出します。レイクALSAについては、新生銀行の四半期決算情報を参考にしました。

審査が通りやすいカードローンの通過率
会社名成約率対象期間
プロミス46.3%2019年4月~2019年11月(出典:プロミス月次営業指標
アイフル約43%2019年4月~2019年11月(出典:アイフル月次データ
レイクアルサ30%2019年4月~2019年9月(出典:新生銀行2019年度第3四半期決算・ビジネスハイライト
SMBCモビット不明データなし

SMBCモビットは、成約率を公表しておりません。しかし、他社と比較して成約率が極端に低いということはないと考えています。

最も審査通過率が高いのがプロミス

プロミスは大手消費者金融の定番です。審査通過率が最も高く、借りやすい消費者金融と言えます。審査通過率が高い理由は、初めて借りる方が圧倒的に多いからです。

もし、あなたがはじめてカードローンを利用するなら、アイフルよりプロミスを強くお勧めします

最初にアイフルに申し込んでしまうと、もし2社目としてプロミスを利用することになり、審査が不利となります。つまり、1社目にアイフルで借りてしまうと、大手に警戒されてしまいます。

既に銀行カードローンや大手消費者金融でお金を借りている方には、借り換えニーズに積極的な楽天銀行カードローンかアイフルをおすすめします。

プロミスは審査が通りやすい

プロミスの基本情報
審査通過率約46.3%
実質年率4.5%~17.8%
融資に掛かる時間融資完了:最短1時間
借入限度額1万円~500万円まで

プロミスの特徴

  • WEBからの契約で最短1時間で融資可能。
  • 土日・夜間も24時間振込可能なのはプロミスだけ。
  • 初めて利用する方は30日間無利息。
  • WEB完結で郵送物なしも可能。


アイフルは他社借入している人でも審査に通りやすい

最も注目したいのはアイフルの審査通過率です。最新の通過率だけを見ればプロミスが46.3%ですので、一番通りやすそうです。

数字だけ見ると、アイフルの成約率はプロミスに劣っていますが、この数字には加味したい点があります。

それは、アイフルは既に他社借入をしている方の新規申し込みが多いという点です。

初めてお金を借りる方は、最初にプロミスやレイクALSAに申し込みをします。既に他社でお金を借りている方がアイフルに申し込んでいるにも関わらず、約43%という成約率を保っているわけです。

つまり、初めてカードローンの審査に申し込む方は当然のこと、既に他社借入をしている方にとっても審査はゆるめなのではないかと考えることができます。

アイフルの43%という通過率はかなり借りやすい部類にあると言えます。しかし一番知ってもらいたいのは、アイフルは独立系の消費者金融という点です。

先ほども申しあげたとおり、既にお金を借りたことがある人は殆どがプロミスで借りているでしょう。

つまり、既に借りている人がアイフルに申し込んでいるにもかかわらずこの審査通過率というわけです。

ですから、カードローン審査が緩いのはダントツでアイフルと言えます。
審査が甘い

アイフルの基本情報
審査通過率約43%
実質年率3.0%~18.0%
融資に掛かる時間審査:最短30分
融資完了:最短1時間
借入限度額1万円~800万円まで

アイフルの特徴

  • はじめてアイフルを利用する方は最大30日間金利0円
  • 即日融資可能。WEB完結なら郵送物一切なし
  • 融資可能か事前にわかる1秒診断を必ず利用する


究極に借りやすいカードローンはどこ?

審査に通りやすいカードローンの究極と言えば、中小消費者金融です。実際、ブラックの人でも借りられたという情報もありますので、審査が甘いと考える方も多いでしょう。しかし貸金業者自らが、審査が甘いと謳うことは絶対にありません

なぜなら、貸金業法第16条に違反するからです。貸金業法の管轄は金融庁ですから、行政処分の対象となった場合は業務停止となるリスクもあるからです。

ですから、キャッシングナレッジ編集部としても、カードローンの審査が甘いところはどこか?と聞かれてもその根拠を正確には示すことはできませんし、甘いですとは言えません。

審査の成約率が上がる時期がある?

カードローンの成約率が毎月変動しているというのをご存知でしょうか?つまり、時期によって審査通過率が高くなったり、低くなったりするということです。
申込のタイミングによっては、審査が厳しくなっているということもあり得ます。

これには、カードローン業界の繁忙期と閑散期が関係しています。一般的には、新規申込者が少ない閑散期に審査通過率が高くなります。逆に、繁忙期では審査通過率が下がります。これには、各社の月間融資件数が関係してきます。

申込件数が多い月は、月間融資件数を十分に満たすことができます。どれだけ申し込みが多くても、融資件数の上限がありますので、それ以上に貸すことはできません。

つまり、予算とノルマが存在するということです。カードローン会社も無限にお金を貸すことはできません。

カードローン会社の繁忙期は、年末と年度末です。つまり、12月と3月に申し込みが殺到することになります。オペレーターもパンク気味になりますから、ゆっくり審査をしている時間もありません。また、たくさん申し込みがあるのに、わざわざ他社借入をしている方やリスクのある方を通過させる必要はありません。

逆に、二八(にっぱち)はカードローン各社も閑散期に入ります。2月は個人消費も冷え込みますし、8月はお盆があり、気温も高い為購買意欲が下がります。つまり、

2月と8月はカードローンの新規申込件数が少なくなります。ですから、カードローン会社も審査を緩くせざるを得ないという訳です。

既に複数社から借り入れしている方にとってはチャンスの時期として覚えておいてください。当然、消費者金融だけでなく、銀行カードローンも季節によって審査通過率が変動します。

とは言っても、信じられない方もいるかと思いますので、各社の成約率が時期によって異なるのか確認してみましょう。
2月は審査が緩い
上の写真はプロミスの最新の月次データです。2月の成約率は44.4%となっています。しかし、12月の成約率は43.4%、3月は42.9%となっています。写真をクリックすると大きくなりますので、ご確認ください。

プロミスの成約率の最高値
最も成約率の高かった月は5月でした。成約率は47.3%もありました。逆に、最も成約率の低かった月は1月で、42.0%でした。

審査を申し込む時期によって、審査通過率が5.3%も異なることになります。

2019年3月期の月次データをベースに、新規申込者数の平均を算出すると46,669人でした。もちろん申込者数が多い月もあれば、少ない月もありますが、審査が緩い時期は2473名も新規顧客数が増加する計算になります。

審査が緩い時期の新規申し込み数
1月5月
プロミスの新規申込数46,03150,587
プロミスの新規顧客数19,33423,928

このように、必ずしも2月と8月が最も審査が通りやすくなるとは言えないのですが、少なくとも年末年始は審査が厳しくなる傾向にあると言えそうです。
逆に、年度末である3月を超えた後の審査通過率は、高くなる傾向にあり、安定しています。

とは言え、中小消費者金融は限度額も低い上に、審査に落ちてしまうともう後がありません。

この記事では銀行カードローンと消費者金融の違いを徹底解説します。それぞれのメリットやデメリット、融資に向いている人についてまとめています。カードローンの申し込みを検討している方は、参考にしてください。

銀行カードローンと消費者金融には、大きく以下の違いがあります。

銀行カードローン消費者金融
金利(目安)年率2.0~14.6%年率3.0~18.0%
サービスATM利用手数料無料無利息期間あり
審査時間翌営業日以降最短30分
審査の通りやすさ厳しい?甘い?
総量規制対象外対象
在籍確認ありあり(一部)

それぞれの違いについて、これから詳しく解説します。

銀行カードローンより消費者金融の方が審査は甘いの?

銀行カードローンは、消費者金融と比較して金利が低く設定されていることが大きなメリットです。

ですから多くの方が銀行のカードローンに申し込んでしまいます。しかし2社目、3社目の借入となると、銀行カードローンの審査は決して甘くはありません。

確かに大手銀行カードローンの上限金利は、12.475%~14.6%と魅力的な数字です。これは大手消費者金融の上限金利よりも低いです。

ただし、短期間の借入であれば消費者金融の無利息キャンペーンを利用することで、審査が通りやすいというメリットを享受しながら、金利を低く抑えることが可能です。

消費者金融なら審査が柔軟な上に金利を抑えられる

大手消費者金融の多くは無利息期間を設けています。無利息サービスは、一定期間内に返済すれば利息がかからないというサービスでです。

レイクALSAやプロミスなどの大手消費者金融であれば、契約日の翌日から30日の無利息期間を設定しているところがほとんどです。

ただし初めて契約する方が限定のサービスです。

中小消費者金融のノーローンは、借入から1週間以内に返済すれば何度でも無利息になるサービスを実施しています。

一方の銀行カードローンは、審査が厳しい上に無利息キャンペーンを実施しているところはありません。

銀行カードローンの場合は提携ATMの手数料が無料になるサービスを展開しています。つまり、長期間の借入であれば銀行が有利です。

専業主婦は審査に通りやすいネット銀行系のカードローンを利用する

収入のない専業主婦は消費者金融の審査を受けられません。しかし一部の銀行カードローンでは専業主婦の利用も可能です。

しかしバンクイックやみずほ銀行カードローンなど、大手銀行カードローンの審査は甘くありません。

ですから専業主婦の方は、楽天銀行カードローンやセブン銀行と言ったネット銀行系のカードローンに申し込んだ方が無難です。

ネット銀行系のカードローンはメガバンクのカードローンと比べれば審査が甘いと言えます。

ただし専業主婦の場合は借り入れ上限額が50万円までに制限されます。

確かに銀行法は総量規制の影響をうけませんが、最近では過剰貸し付けしないように自主規制を設けています。

ネット銀行系の審査が緩いと言ってもあくまで銀行カードローンです。もし既に複数社から借りている専業主婦に対しては審査が厳しくなりますので注意が必要です。

中小消費者金融の審査は甘い?

中小消費者金融の審査に落ちてしまうと、もう後が無くなります。信用情報に最悪の傷をつけてフィニッシュです。

ですから、初めて借りる方もいくつか借りている方も、まずは大手消費者金融に申し込んでください。

また、大手消費者金融で利用していない所があるならば、まずはそちらを利用した方が無難です。

だからといって、何社も同時に申し込むのはNGです。一定期間に3社以上申し込むと、申し込みブラック認定されるからです。

その場合は、どこの審査にも通らない最悪の状況になりかねないからです。ちなみに、あなたはご自身の信用情報を把握していますか?

カードローンを利用するときには、申込みをした貸金業者があなたの信用情報を確めています。そして、貸付して問題がないと判断されない限り、お金を借りることはできません。

そのため、あなた自身の信用情報がどうなっているのかを把握する必要があります。問題がある場合は、審査に通過することができない場合も十分に考えられます。

また、借入が3件以上あれば、多重債務者として信用情報に登録されています。

また、長期の返済遅延や債務整理をしていれば、金融事故を起こしたという情報が登録されます。

さらには、現在の借入金額が年収の3分の1を超えている場合、その情報は信用情報として登録されています。その場合に、貸金業者に申し込みをしても、審査に通る可能性はゼロです。

中小消費者金融は大手消費者金融よりも新規顧客の獲得に貪欲です。そのため、大手消費者金融よりも審査が甘いと言われていますが、そんなことはありません。

実際に、金融事故を起こしたことのある、いわゆるブラックの方の申込が多々あります。そのため、公表されている審査通過率は意外と低いものです。

代表的な中小消費者金融

  • キャッシングのフタバ
  • フクホー
  • キャネット
  • セントラル
  • ライフティ
  • AZ
  • スペース
  • エイワ

上記の会社は、日本貸金業協会の会員名簿にも掲載されている消費者金融です。

もちろんヤミ金などではありません。ですから、独自ではありますが審査があります。

カードローンの審査の基準は会社によって異なります。実際の所、各商品を扱っている会社によって審査基準に特徴があります。

カードローンに通りやすくするために押さえておきたいポイント

  • カードローン業者の得手・不得手の把握
  • 審査通過率の確認
  • 自分の信用状況の把握

この3つを押さえておけば、金融事故を起こしていたり、借入できない状況にない限りは、審査に通らないことはほぼありません。

カードローンを比較してみると、金利設定に差があったり、サービス内容の違いがすぐにわかります。

これは商品の差別化を図り、他社のカードローンよりも魅力的に見せる為の戦略と感じるかもしれません。しかし、実際はそうではありません。

例えば銀行カードローンと消費者金融を比較してみましょう。多くの銀行カードローンでは最大金利が15%未満であるにも関わらず、消費者金融では最大金利を18.0%に設定しているところがほとんどです。

最大金利が低いということは、少額貸付をおこなったところで、銀行の利益に繋がりません。ですから、高額融資を得意としていることが読み取れます。

しかし消費者金融の場合は、総量規制が適用されます。ですから、高額融資を出来る顧客が限られます。その為、新規顧客から少しでも多くの利益を得るために、法律で定められる最高金利が設定されています。

これは、消費者金融が新規顧客の開拓を行い、少額貸付を数多く実行したいという気持ちの表れです。

ですから、消費者金融は少額貸付を得意としていることがわかります。つまり、少額の融資に対しては審査が甘いと言えます。

カードローンの金利やサービスなど、設定が異なる部分に目を向けると、得意としている審査内容が浮かんできます。

極端に言えば、金利が高いカードローンは借りやすいと言えます。

審査に通りやすいカードローンを探すなら、あなたの希望額を引き受けてくれるカードローンに申込みをするようにしましょう。