在籍確認なし・電話連絡なしのカードローン会社を調べてみました

 

カードローン利用でネックになるポイントとして上位に位置づけられる「在籍確認」と「電話確認」。

 

どうしても借金は世間的なイメージが良くないので、職場に連絡がいく在籍確認は誰しもが避けたいところ。

 

ここでは、在籍確認・電話確認なしでカードローンを利用する方法について紹介していきます。

 

結論からいうと、在籍確認なしで借りれるところは存在します。

 

しかし、在籍確認なしで借りれるかどうかはそのときの状況によって変化するので、100%在籍確認をしないで借りることがあるとはいえません。

 

在籍確認は基本的に100%行われます

 

冒頭で言っていることと違うじゃないか!

 

と思うかもしれませんが、在籍確認は

 

・虚偽の申請をしていないかの確認
・返済能力の確認
・貸金業法に定められる営業に違反しないかの確認

 

をする為に必要なものです。

 

順を追って詳しく説明していきます。

 

虚偽の申請をしていないかの確認
カードローンの申し込みをするとき、申込み記入欄には必ず勤め先の情報を記入するところがあります。

 

これは、あなたが安定した収入を得ているかを確認する為に設けられている欄です。

 

在籍確認は、あなたが申告した会社に本当に勤めているかを確認することをメインの確認内容としているので、在籍確認の連絡をすることによって、あなたの申込み時の申告内容に虚偽がないかを確かめることができるのです。

 

虚偽申告はカードローン利用においての禁忌なので、ここで虚偽申請がばれると在籍確認云々の前にカードローンの利用ができなくなります。

 

返済能力の確認

 

消費者金融や銀行では、貸付をする人の勤め先や業種を確認することでその人の収入をある程度把握することができます。

 

これは、今までにカードローンを利用した人のデータを蓄積して計算されるので、申告した勤め先にあなたが勤めていることがわかればあなたの返済能力の確認がほぼ完了するということです。

 

そのため、在籍確認では虚偽申請のほかにあなたの返済能力を確認する意図が隠されているといえます。

 

貸金業法に定められる営業に違反しないかの確認

 

貸金業者は、貸金業法に定められる総量規制(「年収の1/3以上の貸付をしてはならない」という法律)に違反すると、行政処分を受けることになります。

 

そのため、在籍確認で職場に在籍していることが確認できなければ、安定した収入を得ることができていないという判断ができるので、法律に則って貸金業者は1銭のお金も貸してくれません。

 

在籍確認は、カードローンの業者が自分達を守るために行われるものでもあるのです。

 

在籍確認なしのカードローンはここ

 

そんな中で在籍確認なしで借りれる可能性があるカードローンが消費者金融のアコム。

 

正確には、在籍確認は行われますが、電話確認なしで借りれる可能性があるカードローンです。

 

アコムは初めてのカードローン利用を応援している消費者金融ですので、在籍確認に対して不安を抱えているカードローン初心者の方の要望に柔軟に対応をしてくれます。

 

例えば、あなたの在籍している職場の社員証や会社の印鑑が押されている給与明細など、会社に在籍していないと手にすることができない書類などを提示することで在籍確認の完了と認められるケースも存在するのです。

 

他の消費者金融でも対応をしてくれる場合がある可能性も否定できませんが、在籍確認なし。電話確認なしで借りるなら今までに電話なしでの貸付の実績があるアコムに相談するのが得策だといえるでしょう。

 

アコムなどの一部の消費者金融を除き、中小の消費者金融や銀行カードローンを利用する際には必ず在籍確認の電話がかかってきます。

 

しかし、在籍確認を行うときには、貸金業法に定められる「第3者に契約の事実をばれてはならない」という法律に準じて確認が行われますので、会社にカードローン利用がばれることはありえません。

 

在籍確認がどのように行われるのかを見ていきましょう。

 

在籍確認の方法

 

在籍確認は、在籍確認を行うスタッフさんの個人名で行われます。

 

例えば

 

「佐藤と申しますが、○○さんはいらっしゃいますでしょうか?」
※○○さんは申し込みをした人のことです。

 

というような形で会社に電話連絡が行われます。

 

在籍確認の目的はあなたがその職場に在籍しているかどうかを確かめることなので、この電話がかけられた時点であなたと電話が通じれば在籍確認は即終了します。

 

また、

 

「○○は現在席を外しております。」
「○○は今日休みです。」

 

など、会社に在籍していないと得られないような返答が返ってくれば、それで在籍確認は終了です。

 

あなたの在籍が確認されれば、本人が電話に出れなくても在籍確認は終了するのです。

 

本人が出れなくて会社名を尋ねられた場合

 

在籍確認の電話が来たとき、たまたま席を外しており、同僚が電話を掛けなおすための連絡先を尋ねるリスクも存在しますよね。

 

確かにこういったケースは存在しますが、カードローンの在籍確認ではこのようなケースでも会社名を名乗ることはありません。

 

例えばアコムの在籍確認では、

 

同僚「○○は今席を外しております。後ほど掛けなおしますので会社名とお名前をお伺いしても宜しいでしょうか。」

 

アコム「ACサービスセンターの佐藤です。後ほどもう一度個人の電話に掛けなおしてみます。ありがとうございました。」

 

等の対応をしてくれるので、アコムの在籍確認である事実が同僚に伝わることはありません。

 

アコムに限らず、プロミスや他のカードローンでも同様にカードローン利用がばれる対応はしませんので安心してください。

 

本人の在籍が確認できない場合

 

会社の規則によっては、個人情報の漏洩を防ぐために個人の休みの情報などが伝えられない場合もあります。

 

残念ながら在籍が確認で在籍が確認されなければカードローンを利用することはできません。

 

しかし、在籍確認の電話連絡で在籍が確認されなかったからといって、一発でカードローン利用ができないというわけではありません。

 

在籍確認ができなかった場合には、本人に在籍の確認が取れなかった連絡が入ります。

 

このときに、会社の規則などの説明をすると、書類による在籍確認や、本人が電話に出れる時間帯に電話をかけてもらうことも可能となります。

 

会社の規則だからといって1度在籍が確認できないことを理由にカードローン利用できないことはありませんので安心してください。

 

在籍確認方法は申込み後の電話で相談しましょう

 

在籍確認なしで借りれる正規のカードローンは存在しません。

 

しかし、在籍確認の方法は利用するカードローンによっては柔軟に対応をしてくれるので、申込みをした後にかかってくる借入意思確認の電話の際に相談するようにしましょう。

 

場合によっては在籍確認を後回しにして審査を行い、融資をしてもらえる場合もありますが、基本的には在籍確認を終えないとカードローンを利用することはできません。