即日キャッシング可能な審査の甘い消費者金融をリストアップしました

残念ながらキャッシングをするときに審査なしでお金を借りることができる場所はありません。

しかし、消費者金融なら銀行でお金を借りるよりも審査が甘いとは言えます。さらに即日でキャッシングを受けたいのであれば消費者金融を利用するのがおすすめです。

消費者金融がおすすめな理由は

  • 1.審査終了まで最短30分で終了するから
  • 2.銀行カードローンよりも審査が甘いと言われているしやすいから
  • 3.大手消費者金融ですので、安心して利用することができるから

の3つ。

しかし、最短でお金を借りたいと思う気持ち強すぎて、正確な判断ができない方も多いはず。

消費者金融と言っても、大手から街金と呼ばれる中小消費者金融まで様々あります。

中小消費者金融は怪しいと思っている方も多いかも知れませんが、実際の所ヤミ金でもなければ、国のルールをしっかり守って業務に当たっている会社です。

ヤミ金かもと警戒心を持ってしまってチャンスを逃してしまっている方も少なくないことから、このページでは安全に借入ができる中小消費者金融の紹介も行っていきます。

またキャッシング先を選ぶうえでの注意点を紹介します。

目次

即日でキャッシングに対応しているキャッシング先まとめ


プロミス

金利 審査通過率
4.5%〜17.8% 約43%
審査スピード 土日
最短30分 OK
保証人 親会社
不要 SMBC三井住友銀行


プロミスのメリットは、

借入までの早さ
自動契約機の多さ
金利の低さ

の3点。

三井住友銀行グループの子会社であるSMBCコンシューマーファイナンスファイナンスのプロミスは、お前達!やっぱりプロミスだ!でおなじみのテレビCMからもわかるとおり、審査完了までの時間や借入までのスピードを強みとしている消費者金融です。

三井住友銀行ATMとも提携しており、ローンカードが発行できる自動契約機の数の多さも業界No.1。自動契約機を探して遠くまで足を運ぶ必要がありません。

また、即日でキャッシングの場合は50万円以下のキャッシングとなる方が多いと思いますが、プロミスは他社消費者金融とは違い最高金利を17.8%と低く設定しています。

50万円以下の借入は通常だと最高金利が当てはめられる可能性が大きいのですが、プロミスなら他社よりも0.2%金利を低く借りることが可能になるんですね。

スピード借りやすさ借りた後のメリットの面で、プロミスは即日キャッシングに最適な消費者金融だといえるでしょう。

アコム

金利 審査通過率
3.0%〜18.0% 約47%
審査スピード 土日
最短30分 OK
保証人 親会社
不要 三菱UFJフィナンシャル・グループ


アコム最大のメリットは

借入までの早さ
審査通過率の高さ
安心感

の3点。

貸金業者の老舗であるアコムは他の消費者金融に負けない審査スピードと借入までの速さを持っています。

審査回答最短30分で、借入までの時間も最短1時間と即日キャッシングで不動の人気を誇るプロミスに負けないスピード感を持っています。

また気になる審査の甘さもについても、消費者金融の中でもっとも審査通過率が高い為、審査が甘い消費者金融と言えます。

1948年から金融業を始め、今ではメガバンクである三菱UFJフィナンシャルグループの子会社となっているアコムは、消費者金融の中でも歴史が長く、安心して利用するに値する消費者金融だといえます。

アイフル

金利 審査通過率
3.0%〜18.0% 約46%
審査スピード 土日
最短30分 OK
保証人 親会社
不要 なし


アイフルの強みは

親会社がいない
企業好感度が高い
対応が早い

の3点。

アイフルは大手消費者金融の中で唯一銀行の傘下に入らず運営を行っている会社です。

銀行や親会社を持たないことで、無駄なしがらみがありません。その為利用者に還元できる独自のサービスを生み出すことができます。

○○銀行でブラックリストに入っているからこの△△金融では借りれない。ということもありません。

親会社のない強みを全面に出したサービスで、高い審査通過率を誇っています。

最近ではユニークなテレビCMを流したり、して企業好感度も年々アップ。一時期流れていた取立ての柄の悪さなども耳にしなくなりましたので、安心して利用することが可能だといえますね。

また、親会社という後ろ盾がないからこそ、対応の早さも魅力の1つです。

SMBCモビット

金利 審査通過率
3.0%〜18.0% 非公開
審査スピード 土日
最短30分 OK
保証人 親会社
不要 三井住友銀行グループ

モビットの強みは

web完結
仮審査が早い

の2点。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

スマホやwebのみの利用で借り入れまでを済ませるweb完結機能を業界で初めて導入したのがモビットです。

面倒な手続きをさっと済ませることに対していち早く目をつけ、サービス展開をしてきました。

仮審査を受けるための項目がとても多いのが難点ではあります。

しかし、仮審査の項目が多いことで本審査を受ける前に今自分が借りれるかどうかをしっかりと判断することができるところが魅力です。

審査時間が長いのは即日でキャッシングにおいては致命的。

モビットの場合は無駄に本審査を受ける時間を省ける為、時間を有効に使うことができます。

目次へ戻る


ほとんどの銀行カードローンは即日でキャッシングをおこなっていない



これにより、銀行カードローンで即日でキャッシングを受けられるのが2017年12月となり、2018年以降は行えないことになりました。

それに際して2017/9/18には、全国銀行協会が国内銀行の過剰融資に歯止めをかけるために、各カードローンに対して短時間審査を謳う広告表現を削除するように指示を行い、2017/12月現在、銀行カードローンの最短即日審査などの表現がされない状態となっています。


消費者金融による過剰貸付の制限が2010年から始まり、それに伴って年々急増していた銀行による過剰貸付にもストップがかかったというわけです。

この動きに伴い、過剰融資を促す可能性がある即日でキャッシングの見直しが開始されるようになったため、銀行カードローンによる即日対応は実質行えなくなったといえるでしょう。

即日でキャッシングを受けるならウェブ申し込みが大前提


キャッシング先が決まっても、当日に借りる方法を理解していないとその日のうちにお金を借りることができないかもしれません。

即日で成功させる為にweb申込みは絶対条件。

まず申込みをして審査を開始してもらわなければなにもはじまりません。

ここからは即日でキャッシングを成功させる方法や注意点について紹介します。

お金を借りるまでの流れは以下の通り。

  • 1.申込み
  • 2.審査開始
  • 3.審査結果確認
  • 4.契約手続き
  • 5.口座振込み又はローンカード発行による借入

大手消費者金融でも中小消費者金融でも、審査がスムーズに終了すれば1時間以内での借入が可能となります。

基本的にはどの申込み方法でも、審査に通過することができれば1時間以内に借入することが可能です。

しかし、そんな中でweb申込みをおすすめするのにはちゃんと理由があるのです。

キャッシングはweb申込みがおすすめな理由

web申込みがおすすめな理由は時間が無駄にならないからです。

通常、申込みをした後に行われる審査は30分ほどで終了します。

申込み方法には

  • ・web申込み
  • ・自動契約機申し込み
  • ・電話申込み
  • ・店頭申込み

の4つの方法がありますが、店頭申込みや自動契約機申し込みを選んでしまうと審査を待っている時間が最低でも30分ほどできてしまうのです。

それだったら、空いた時間にweb申込みをして自動契約機に向かい、時間をロスせずに審査結果を受け取ったほうが時間を有効に使うことができますよね。

また、自宅や職場でweb申込みをするのであれば、申込み時に確認したい自分の収入や会社の情報もすぐに確認することが可能です。

当日中に借りたいからこそ、web申込みは重宝する申込み方法だといえますよね。

お金を受け取るときはローンカード発行を選んでください

お金を受け取る方法には、2つの方法があります。

口座振込みとローンカード発行(専用口座開設)で受け取る方法です。

お金を受け取れるのであればどちらでも構わないと思うかもしれませんが、口座振込みでお金を受け取る方法は、場合によっては当日中にお金を受け取ることができない可能性があります。

口座振込みでお金を受け取る場合、借入先の貸金業者が銀行口座に振り込み手続きを行います。

ということは、銀行の振込み業務が終了してしまうと、当日中にお金を受け取ることができなくなってしまうということです。

もし口座振込みでお金を受け取りたいのであれば、平日の14:50までに申込み〜契約までの手続きを全て終えておく必要があります。

余裕をみて14:00までに済ませておくともっと安心です。

ですが、そんな口座振込みよりおすすめなのが自動契約機でローンカードを発行してお金を受け取る方法。

自動契約機なら、土日祝日問わず営業時間内ならいつでもローンカードを発行することが可能です。

プロミス 9:00〜22:00
※一部営業時間が異なります。
アコム 8:00〜22:00
※一部営業時間が異なります。
アイフル 8:00〜22:00
※一部営業時間が異なります。
SMBCモビット 9:00〜21:00
※一部営業時間が異なります。

自動契約機を利用したローンカード発行によるお金の受け取りなら、曜日を気にすることはもちろん、仕事終わりの飲み会前でもちゃちゃっとキャッシングすることが可能です。

キャッシングしたいときにいつでも銀行が開いているわけではありません。

そういった点で、即日のキャッシングを行うなら自動契約機を利用したお金の受け取り方を選ぶのがおすすめだといえるでしょう。

目次へ戻る


中小消費者金融はやはり審査が甘い?


ブラックだから大手で借りれない。審査が不安だからもっと甘めなところが良い。

そんなあなたは即日でキャッシングに対応している中小消費者金融を利用するのも1つの手です。

大手消費者金融とは異なる独自の審査基準を持っている中小消費者金融なら、審査に不安なあなたでも審査通過できる可能性があります。

即日でキャッシング可能な中小消費者金融一覧


ノーローン


即日でキャッシングが可能で、1週間無利息が何度でも利用可能のノーローン。
新生銀行グループで、即日キャッシングのノウハウのある中小消費者金融です。

審査通過率が低く、審査は甘くないと有名ですが、中小の消費者金融の中でも信頼できる消費者金融となっています。

ライフティ



ライフティは即日キャッシング可能な消費者金融の1つです。
当日13時までの申込みで、無事に審査に通過できれば即日でお金を受け取ることができます。

ブラックでも審査に通ったという噂もありますし、簡易審査で多重債務で診断をしたら融資可能という診断も出ました。
審査が甘めのところを探しているならねらい目かもしれませんね。


 


セントラル


当日14時までに申し込みを済ませておけば、即日キャッシングが可能なセントラル。

信用第一の消費者金融で、安心した中小の消費者金融利用ができる会社です。
審査は大手消費者金融と比べても甘めで、
ちょっと審査が不安。。。
というあなたにおすすめの消費者金融となっています。

いつも

申込みから振込みまで最短45分。
即日キャッシングの強い味方のいつもは、ブラックの方にも融資実績のある消費者金融です。

利用用途や条件に合わせて柔軟な対応をとってくれるので、中小の消費者金融の中でも高い人気を誇っています。



 


キャッシングのフタバ

実質年率:14.959%〜17.950%
融資額:10万円〜50万円
中小消費者金融としてはメジャーなイメージのあるフタバ。融資額は50万円までと少額融資向けです。

アルバイト、派遣の申し込みも可能で、即日でキャッシングが受けられます。保証人や担保は不要です。

アルコシステム

実質年率:18.0%00%(10万円未満の場合は20.000%)
申し込みはウェブのみの受付で、電話申し込みはできません。返済期間は最長5年。
平日であれば即日対応が可能です。ただし、銀行振込対応なので、窓口が終わるまえに余裕を持った申し込みが必要です。


 


フクホー

最もメジャーな中小消費者金融と言えばフクホー。大阪の消費者金融ですが、即日でキャッシングの場合は少しハードルが高いです。

審査は甘いという評判が多いのですが、即日対応の場合は大阪に来店しないといけないという難点が・・・。

キャネット

実質年率:15.0%〜20.0%
融資額:50万円まで
返済期間:最長5年間
審査スピードも速く即日でキャッシング可能。ただ、キャネットは北海道の消費者金融ですので、原則北海道在住の方のサービスになります。



 


キャッシング・消費者金融のエイワ

実質年率:17.9507%(10万円以上)、19.9436%(10万円未満)
融資額:1万円〜50万円
返済期間:最長3年
全国に24店舗を構えるエイワ。審査から融資まで一貫して対面与信。つまり、店舗に行く必要があります。
しかし、AIに自動ではねられることもない為、かなりワンチャンありますね。

中央リテール

実質年率:10.95%?13.00%
融資額:500万まで
返済期間:最長10年
返済期間が最長10年と長いのは、おまとめ商品だからです。その為、融資額も500万円までと高額ですが、通常のフリーローンはありません。


 


アロー

実質年率:15.00%〜19.94%
融資額:200万円まで
返済期間:5年
借り換えローンにも対応しているアロー。独自の審査基準を持ち、即日でキャッシングも可能です。申し込みはネット受け付けのみです。

スカイオフィス

実質年率:15%?20%
融資額:1万円〜50万円まで
返済期間:最長5年
来店不要、即日対応可能で審査スピードに定評があるのがスカイオフィス。
最短30分での審査が可能です。