結論からいうと、銀行カードローンの場合は在籍確認なしで借りられるところはありません。

しかし消費者金融のカードローンであれば会社への電話連絡をなしにできるところがあります。 キャッシングナレッジ編集部で各社にインタビューした結果、会社への電話連絡を省略できる消費者金融が存在しているのが分かりました。

つまり一部の消費者金融では、必要書類を提出すれば電話連絡による在籍確認をなしにできるということです。

このページでは在籍確認の実態をキャッシングナレッジ編集部が調査してまとめました。

銀行カードローンが在籍確認なしにできない理由

お金を借りていることは誰だって職場に知られたくないものです。そのためにもカードローンを申し込む時に職場への在籍確認はできればない方がいいですよね。しかし、ほとんどの銀行や貸金業者では職場への在籍確認の電話は必須となっています。

在籍確認なしのカードローンについて

在籍確認は虚偽の申請をしていないか、返済能力があるかなどを確認するために必要な作業です。 また、貸金業法に定められる営業違反に該当しないかの確認も兼ねています。

銀行カードローンの申し込みをする時、就労先の情報を記入する欄が必ずあります。会社に勤務している実態があり、安定した収入を得ているかを確認する為です。

職場連絡によって、申込み内容に虚偽がないかを確かめます。 虚偽申告は禁忌ですので、ばれるとカードローンの利用ができなくなります。

銀行や消費者金融は、貸付する相手の勤め先や業種を必ず調べなくてはなりません。なぜなら、返済能力の有無を調査する必要があるからです。

過去にカードローンを利用した顧客データにもとづいて確認する為、勤務先が分かれば返済能力がわかります。 貸金業者自体が、貸金業法に違反しない為にも確認が必要です。貸金業者は貸金業法に定められる総量規制に違反すると、行政処分となります。 勤務実態がなければ、安定した収入を得ていないと判断できます。

その場合は総量規制にかかる恐れがある為、審査を通せません。 在籍確認は貸金業者が身を守るために行われるものでもあります。

在籍確認の電話連絡で会社にバレることはない?

在籍確認は個人名でかかってくる

在籍確認の電話は、申し込んだ際の内容確認後に電話等で職場や自宅に在籍確認があります。基本的に申し込みをしたカードローン会社の担当者からかかってきますので、電話が掛かってきたときに会社名を名乗りません。

担当者の個人名を名乗りますので、電話を受けた人はどのカードローン会社から電話がかかってきたかまでわかりませんので安心してください。

 もし、担当者からの連絡をあなたが受け取った場合、それだけで本人確認ができるので在籍確認は完了します。 また本人以外であっても、会社に在籍しているのが証明される返答であれば完了です。

  1. ネットから申し込み
  2. 審査開始(在籍確認)
  3. 審査結果
  4. 契約
  5. 借入

このような流れで借入となりますが、在籍確認は申込者全員にされるものではありません。もちろん、申込内容から融資NGとなった場合に在籍確認はされません。

たとえば、あなたが休みだったり席を外していたタイミングでかかってきた場合でも、同僚が電話で伝えた場合も在籍確認は終了です。 しかし、注意しなくてはいけないのが大手などの企業では個人情報保護法によって個人情報の漏洩を防ぐために、担当者に情報が伝えられない場合です。 その場合は、書面による確認に切り替えてくれる場合もあります。もしくは、申込者が電話を受け取れる時間帯に合わせて電話をかけてくれます。

ですから、勤め先が個人情報保護法に対して厳しい場合は、申し込み時に在籍確認のタイミングについて担当者に相談するようにしましょう。

電話による在籍確認の具体例

ほとんどの銀行カードローンや消費者金融からは、下記のような形で在籍確認の電話が職場や自宅にかかってきます。

 

担当者:もしもし、○○(担当者の個人名)と申しますが、△△さん(申込者)はいらっしゃいますでしょうか

といった形のため、どこのカードローン会社からかかってきたか。あなたがどこからお金を借りようとしているか。はまったくわかりません。たしかに個人名で会社に電話を掛けてくる場合、営業であったりBtoCの会社であれば個人名でかかってくるケースもなくはありません。

しかも、電話を受けた人が「△△(申込者)はただいま席を外しております(外出しております)」でも申込者が申請した職場に在籍しているのがわかりますので、その時点で在籍確認は完了します。

もし、申込者本人が電話を受け取った場合に詳しく何かを聞かれません。電話で何か審査は始まりませんのでご安心ください。

電話連絡を省略して事実上在籍確認なしにするには

会社にバレない方法

在籍確認で一番避けたいのは「自分がカードローンからお金を借りているのが職場にバレる」ですよね。

カードローンを利用している事実を一番避ける方法と在籍確認をしっかり済ます方法は「申し込み者本人が電話に出ること」です。

もちろん、あなたが職場で電話対応ができる席にいるのでしたら、申し込み後に電話が受けていれば本人で対応も可能です。また電話番号が部署によって違う場合には、自分の部署にかかってくるようにしたほうが在籍確認を取りやすい状態にできます。

正社員の場合で勤務が長い場合にはよく電話に出られなくても名前を憶えられていれば問題ありません。ですが、働き始めであったり電話番号からかかってくる事務所の人たちとあまり面識がない場合には、会社にいないと回答してしまう場合もありますので注意してください。

派遣社員の場合には派遣先ではなく派遣元の電話番号なので事務員の方が把握していれば問題ありません。やはり派遣社員となり日が浅いと事務員の方が覚えていないと在籍していないと回答されてしまいますが、日雇い社員やアルバイトでなければ気にしなくてもいいでしょう。

日雇いの場合、その日だけ働くケースがほとんどだと思いますので、あなたが働いているのを認識していない場合があります。その場合には派遣社員としてどこか派遣会社に登録するといいでしょう。登録済みで勤務した実績があれば在籍確認で通ります。

担当者への相談は本人確認のタイミングでおこなう

どうしても職場への在籍確認を避けたい場合には、担当者に相談してみるのも手です。カードローンの申込みをすると担当者から申込内容の確認の連絡が入ります。

アイフルやアコムでは、その電話確認の時に在籍確認の方法などに確認できます。その際に「職場への電話確認なしで契約できないか?」と確認してみてはいかがでしょうか。

もし、日雇いやアルバイトなど在籍確認に関して心配事があった場合にはその電話で相談してください。

もしくは、SMBCモビットならWEB完結申込(電話連絡なし・郵送物なし)が可能ですので、SMBCモビットに申し込むのが一番手っ取り早いでしょう。職場に在籍確認の電話がかかってきません。

もし、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行の口座を持っており、社会保険証や組合保険証を持っていれば「WEB完結」での申し込みが可能です。

職業別で分かる在籍確認の注意点
正社員

勤務先への在籍確認の電話がかかってきますが、もし本社や支店など店舗が複数ある場合にはもちろん「実際働いている職場の住所、電話番号」を記載するべきです。部署ごとに電話番号が違う場合にもあなたの働いている部署の電話番号にするべきです。

特に電話番号を間違えると電話で在籍確認ができなくなりますので番号の間違いがないように注意が必要です。

派遣社員

派遣社員の場合には「派遣元」の会社に在籍しているかどうかがチェックされますので、常駐型や短期など関係なく派遣元で給料が支払われる会社の情報を入力して間違いないようにしましょう。

派遣元の会社が派遣先と勤務時間等が異なる場合もあります。土日営業していない場合には、在籍確認ができないので注意してください。

パート・アルバイト

学生やフリーターや主婦などのパートタイマー、アルバイトの場合、バイト先の本社ではなく、バイトやパートなど実際に働いている店舗の住所や電話番号を入力してください。

その情報を元に在籍確認がありますので、バイトやパート先の本社に関する情報を入力すると正しく在籍確認が行われないので審査に落ちてしまいます。必ず実際に働いているアルバイトやパート先の情報で審査に出しましょう。

専業主婦

専業主婦でパートやアルバイトをしていなくても副業や外注ライターなど毎月収入がある場合にはフリーローンやカードローンは申込可能ですが、外注先の情報を入力しても正しく審査が行われないので自宅の情報を入力し、自宅に電話がかかってくるケースが大半です。

専業主婦だけど、収入がある場合には個人事業主となりますのでモビットなら「自営」、楽天銀行スーパーローンなら「専業主婦」などの欄がありますのでそちらで申し込みを進めてください。

在籍確認なしの銀行カードローンがあるか調べた結果

ここでは、銀行各社の在籍確認の有無についてまとめました。

銀行カードローンといえば、消費者金融よりも上限金利が安いので借りれるなら銀行カードローンがオススメ。しかし、下記の表にまとめているとおりほとんどの銀行カードローンでは在籍確認の電話は避けられません。

唯一、セブン銀行だけ原則として職場への在籍連絡が行われません。ただ、申込に不備があったり記入ミスがある場合には職場への在籍確認がある場合もありますので、完全に避けられるわけではないんです。

銀行カードローンで在籍確認なしがいいのでしたら、セブン銀行カードローンで申し込むべきです。申込内容に記入ミスがあると電話がかかってくるのでミスはしないよう注意してください。

楽天銀行

楽天銀行カードローンの場合は「社名は名乗らず個人名でお電話させていただきます。」と書いてあります。楽天銀行を名乗りませんが、個人名で在籍確認の電話はあります。

公式サイト:在籍確認はどのように行うのですか?

三菱UFJ銀行バンクイック

勤務先や申し込み内容に間違いがないかを確認するために、自宅や勤務先に連絡する場合があります。 電話による連絡がないようにも取れますが、新規の申し込みであれば必ず行われます。

公式サイト:申し込みや契約時に自宅や勤務先へ確認連絡は来ますか?

オリックス銀行

「仮審査を通過した方に電話による連絡が入ります。しかし、オリックス銀行を名乗りませんし、担当者の個人名でかかってきます。」ので会社にバレる心配はありません。

公式サイト:勤務先に電話連絡はありますか?

みずほ銀行 みずほ銀行カードローンの場合は、オリエントコーポレーションより電話が入ります。オリコはみずほ銀行が指定する保証会社です。オリコカードで金融事故を起こしている場合は注意。
三井住友銀行 三井住友銀行カードローンについては、公式サイトに明確な記載がありません。しかし、利用者の口コミを調べると、「担当者の個人名で会社に連絡が入る」との内容が多く見受けられました。

セブン銀行

 

セブン銀行カードローンは異色です。「原則としてご連絡することはありません。※場合によってはご連絡することがあります。」と記載されています。しかし、この条件が適用されるには、セブン銀行の口座を開設している必要があります。 銀行口座の申し込みを受け付けた時点で、勤務先の確認できますので銀行口座の情報を用いて必要があれば電話による連絡をします。

つまり、セブン銀行の口座にある程度預金がなければ、審査通過は厳しいでしょう。仮に在籍確認が必要な場合は、事前に教えてくれます。ですから、いきなり職場に連絡が来ません。 また、審査が甘いわけではありませんのでご注意ください。口コミサイトでは、審査通過率がかなり低いと内容も散見されました。安易に申し込みをして、信用情報に傷がつかないように気をつけてください。

イオン銀行カードローン

「社名は名乗らず個人名でご連絡させていただいておりますが、社名を尋ねられた場合や、お客さまご自身から社名開示のご希望があった場合は「イオン銀行」と名乗らせていただく場合がございます。」とあるように、社名は名乗らずに個人名で電話がかかってくるので銀行名がバレるわけではありません。

参考:審査の際に自宅や職場に電話はかかってきますか?

銀行カードローンでも銀行名でかけるわけではなく、個人名で職場にかけると公式サイトにも書いています。

基本的に在籍確認は避けられませんが個人名でかかってくる場合がほとんどで、どこの銀行からかかってきたなどはわかりませんので安心してください。

電話連絡なしで即日融資が可能なところはある?

消費者金融であっても在籍確認は必須ですが、電話連絡をなしに出来るかどうかをオペレーターに確認をした結果です。

結論からして、消費者金融であれば会社への電話確認を省略して即日融資も可能な申し込み先が存在します。

アイフル

在籍確認のため、自宅または勤務先に電話があります。担当者の個人名で電話しますし、個別の事情などで心配な点や不安な点は担当者に相談も可能です。相談のフリーダイヤル(0120-201-810)または、女性専用(0120-801-884)まで問い合わせください。

参考:申し込みの時に、自宅や勤務先へ確認の電話がかかってくるのですか?

プロミス

「本人が勤めているのか確認」するために勤め先へ電話をかけますが、プライバシーを考慮し担当者個人名で電話しますのでプロミスの名前は使いません。心配な方はプロミスコール(0120-24-0365)まで相談してください。

参考:お勤めの確認ってどういうことをするの?

アコム

原則担当者の個人名で連絡をします。はじめてのアコムというだけあって、柔軟に対応をしてくれます。例えば、社員証や会社の印鑑が押されている給与明細の提示で完了したケースがあります。これらの書類は、会社に所属していなければ手にすることができないからです。

個別事情で心配な方はフリーコール(0120-07-1000)まで問い合わせください。(平日9時~18時まで)

参考:自宅や勤務先に申し込みの確認連絡がきますか?

レイクALSA

書面での在籍確認が可能かどうかについては、名言はされませんでした。ご相談くださいと言ったニュアンスでした。担当者の個人名で電話を自宅または勤務先にかけますが、心配な方はフリーダイヤル(0120-09-09-09)で相談してください。

参考:申込みしたときに、自宅や会社に連絡が入るのですか?

SMBCモビット

SMBCモビットは先ほど書いた通り、WEB完結申込を利用すれば職場や自宅への在籍確認をせずに契約することができます。

参考:審査の際に自宅や勤務先に電話がかかってくることはありますか?

消費者金融が銀行カードローンと異なる点は、在籍確認に関する相談を電話で受け付けてくれるところです。

つまり在籍確認が心配な方には電話で相談できる消費者金融の方が合っているということです。

また、アローやフクホーと言った中小消費者金融にも問い合わせを行いました。審査が甘いと思われがちですが、法律で定められている通り在籍確認を行っていました。

電話による在籍確認なしで即日融資が可能なところ

SMBCモビットなら在籍確認の電話がない

通常、カードローンでお金を借りる際には職場へ電話がかかってきます。WEBなどからカードローンの審査に申し込んだ際に、記入した勤務先で実際に働いているのかをチェックする方法として在籍確認の電話で職場に確認します。

個人の信用でお金を貸しますから、記入した職場で実際に働いていなければ無職と判断されます。その場合は虚偽の申告と判断され、安定してお金を返せないと判断されてしまい審査落ちになってしまいます。

ですので、在籍確認はしっかりあなたに返済能力があると判断するために大切な審査の一つ。そのみんなが嫌な電話での在籍確認がSMBCモビットなら、電話確認ではなく書類での在籍確認で済んでしまいます。

それが電話連絡なし・郵送物なしの「WEB完結申込」です。

電話の在籍確認はありませんが、書類での在籍確認にはいくつか準備が必要で下記の条件を満たすことでWEB完結で申し込めます。

 
  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座をお持ちの方(あなたの名義に限ります)
  • 全国健康保険証協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証のお持ちの方

この2つの条件を満たしていれば、職場への電話での在籍確認はありません。郵送物もないので家にSMBCモビットから借りたと分かる封筒も届きませんから、一切家族にもSMBCモビットからお金を借りたとはわかりません。

おすすめの記事