借金減額診断とは、債務整理をした場合に、借金がどの程度減額するか知ることができる無料サービスです。

この言葉を知っている時点で、あなたはかなり切羽詰っているのではないでしょうか?

頑張って借金を返済してきたけど正直かなり苦しい。借金が減って楽になるならそうしたいと思っているかもしれません。

そんな方たちに一度試してみて欲しいのが、借金減額診断です。 このサービスを利用したとしても、債務整理や任意整理を実行する必要はありません。

借金が減額できると聞くと、詐欺じゃないかと怪しく感じる方もいます。しかし結論から言って、借金減額診断は怪しいシステムではありません。一般企業が運営しているサービスを大手の法律事務所が利用しています。

最近では借金減額チェッカーとか、借金返済シミュレーターとも呼ばれています。

無料サービスを提供して必要があれば債務整理をおこなうという仕組みです。これが借金減額シミュレーターのからくりです。

債務整理で借金を減額する方法は3つあります。もっとも一般的な方法は任意整理です。

任意整理とは

任意整理とは、弁護士や司法書士が債権者と交渉し、将来利息のカットや現実的な返済可能額まで減額を目指す方法です。
長期分割弁済の和解を成立させることにより、3~5年程度の長期分割による返済が可能です。

借金を大幅に減額できる方法が個人再生です。

個人再生とは

個人再生とは、裁判所に債務の減額を申し立てることにより、原則として債務が5分の1に減額される方法です。
債務者が申し立てをして再生計画案が認可された後は、3年から5年をかけて残りの債務を分割で支払います。

任意整理は元金の減額をすることはほぼできませんが、個人再生であれば任意整理と比較すると、債務の元金を最大9割減額することができます。

借金の減額に利用されることはあまりありませんが、自己破産も方法のひとつです。

自己破産とは

自己破産とは、裁判所に破産申立書を提出し、免責許可を得ることにより全ての借金をなくす方法です。
自己破産は、破産法2条11項にある支払い不能の状態と認められることにより成立します

債務整理については、こちらの金融庁のPDFが参考になります。

借金減額診断は、借金がどのくらい減額されるかだけではなく、過払い金がある場合も教えてくれます。

過払い金とは、多く返済しすぎていたお金のことで、過払い金請求をすることで過去に払い過ぎていた利息を返してもらうことができます。

過払い金が返還される可能性のある方は、2010年6月以前から返済をしていた方です。

平成22年6月18日以降は、出資法の上限金利が20%に引き下げられました。

その為、出資法改正前の上限金利である29.2%との差額が返還請求対象となりました。既に完済している場合も10年以内であれば過払い金の返還請求が可能です。
参考リンク:貸金業法のキホン:金融庁

借金減額シミュレーターは安全なの?

論より証拠ということで、キャッシングナレッジ運営メンバーにお願いして借金減額シミュレーターをやってもらうことにしました。

試してみたのは、一般企業が運営している
こちらの借金減額シミュレーターです。

東京ミネルヴァ法律事務所という名前がついていますが、全国対応している大手法律事務所の一つですので安心して試すことができます。

アーク東京法律事務所も有名ですが、同じ企業のシステムを利用しています。大手の法律事務所なので、電話番号やメールアドレスが漏れる心配はありません。

また借金減額診断のアプリを探している方がいらっしゃいますが、今のところアプリによるサービスはありません。月額課金で相談料を取られたりするようなアプリがあれば、それは詐欺です。

  • 減額診断スタートのボタンを押す

実名じゃなくてもOKです。借金減額シミュレーターは無料なのでかなり精神的なハードルが低いです。

  • 項目を入力する

入力項目として用意されているのは、以下の四つ。

  • 借入社数を教えて下さい。
  • 現在の借入金額を教えて下さい。
  • 毎月の返済額を教えて下さい。
  • 最初に借入をした時期を教えて下さい。

借入社数についての選択項目は6つに分かれています。
借入件数を選択する

  • 1社
  • 2~4社
  • 5~7社
  • 8~9社
  • 10社以上
  • 15社以上

15社以上なんて選択肢も用意されているのは驚きです。診断項目が6つに分かれていることには大きな意味がありそうです。

現在の借入金額は選択肢が5つに分かれています。診断項目は75万円で区切られています。
現在の借入金額を選択する

  • 10万円以下
  • 11~75万円
  • 76万円~200万円
  • 201万円~499万円
  • 500万円以上

返済額は4つに分かれています。毎月の返済額を下げたい場合は、借金減額シミュレーターにとっても重要な情報になりますので正確に入力してください。
毎月の返済額を選択する画面

  • 3万円以上
  • 4~10万円
  • 11~19万円
  • 20万円以上

最初に借入した時期も入力が必要です。この項目はあらかじめ調べておいた方が診断がスムーズです。
借入時期を選択する項目

  • 平成15年よりも前
  • 平成15年~25年ごろ
  • 平成26年~29年ごろ
  • 平成30年以降

ですから借金減額シミュレーターを利用する前に手元の書面で調べておいてください。借入先に問い合わせするのも良いです。

ここまで入力し終えたら次へのボタンを押します。ここを適当に入れていたら何の意味もありませんし、匿名診断ですので恥ずかしいこともありません。

きちんと調べて正確に入力してみます。

現在も借金を滞納中なのか、過去に完済歴があるのかを二択で答えます。滞納中の場合、その旨きちんとチェックします。

滞納中の借金の有無について回答する

  • 現在、滞納中の借金はありますか?
  • 過去に完済した借金はありますか?

入力を完了したら次へのボタンを押します。メールアドレスや雇用形態など、上記6つの項目を入力します。

電話番号に関しては、固定電話の入力ができないので注意が必要です。名字に関しては匿名で問題ありません。
個人情報を入力する画面

  • 都道府県を教えてください
  • ご連絡先メールアドレスを入力してください
  • 電話番号を教えてください
  • 苗字を教えてください
  • 性別を教えてください
  • 雇用形態を教えて下さい

雇用形態は以下の4パターンから選択します。
雇用形態を選択する

  • 正社員
  • 契約社員
  • 派遣社員
  • アルバイトもしくはパート

全て入力したら、シミュレーションに必要な情報の入力は終了です。ちなみに入力ミスがある場合、以下のようなエラー画面が表示され、先に進むことができません。

エラー画面が出た場合は、項目を修正して次へ進んでください。
借金減額シミュレーターのエラー画面

診断結果が通知されるタイミングは、借金減額診断を入力した時間帯によって変わってきます。 しかし、ほぼ最短即日で当日中に結果を知ることができます。

借金減額シミュレーターに申し込んだ後の流れ

借金減額診断の流れ
あなたが入力した情報は、法律事務所に送信されてシミュレーションのデータとして用いられます。

シミュレーションのデータは、過払い金請求や債務整理専門の弁護士が確認します。

  • 借金を減らせるかどうか
  • 過払い金請求が可能かどうか
  • 任意整理をした方が良いのか
  • 個人再生をした方が良いのか
  • 自己破産をした方が良いのか

その結果、上記に関して具体的な回答をもらえます。これだけでもかなり気が楽になるのではないでしょうか?

折角ですので、任意整理や個人再生の違いについて簡単に説明しておきましょう。

  • 任意整理

任意整理は私も経験があります。任意整理をしても借金の総額は変わりません。毎月の返済額を減らせる方法です。ただし、総額が減る場合もあります。

  • 個人再生

借金の総額自体が減ります。当然毎月の返済額が圧縮できます。しかし、自らの財産を手放す必要はありません。

  • 自己破産

債務の返済が不可能とみなされた場合、借金自体をなくせます。ただし、個人の財産にも影響が及びます。

より詳しく知りたい方は、金融庁の多重債務者相談マニュアルが参考になります。

あなたがどうするのが一番良いのかを法律の専門家は判断できます。

今のまま返済を続けるのか、別の選択肢を用意できるのか分かるだけでも希望の光です。

先程申し上げたように、専門の弁護士があなたに合ったプランを提案してくれます。やりとりはメールでも電話でもどちらでもかまいません。たまに誤った情報を見かけますが、シミュレーションをしただけでブラックになることはあり得ません。もちろん債務整理に対して強制力もありません。

希望すれば、あなたのお住まいの近くの法律事務所を紹介してくれます。直接面談することによって債務整理について詳しく説明してくれて、実際に着手した場合にどのような流れになるのかを教えてくれます。

少しの勇気と行動力で、あなたの未来が少しでも明るくなることを願っています。

このページで参照したリンクのURL

  1. https://saimuseiri.kabarai-sp.jp/niniseiri.html
  2. https://www.fsa.go.jp/policy/kashikin/manual/03.pdf
  3. https://www.fsa.go.jp/news/19/kinyu/20070717-1/02.pdf

借金減額診断を利用した詐欺に注意

借金減額診断の口コミは知恵袋や2chといった掲示板で見ることができます。しかし全く参考になりません。

当然悪い口コミもあります。詐欺まがいのシミュレーションサービスに引っ掛かっている方もいらっしゃいました。

大手法律事務所は、診断時に費用請求するところはありません。もしも診断時に費用請求された場合は詐欺ですので、二度と連絡を取らないでください。

債務整理による借金の減額は、国が認めた借金救済制度です。弁護士や司法書士に相談することで、合法的に借金の減額が可能です。

借金減額診断のデメリットをあげるとしたら、最初に借入をした時期を入力する必要があると言うことでしょうか。

これは殆どの人が覚えていないでしょう。しかし、このページをご覧の方は準備ができるので大丈夫ですね。

いざ覚悟を決めて診断をしてみようと思った方も、最初に借り入れをした時期を調べるのが面倒になる方も多いですね。

しかし先延ばしにした結果、自己破産してしまった人もいそうです。

また、メールアドレスに関しては、Gメールで良いでしょう。PCまたはスマートフォンで受信可能なアドレスと指定されています。

電話番号に固定電話が入力できないのもデメリットと言えそうです。携帯やスマホを持っていない方はどうしたら良いのでしょうか。

電話番号の入力をデメリットと感じる方もいます。電話がとにかくしつこかったという口コミも目にしました。

しかし、このケースは悪徳業者でしかあり得ません。大手法律事務所はしつこい勧誘などする必要がないからです。

借金減額シミュレーターを利用する人の数は、ものすごい人数です。あなただけが特別なわけではありません。しつこい営業などする必要がないのです。

電話でしゃべるのが恥ずかしい場合や、電話でのやり取りをしたくない場合は、電話を受ける必要もありません。

送られてきたメールに、「忙しくて電話でやり取りできないのでメールにしてほしい」と返信すれば問題ありません。

そうすれば、自分のペースで進める事が出来ます。

ブラックリストに載ることはないの?

借金減額シミュレーターに申し込みをしただけでブラックリストに載ることはありません。弁護士や司法書士に相談しただけで事故情報として扱われることにはなりません。

ブラックリストに掲載されるタイミングは、任意整理や個人再生を実行した後になります。
ブラックリストに登録されると一定の期間、お金を借りたりクレジットカードの利用ができなくなります。

借金減額診断を利用した方の口コミを募集しています。

キャッシングナレッジでは、借金減額シミュレーターを利用した方や、実際に法律事務所を通して借金の減額をおこなった方の口コミや体験談を募集しております。

投稿名は匿名で結構です。利用サービス名の所には借金減額シミュレーターのサービス名や法律事務所の名前を入力してください。

星の評価については、星3つを普通とした場合でサービスの満足度をぜひお教えください。

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

借金減額診断
Average rating:  
 1 reviews
by mittitaka on 借金減額診断
借金が5分の1に減額されました
利用サービス名: 東京ミネルヴァ法律事務所
性別:
年齢: 60代

自営業によって毎月膨らんでいった赤字を何とかしたいと思い申し込みました。消費者金融や銀行に加えて信用組合からもお金を借りている多重債務状態でした。債務の合計は500万円近くありましたが、100万円台まで減額できると聞いた時は信じられませんでした。当然返済額を0にすることはできないのですが、毎月の返済額が大きく減少したためかなり楽になりました。個人再生だったため自宅を手放す必要もありませんでした。確かにクレジットカードが利用できないなど失うものもありましたが、60過ぎて頻繁に買い物に行くわけでもないですし、気が楽になった事の方がメリットでした。もっと早く相談すべきだったと今では感じています。