カードローンの審査をする前に知っておきたいことをまとめました

カードローンをはじめて申し込みするときは、誰だって緊張しますよね。

 

「審査に落ちないかな」

 

「落ちたらブラックにならないかな?」

 

「申し込みに必要なものは何だろう?」

 

「審査の基準を知っておきたい」

 

挙げ出したら悩みは尽きません。もしかしたら、初めてではなくて何とかして審査に通りたいという人もいるかもしれません。

 

特にカードローンの利用歴がある人は、かなり慎重に審査に向けて準備をする必要があります。手当たり次第申し込むというのが最も最悪なことも知ってほしいです。

 

キャッシングナレッジでは、銀行、消費者金融を問わず初めてお金を借りる方から、何とかして追加で借りたいと思っている人に向けたコンテンツを用意しました。

 

銀行カードローンと消費者金融の違いを理解する
もしあなたが初めて審査をするなら、銀行でという選択をを真っ先に思い浮かぶかもしれません。あなたの想像通り銀行カードローンは消費者金融に比べて金利が低いのが特徴です。

 

一方の消費者金融。この言葉にネガティブなイメージを持つ方もかなりいらっしゃるかと思いますが、きちんと登録している貸金業者であれば安心です。あなたの利用用途によっては、最初から選択肢から外してしまうと損してしまうことにもなりかねません。

 

消費者金融にもメリットがあり、

 

・即日で融資が受けられる
・銀行より審査通過率が高い
・無利息期間を設けたキャンペーンを実施している
・お金を受け取る場所が充実している
・アプリの機能が充実している

 

といった様々なメリットがあります。

 

銀行の金利の低さは確かに魅力的ですが、とにかく審査が厳しいのは周知の事実。万一銀行カードローンの審査に落ちてしまうとその後の対応に困る場合もあります。また、銀行は即日融資に対応出来なくなってしまったため、カードが届かないと利用が出来ないという難点もあります。

 

とはいえ、消費者金融は銀行よりも金利が高いというのはやはり事実。最近の最高金利の主流は18.0%。なかなかの金利ですよね。ですから、あなたの借入額や無利息期間を有効活用できるかどうかを考えて、両者のメリットとデメリットを把握して使い分けてください。

 

審査の前に必要な書類や情報を準備しよう

いきなりWEBで申し込みしたり電話を掛けたりできるツワモノの方もいらっしゃいますが、やはり事前に審査の流れや必要書類を知っておきたいという方が殆どですよね。

 

本人確認の為の書類
銀行・消費者金融問わず、「運転免許証」もしくは「パスポート」が主流です。他にも確認できる書類は色々とありますが、パスポートは持っていなくても運転免許証は持っている方は多いはず。

 

仮に、運転免許証が無い場合は健康保険証で対応してくれるところもありますが、多くの場合住民票の確認を同時に求められます。

その本人確認の為に有効な書類
在留カード/外国人登録証明書/特別永住者証明書 など

 

収入証明書は必須ではない
良く「収入証明書不要」という文言を目にしますが、収入証明書は必ずしも必要な書類ではありません。

 

しかし、あなたが高額融資を受けようとしている場合や既に複数社から借り入れをしており、その額が高額になる場合に必要になります。

 

また、低金利商品の場合は貸金業者も慎重になりますから現在の収入の確認を求められることがあります。

収入証明書の一例
所得証明書/源泉徴収票/確定申告書/給与明細/納税証明 など

 

基本的にWEB審査、電話審査問わず必要な書類はこの程度のものです。

 

まずは借り入れシミュレーションを利用してみよう
多くの方が手に汗握って審査申し込みをしようかどうか迷っていると思いますが、まずは簡単な「借り入れシミュレーション」をしてみましょう。
例えば、プロミスの場合だと「お借入シミュレーション」という名前でボタンがあります。

まずはこれをやってみましょう。入力項目は、生年月日、年収、他社借入金額のみ。

 

 

生年月日の所を見ると、
※20〜69歳の方が対象です。
と書いてあるので、これがいかに重要な項目かわかりますよね。
まず、未成年者は審査をしても絶対に通りませんので、これは覚えておいてほしいポイントです。アルバイトをしていてもダメです。

 

また、他社借入金額についてはクレジットカードでのショッピング、銀行カードローン、住宅ローン、自動車ローンなどは対象になりません。あくまでカードローンや消費者金融の利用分になります。

 

借入した総額ではなく、返済残高を記載すればOKです。

 

では、
・年収100万円
・他社借入額0円
でやってみましょう。

 

 

おっと、この条件でも借りれるみたいですね。
では、
・年収100万円
・他社借入額30万円
でやってみましょう。

 

 

おぉ、これでも融資が可能なようです。

 

しかし、このシミュレーションは何回もできるわけではなく、

 

ということですのでご注意ください。しかし、事前にシミュレーションを行うことで安心もできますし、何より仮の審査なので信用情報に傷をつける心配もありません。

 

プロミスがシミュレーションに使用していることからも、年収、他社借入額、年齢をいかに重視しているかが良くわかりますね。

 

審査基準と入力項目を知っておこう
審査基準は何も複雑なものではありません。各社多少の違いはありますが、基本的には年齢収入の有無についてのみです。
各社違いはありますが、

 

消費者金融の多くは「安定した収入がある人」
銀行カードローンの場合は「原則安定した収入がある人」

 

というのが殆どです。なぜなら、消費者金融は申し込み者本人に収入がなければ絶対に通ることはありません。これは正社員でなくてはいけないというわけではなく、アルバイトやパート、派遣社員でもOKで、とにかく働いていて稼いでいればOKです。

 

しかし銀行カードローンになぜ「原則」という文言がついてくるのかと疑問に思った方もいるかと思います。

 

これは、旦那さんや奥さんに安定収入があれば申込者本人の収入でなくても審査を受けられる「配偶者貸付」という制度を採用している銀行系のカードローンがある為です。

 

もし収入のない専業主婦の方でもワンチャンあるかもしれません。ただし、旦那さんに隠れて申し込みをすることは不可能ですので相談の上となります。

 

各社の申し込み可能な人の条件

 

多くの人が勘違い?仮審査と本審査の違い
多くの方が手に汗握って審査項目を入力してボタンを押してひと仕事終わった・・・と思っているかもしれませんが、WEB入力でおこなう審査の申し込みは仮審査なんです。
例えばプロミスですと、以下のような感じです。

このようにカンタン入力とフル入力で分かれているところが多いのですが、必ずフル入力で行うようにしてください。また、嘘の記載をするのは絶対にNG。必ずばれます。

 

プロミスの場合、フル入力だと電話連絡をスキップできます。※必要な場合は電話がかかってくることもあります。

 

では、フル入力の場合の項目を見てみましょう。

まず、申込者本人の情報ですね。氏名、生年月日、性別、家族構成、子供の有無、電話番号、自宅電話の有無なんてのもあります。免許証の有無もここで入力できます。

 

自宅情報は住所に加え住居の形態です。持家、賃貸住宅、社宅、寮、官舎、公営住宅から選択します。

 

そして結構大変なのが勤務先情報です。

 

雇用形態、勤務先名、勤務先住所、電話番号、社員数、最終学歴もあります。入社年月、税込年収、健康保険証の種類、業種、職種を選択します。

 

最後に、審査に通った場合の契約方法を

 

・来店による契約か
・WEBによる契約か

 

を選べます。即日融資を受けたい場合は必ずWEBによる契約を選択する必要があります。

 

また、他社借入情報の入力も求められます。ここには絶対に虚偽の記載をしないことです。信用情報の照会で必ずばれます。

 

借入希望額については、必要な分を記入するより他ありません。

 

ただ、プロミスの場合は借入額が50万円を超えなければ収入証明書は必要ありません

 

また、借入希望額と他社借入額の合計が100万円を超える場合は収入証明書が必要になります。

 

WEB入力の過程はあくまで仮審査です。仮審査は人間によって行われるものではなく、AIなどコンピューターが判断して審査可否を算出します。

 

このWEB審査に通過したら晴れて本審査となります。なかなかハードルが高い・・・と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、WEB審査の段階で虚偽の記載をしていないことが条件で、その状態で借り審査に通過すればまず本審査で落ちることはありません。

 

本審査は審査担当者によって、入力項目が正確であるかを以下の様にチェックします。

 

・本人であることを本人確認書類によってチェック
・就労状況、安定した収入に虚偽がないか在籍確認によってチェック
・他社借入額等に虚偽がないか信用情報機関によってチェック

 

本人確認書類は提出するだけですし、信用情報機関の情報も先方が照会するだけですからあなたが何かすることはありません。

 

ちなみに信用情報機関というのは過去の申し込み状況や延滞をしているかどうかといったまさしく「信用」の情報が事細かに記載されています。

 

有名なのはCICですね。その他にもKSCJICCといった機関がありますが、全てを利用しているかどうかは銀行や貸金業者によって異なる為分かりません。

 

また、銀行系は独自に自社のグループの「リスト」を持つと言われています。ちなみに私はCICで「異動」の二文字がついたことがあるのですが、もしかしたら自分もブラックになっているのでは?と心配していたりドキドキしている人もいるかもしれません。基本的に「喪明け」と言われるその日は必ず来ますので、もう何年経ったか分からないくらい前なんだけど、という方は一度信用情報を照会してみてはいかがでしょうか?

 

私は信用情報を照会して「異動」の文字を確認して、逆にそれがいつ消えるのかというのも知ることが出来ましたので明日への希望に繋がりました。

 

例えば、カードローンの申し込みをしましたよという履歴は、ksc1年間載りますが、CICやJICCは6カ月で消失します。最もキツい自己破産はKSCの10年が最長でCICやJICCは5年で消失します。

 

KSCは全国銀行個人信用情報センターの名前の通り、全国銀行協会が設置していますので、最も厳しいと言えます。ですから、過去に返済が滞って長期延滞した方や任意整理や個人再生をした方もKSCを取り寄せて見るのが一番正確であると言えます。

 

この他にもクレジットカードなどの返済が滞って契約自体を向こう側から切られた強制解約や家賃などを保証会社が代わりに返済した代位弁済もブラックリスト入りの対象となります。

 

そして、気を付けないといけないというか全く身に覚えがないのに審査オチしたという盲点になり得るのが携帯電話の分割払いです。最近は電話料金ではなく携帯電話代金を分割で契約させられている為に、ローンを組んでいるということに気付いていない人があまりにも多すぎます。

 

ですから、携帯電話の料金を何か月か延滞していたらブラックになりますから要注意です。あと恐ろしいのが奨学金です。奨学金も3か月以上延滞すると長期延滞としてブラックリストに載ってしまいます。

 

これを知らない学生さんも多いのではないでしょうか?

 

在籍確認について知っておこう

在籍確認は、カードローンの本契約の前に行われる勤務先への電話確認です。多くの方が上司や同僚へばれないかと心配になって躊躇する方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

しかし、実際は審査担当者が「消費者金融の〇〇です!」なんて元気に名乗ることは決してありません。多くの場合、審査担当者の個人名でかけてきます。

 

なぜなら、これは法律で定められていることだからです。

 

また、必ず本人が電話に出ないといけないというルールはなく、あくまで「在籍」の確認が取れればあっけなく終わってしまいます。

 

しかし、もっと各社の在籍確認の実情を知りたいとか、何とか電話連絡を無しにしたいとお考えの方もいらっしゃると思いますので在籍確認については以下の記事で詳しくまとめています。


 

ここまでクリアしてしまえば、審査については「終了」と言えます。お金の受け取り方や返済方法については、各社で様々なサービスがありますから、ここで全て書ききることはできません。

 

ですから、主要な銀行系カードローン、消費者金融についての審査の流れや返済方法については別の記事にまとめています。

 


 

当サイトでは中小消費者金融や銀行系カードローンを紹介していますが、どこもかならず審査があります。かといって審査がないとうたっている業者の利用は避けた方が賢明です。

 

最近はソフトヤミ金と呼ばれる業者も増えてきましたので十分に注意が必要です。もしあなたが何らかの理由でどうしても審査をしたくないということでしたら、以下の記事も読んでみてください。

 

審査に落ちないコツってあるの?

「どうせ審査を受けるなら万全を期したい」そう思っている方のために、ちょっとしたコツをまとめます。

  • 虚偽の記載をしない
  • 虚偽の記載は最悪です。特に他社借入額がある場合は正直に書きましょう。信用情報の照会で必ずばれます。みずから信用がないと宣言しているようなものですので絶対やめましょう。

  • 一気に申し込みしない
  • これは初めて申し込む方にも当てはまります。なぜならお金に窮しているとみなされ警戒される為です。初めて申し込む方は一社に絞り、利用歴のある方は申し込みから半年経過しているかを確認してください。

  • 希望額に高望みしない
  • いくら貸金業者だからと言ってよっぽどの信用力や所得がないかぎり何百万円という申し込みは通りません。とはいえ通る方ももちろんいるのですが。しかし、多くの方は数万円とかほんのちょっと借りたいという方が殆どですので、欲張らずにまずは少額を借りて業者との信頼を築きます。そもそも、消費者金融に至っては総量規制の対象になりますので、年収の三分の一以上は貸すことが出来ないように法律で定められています。ですから、他社借入額をきちんと把握してから申し込んでください。そうしないと無駄に信用情報に傷をつけるだけになってしまいます。

     

     

  • 利用目的について
  • 例えば、モビットの申し込み画面には利用目的を記載する部分があります。飲食交際費、入院治療費、教育資金など色々ありますが、いくら生活費の為だとは言え馬鹿正直に生活費と書く必要はないのではないかと個人的には考えます。「やむにやまれぬ事情で」急な出費が必要になったアピールが出来る項目が良いのかなぁと思います。。
    モビットでは丁寧にも「ご利用目的がギャンブル資金の場合は、ご契約いただけません。」と書いてくれていますので、この項目は使わない方が良いでしょう。

  • スーパーホワイトは要注意
  • もしあなたが、携帯の分割払いもしたことがなく、クレジットカードも作ったことがないのであれば要注意です。学生ならまだわかりますが、良い年の社会人がクレカを持っていないこと自体怪しまれます。信用情報に傷がないにも関わらず怪しまれてしまいますので、一枚セゾンカードでも楽天カードでも何でも良いですから簡単に作れるカードを作って少し利用した方が無難です。

このページをご覧の方にはあまりいないかもしれませんが、もしあなたの目的がおまとめローンの場合は、銀行系の申し込み系は全くおすすめできません。おまとめしたいということは既に複数社から借り入れしているわけですから、銀行は相当慎重に厳しく見ます。また、昨今の流れもあって銀行カードローンを利用してのおまとめはほぼ不可能と思った方が良いでしょう。