お金を借りる

在籍確認なしで借りれるフリーローンは存在するの?

カードローンを申し込む時に気になるのが在籍確認です。できれば在籍確認をなしに出来ないか考えますよね。

しかし、どこの銀行カードローンでも、職場への在籍確認の電話は必須です。


結論からいうと、在籍確認なしで借りれる銀行のカードローンはありません。

このページでは、在籍確認の実態をキャッシングナレッジ編集部で調査してまとめました。

  • 楽天銀行

楽天銀行カードローンの場合は、個人名で電話をすると書いてあります。楽天銀行を名乗ることはないが、電話をするということです。

在籍の確認はどのように行うのですか?

  • 三菱UFJ銀行バンクイック

勤務先や申し込み内容に間違いがないかを確認するために、自宅や勤務先に連絡する場合があります。
電話による連絡がないようにも取れますが、新規の申し込みであれば必ず行われます。

申し込みや契約時に自宅や勤務先へ確認連絡は来ますか?

  • オリックス銀行

仮審査を通過した方に電話による連絡が入ります。しかし、オリックス銀行を名乗ることはなく、担当者の個人名でかかってきます。

勤務先に電話連絡はありますか?

  • みずほ銀行

みずほ銀行カードローンの場合は、オリエントコーポレーションより電話が入ります。オリコはみずほ銀行が指定する保証会社です。

  • 三井住友銀行

三井住友銀行カードローンについては、公式サイトに明確な記載がありません。しかし、利用者の口コミを調べると、「担当者の個人名で会社に連絡が入る」との内容が多く見受けられました。

  • セブン銀行

セブン銀行カードローンは異色です。原則として、電話による在籍確認がないという記載があります。しかし、この条件が適用されるには、セブン銀行の口座を開設している必要があります。

銀行口座の申し込みを受け付けた時点で、勤務先の確認をすることができます。ですから、銀行口座の情報を用いて、必要があれば電話による連絡をします。

つまり、セブン銀行の口座にある程度預金がなければ、審査通過は厳しいでしょう。仮に在籍確認が必要な場合は、事前に教えてくれます。ですから、いきなり職場に連絡が来ることはありません。

また、審査が甘いことはありませんのでご注意ください。口コミサイトでは、審査通過率がかなり低いという内容も散見されました。安易に申し込みをして、信用情報に傷がつかないように気をつけてください。

在籍確認は、以下の項目を確認するために必要な作業です。

  • 虚偽の申請をしていないかの確認
  • 返済能力の確認
  • 貸金業法に定められる営業に違反しないかの確認

銀行カードローンの申し込みをする時、就労先の情報を記入する欄が必ずあります。会社に勤務している実態があり、安定した収入を得ているかを確認する為です。

職場連絡をすることによって、申込み内容に虚偽がないかを確かめることができます。

虚偽申告は禁忌ですので、ばれるとカードローンの利用ができなくなります。

銀行や消費者金融は、貸付する相手の勤め先や業種を必ず調べなくてはなりません。なぜなら、返済能力の有無を調査する必要があるからです。

過去にカードローンを利用した顧客データに基づいて確認する為、勤務先が分かれば返済能力を知ることができます。

貸金業者自体が、貸金業法に違反しない為にも確認が必要です。貸金業者は、貸金業法に定められる総量規制に違反すると、行政処分を受けることになります。

勤務実態がなければ、安定した収入を得ていないと判断できます。その場合は総量規制にかかる恐れがある為、審査を通すことはありません。

在籍確認は、貸金業者が身を守るために行われるものでもあります。

電話による在籍確認の流れについて


在籍確認の電話は、申し込みをしたカードローン会社の担当者から掛かってきます。

電話が掛かってきたときに会社名を名乗ることはなく、担当者の個人名を名乗ります。

もし、担当者からの連絡をあなたが受け取った場合は、それだけで在籍確認は完了します。

また本人以外であっても、会社に在籍していることが証明される返答であれば完了します。

例えば、休日であることや席を外している旨を同僚が電話で伝えた場合も在籍確認は終了します。

しかし会社の規則によっては、個人情報の漏洩を防ぐために、担当者に情報が伝えられない場合もあります。

その場合は、書面による確認に切り替えてくれる場合もあります。もしくは、申込者が電話を受け取れる時間帯に合わせて、電話をかけてもらうことも可能です。

ですから、勤め先が個人情報保護法に対して厳しい場合は、申し込み時に在籍確認のタイミングについて担当者に相談するようにしましょう。

職場連絡なしを明言しているフリーローンが存在する


実は、職場への電話連絡なしでも借りれるフリーローンは存在します。しかし、電話による職場連絡をしないだけであって、在籍確認をしないというわけではありません。

正確に言えば、必要書類だけで確認をしてくれるフリーローンが存在するということです。

それが、SMBCモビットのWEB完結申込です。SMBCモビットは、公式サイトで以下の2点を明言しています。

  • 「電話連絡なし」
  • 「郵送物なし」

ただし、WEB完結申込を利用するためには、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行のいずれかに銀行口座を持っている必要があります。

そして、WEB完結申込の必要書類として必要なのが、社会保険証です。社会保険に加入していない場合は、組合保険証でも可能です。

また社会保険証は、「全国健康保険協会」のものでなくてはなりません。

国民健康保険証の加入者は、WEB完結に申し込むことができません。例えば、パートやアルバイトをしている方です。また、夫が自営業をしている為、国保という主婦の方もいらっしゃるでしょう。

国民健康保険証の場合に申込ができない理由は、国民健康保険証には勤務先名の記載がないからです。社会保険証には勤務先名が書いてあります。つまり、勤務先の実態が把握できるわけです。

また、収入証明書類も必須です。つまり、源泉徴収票や給与明細が必要です。収入証明として有効な書類は以下の通りです。

  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 直近2か月分の給与明細

申し込みの条件が限定されるというデメリットはあります。しかし、SMBCモビットのWEB完結申込であれば、確実に職場への電話連絡を回避できます。

もうひとつWEB完結申し込みのデメリットを挙げるとすれば、「ローンカード」の発行が出来ないことです。

郵送物がない訳ですから、自宅にローンカードが届くことはありません。家族にばれてもさほど困らないという方は、通常のカード申し込みを選択した方が便利です。

ローンカードがないと、銀行やコンビニのATMでお金をおろすことができません。振込によるキャッシングではなく、ATMでお金を受け取りたい場合にローンカードは必須です。

また、WEB完結申込を選択しても即日融資は可能です。以前は銀行の営業時間を気にする必要がありました。しかし現在は、原則として24時間振込による融資を受けられます。

もしWEB完結申込を利用するのであれば、SMBCモビット公式アプリの利用をおすすめします。スマホATM取引であれば、セブン銀行のATMでキャッシングができますので、即日融資にも向いています。

SMBCモビットのFAQを見てみましょう。

審査の際に自宅や勤務先に電話がかかってくることはありますか?

オペレーターにも確認をしてみました。通常のカード申し込みの場合は、基本的に電話による在籍確認をしているが、モビットを名乗ることはないと言っていました。また、担当者個人名で対応するとお話ししてくれました。WEB完結についてはこの限りではないということでしたので、間違いなく職場連絡なしでキャッシングが可能です。

このように、書面によって勤務実態が把握できれば、必ずしも職場連絡は必須ではないことが分かります。実は、SMBCモビット以外のフリーローンも、書面で確認してくれる場合があるのをご存知でしょうか。

アイフル、プロミス、アコム、レイクALSAについて書面による確認の可否を確認しました。

  • アイフル

検討時に担当者へ相談することで、可能になる場合があります。本人確認のタイミングが良いでしょう。つまりアイフルも、書類による在籍確認をしてくれるフリーローンです。

申し込みの時に、自宅や勤務先へ確認の電話がかかってくるのですか?

  • プロミス

申し込み完了後、すぐに担当者に相談をしてください。柔軟な対応をとってもらえることもあります。

お勤めの確認ってどういうことをするの?

  • アコム

はじめてのアコムというだけあって、柔軟に対応をしてくれます。例えば、社員証や会社の印鑑が押されている給与明細の提示で完了したケースがあります。これらの書類は、会社に所属していなければ手にすることができないからです。

自宅や勤務先に申し込みの確認連絡がきますか?

  • レイクALSA

書面での在籍確認が可能かどうかについては、名言はされませんでした。ご相談くださいと言ったニュアンスでした。

申込みしたときに、自宅や会社に連絡が入るのですか?

また、アローやフクホーと言った中小消費者金融にも問い合わせを行いました。審査が甘いと思われがちですが、法律で定められている通り在籍確認を行っていました。

ABOUT ME
cashingknowledge
20代前半でETC料金を踏み倒しブラックリスト入り。以降数年間を金融ブラックの現金主義者として過ごす。 お金の教育と信用の重要性を痛感しキャッシングナレッジを立ち上げる。 ユーザーの立場に立ち、本当に信頼できる中立で公正なメディアづくりを心掛けています。 キャッシングナレッジの執筆、編集、監修を担当。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です