楽天銀行

楽天銀行カードローンに在籍確認はあるの?確認のタイミングはいつ?

楽天銀行カードローンの在籍確認について

楽天銀行カードローンは、在籍確認が必ず行われます。在籍確認をなしにすることはできません。

しかし、確認のタイミングがいつなのかをしっかり把握して準備しておけば、何も心配する必要はありません。

在籍確認は必ず電話で行われます。電話での在籍確認を一貫して行っているため、一部の消費者金融でおこなわれるような、保険証や給与明細書の提出で在籍確認は完了しません。

以下の場合は、仮審査に通過しても本審査にて否決されてしまうことがあります。

  • 在籍確認がうまく取れなかった
  • 提出書類と申し込み時の情報に間違いがあった
  • 年収や勤務先を偽った

年収や勤務先を偽るのは意味がありません。信用情報機関へ問い合わせれば、すぐにばれてしまう情報です。

そもそも、電話連絡を絶対としている在籍確認が取れなければ一発でアウトです。

もちろん申し込み時の入力を間違わないことも大事です。虚偽の申告をしないことは当然として、会社への在籍確認が確実に取れるようにしておきましょう。

しかし、楽天のサービスでトラブルを起こしていると、審査通過率が低くなる可能性もあります。例えば楽天カードの支払遅延や延滞はNGです。

必ず審査に落ちるとは言えませんが、ブラックリスト入りしていない場合も、楽天側にとって好ましいユーザーではないと判断されたら、審査通過は難しくなるでしょう。

楽天銀行における在籍確認の流れとタイミングについて

楽天銀行カードローンでは、スコアリングによる審査に通過した段階で在籍確認が行われます。一般的にカードローンの審査では、在籍確認の後に審査結果の回答が行われますので、楽天銀行の場合はタイミングが異なります。

  1. 楽天銀行HPより申し込みをする
  2. スコアリング審査(仮審査)
  3. 在籍確認
  4. 必要書類提出
  5. 本審査
  6. 契約

上記のとおり、楽天銀行カードローンでは仮審査の後が在籍確認のタイミングとなります。楽天銀行の仮審査には2~3営業日を要しますので、申し込み日当日や翌日に確認の電話が掛かってくることはありません。ですから、本人確認の電話のタイミングで、在籍確認の日時について相談しておくと良いでしょう。

最近の大手消費者金融では、書類提出のみで電話による在籍確認を省略できるケースも増えてきています。しかし、楽天銀行カードローンでは電話による在籍確認が必須です。

とはいえ、勤務先にカードローンの申込がばれる心配はありません。まず在籍確認の電話は、担当者の個人名でかかってきます。例え同僚や上司が相手先の会社名を訪ねたとしても、楽天銀行の人間であることを伝えるのみです。カードローンの在籍確認だということは決して明かしません。

在籍確認は、必ずしも本人が電話に出る必要はありません。本人以外で電話を受けた場合でも在籍確認がとれたと判断されます。申込者が申告した勤務先に在籍していることが分かれば、その時点で在籍確認は終了します。

在籍確認にかかる時間は1分か2分で完了します。5分も10分も色々質問されることはないのでご安心ください。

在籍確認として有効な解答例

楽天銀行カードローンの在籍確認は、勤務先にカードローンの申込と分からないよう細やかな配慮がなされています。

もちろん、申込者本人以外の人が電話に出た場合にも対応しています。そのため、大半の申込者が問題なく在籍確認をクリアできます。
例えば、同僚や上司が楽天銀行の担当者に以下のような回答をしたとします。

ただいま席を外しております。

あいにく会議中ですが、お急ぎのご用件でしょうか?

あいにくただいま来客対応中でございます。

何かの間違いで、「弊社に(申込者名)という者は在籍しておりません」など、在籍していないと言い切られない限り、在籍確認NGとなることはないため安心して下さい。

しかし例え手違いであっても、在籍確認に失敗してしまうと審査落ちにつながる可能性もあります。そういった事態を招かないためにも、できるだけ在籍確認は申込者で対応できるよう、事前準備を整えておくことをおすすめします。

在籍確認が行われる時間帯はいつ?

楽天銀行カードローンの場合、在籍確認は平日に行われます。専用窓口の営業時間は朝の9時から20時までですので、この営業時間内に行われます。

正確な時間の指定はできませんが、専用窓口に連絡をしておけば、曜日指定やおおまかな時間指定も可能です。在籍確認に失敗しない為にも、初回の在籍確認の電話を取れるよう準備しておくのが確実です。

もし、勤務先に電話がつながらず在籍確認が取れなかった場合、後日改めて電話をかけてきてくれます。しかし、在籍確認が翌日以降にズレれてしまうと、審査完了までの時間が延びてしまいます。在籍確認を初回の電話でクリアできるよう、事前準備をしっかり行っておきましょう。

在籍確認を1回でクリアするためのポイント

在籍確認を1回で終わらせるために、申込者が確実に電話を受けられる電話番号を申告しておきましょう。在籍確認の電話は、申込フォームに入力した勤務先の電話番号に掛かってきます。

また大企業の場合は、代表番号ではなく、申込者が働いている事業部や事業所の電話番号や内線番号を伝えておきましょう。派遣社員の場合も、派遣先の電話番号を記入してください。

一番安心できる方法は、在籍確認当日までに、同僚や上司に楽天銀行から電話が掛かってくることを伝えておくことです。自ら申告しておけば、会社のスタッフに勘ぐられたり疑われることもなくなります。

審査が混雑しない時期や時間帯を狙って申込むことも大切です。

カードローンの申込は、GWなどの大型連休の前後や新生活の準備シーズンに増加します。出費がかさむ為カードローンの需要が増えるからです。

できるだけ閑散期に審査の申込をし、在籍確認についても忙しい時間を避けることをおすすめします。

平日の午後17時以降は、退勤後に申込手続きを取る人が多い為、在籍確認も混雑になる傾向があります。また、お昼休みに当たる平日の正午から午後1時の間は混雑します。

以下のようなシーズンや時間帯に集中する傾向にあります。これらの時期や時間帯を避けて申込むことで、申込から審査までスムーズに進む可能性が高くなります。

土日祝日の申込は避ける

楽天銀行カードローンは土日や祝日に審査を行っていません。休日に申し込みがあった分の審査は月曜日に持ち越されます。せっかく休日に申込んでも、審査スピードは平日申込より遅いなんて損した気分になりますよね。審査は申込順に実施されるので、可能な限り土日祝日の申込は避けてください。

融資を急いでいるとコールセンターに相談する

出来るだけ早く審査を通して在籍確認を終わらせたい方は、受付完了のメールが届いたタイミングで、コールセンターへ電話をしてください。

コールセンターに電話連絡をすることで、審査や在籍確認を優先的に行ってもらうことができます。

ただし、審査が混み合っている時期や時間帯には、優先対応が難しいケースもあるので注意が必要です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です