カードローンの申し込みをした時に避けて通ることができないのが審査です。結論から申し上げると、例え少額融資でも審査なしのカードローンはありません

なぜなら、貸金業者もお金を貸すことでリスクを負っているからです。貸金業者は貸したお金が返ってこないなど、貸し倒れのリスクを常にはらんでいます。

ですからカードローンの申込者には、一定の返済能力と信用力が求められます。つまり、一定の収入を得る必要がありますので、無職の方はカードローンの利用ができません。

カードローン会社が契約者の返済能力や信用力を計るうえで、審査をすることは必須です。しかし、パートやアルバイトなど何らかの職についていれば、審査を受ける資格があります。

逆に言えば、審査を受ける条件を満たしていれば、わざわざ審査のない危険なカードローンや消費者金融を利用する必要はありません。

このページでは、カードローンの審査に不安を感じている方が、審査に通る為に知っておきたいポイントについてまとめます。
少額融資は審査なし?
少額融資であっても審査をなしにすることは絶対に出来ません。カードローンの審査は、返済能力の有無を確かめる為に行われます。実はこれは正解でもあり、建前でもあるのです。

確かに返済能力のない人にお金を貸して返済がされなかった場合、貸金業者は損をすることになるので、返済能力がない人にはお金を貸しません。

貸金業者は、無担保や保証人不要を謳っていても、保証会社による保証をつけて貸付をしているのが現状です。ですから、返済能力がない人にも貸付することはできるはずです。それなのになぜ、審査が必要なのでしょうか。

その理由は、貸金業者が貸金業法や銀行法に準じて営業しているからです。

貸金業者は、貸金業法や銀行法に則った運営を行わないと、行政処分の対象となります。営業停止や貸金業者の登録を剥奪されてしまう可能性があります。特に総量規制に対して貸金業者は細心の注意を払って審査を行います。ですから、現在の借入額が年収の1/3を超えている場合は、慎重になる必要があります。

即日で借入するなら大手消費者金融が安全

カードローンの審査をなしにすることはできませんが、急いでいて審査をする時間がないというのであれば、大手の消費者金融が安全です。

消費者金融と言えど審査をしないでお金を貸すことはありえません。銀行に比べて審査の難易度は下がりますが、必ず審査が必要です。

実際、年収が100万円程度で、他社借入件数が4件あったとしても、審査を受け付けてくれる消費者金融は大手にも存在します。

本来、審査に対してはそのくらい寛容ではあるのですが、他社借入件数が5件あると大手消費者金融での借り入れはできないと考えた方が良いです。

中小消費者金融は、お金を受け取るまでに意外と時間がかかります。しかし大手の消費者金融であれば、審査は30分以内に完了します。スムーズにいけば、お金を借りるまでに1時間以内という即日対応も可能です。

審査のないカードローンを探している方は、できるだけ急いで借りたいという方が多いですから、まずは大手の消費者金融から攻めていきましょう。

ここで重要なのが、どこの消費者金融に申し込みをするかです。このページをご覧の方は、既に複数社の借入をしている方が多いですから、おそらくアコムかプロミスのどちらかに申し込んでいるはずです。

他社借入がある場合はアイフルがおすすめ

もし2社目の申込であるなら、アイフルをおすすめします。その理由を説明します。

アイフルは審査なしにできる?

審査通過率 約46%
金利 3.0%~18.0%
審査スピード 最短30分
使用用途 生計費(生活費、レジャー資金、教育資金など)に限ります。

まず第一に、大手消費者金融の中で、唯一銀行グループの傘下に入っていないのがアイフルです。

銀行グループの傘下に入っていないということは、他社借入で問題を起こしていたとしても、正確な情報がアイフルには届いていないと考えられます。

審査通過率はアコムの方が上ですが、アイフルを推す理由はもう一つあります。

それは、アイフルにいきなり新規申し込みをする人は少ないという点です。アコムの方が審査通過率が高いと言っても、ほぼ変わりません。

つまり、既に複数社から借入をしている方や、2社目の方が申し込んでいてもこの通過率という訳です。

ですから、過去に銀行カードローンや他の貸金業者で借入をして、何かしらトラブルを抱えている方にもアイフルはおすすめだと言えるでしょう。

初めてで不安な方はプロミスがおすすめ

もしも、初めての借入で審査に通るか自信がないという方でしたら、まずはプロミスかアコムの審査を受けてください。

プロミスは審査なしに出来ません

審査通過率 約43%
金利 4.5%~17.8%
審査スピード 最短30分
使用用途 生計費(生活費、レジャー資金、教育資金など)に限ります。

テレビCMでも審査の速さを売りにしているプロミス。初回借入の際の速さはアコムやアイフルと同じ位ではありますが、瞬フリというサービスを利用することで一瞬で借入が可能です。何より最大手の為安全です。速さと借りやすさを求めるならプロミスがおすすめです。

アコムは審査を無しにできない

審査通過率 約47% ※アコムマンスリーレポート
金利 3.0%~18.0%
審査スピード 最短30分
使用用途 生計費(生活費、レジャー資金、教育資金など)に限ります。

審査通過率が高く、借入までのスピードも速いのがアコムの特徴です。30日間の無利息期間や顧客対応満足度が高いこともメリットです。アコムは1社目のカードローンに選ばれることが多いため、審査通過率が高い傾向にあります。アコムは安心感の強い消費者金融です。

他社借入が多数ある場合はおまとめローンをする

他社借入が複数ある場合は、新規の審査を受ける前におまとめローンをおこなうという選択肢も残されています。また、総量規制に引っかかってしまった場合も、消費者金融の通常利用は不可能となります。通常利用と表現したのには理由があります。

なぜならおまとめローンであれば、消費者金融であっても総量規制の対象外となるからです。これは、貸金業法に基づく総量規制の例外と言われます。

利用者にとって一方的に有利な借り換えに当たる為、ローンを一本化することができます。もちろん、おまとめローンであっても審査をなしにすることはできませんが、返済サイクルや金利の負担も軽減されるためおすすめです。

しかし、大手銀行のおまとめローンは避けるべきです。審査難易度が非常に高い為、審査落ちして信用情報に傷が付くリスクが高すぎます。ですから、アイフルやプロミスのおまとめローンなど、消費者金融の一本化商品を選ぶのが間違いありません。

インビローンなら無職やアルバイトでもキャッシングできる?

残念ながら無職で収入のない方はカードローンを利用することはできません。銀行法が適用される銀行カードローンも審査を強化していますので、利用することはできないでしょう。

また、既に退職した高齢者の方は一般的には厳しいというのは間違いありません。

一般的にはと言ったのは、地銀のカードローンは年齢上限が65歳とか70歳まで設定しているところがあるからです。

さらに年金収入や土地を資産と見なして対応してくれる場合もあります。長く付き合いのある地銀ならさらに可能性は上がります。

しかし、無職の方でも唯一可能性があるのが、銀行ATMのインビローンです。インビローンとは、銀行ATMの案内画面に申し込みボタンが表示されるものです。

インビローンは、給与振込口座や公共料金の支払いに利用している口座に表示されることがほとんどです。なぜなら、銀行側が口座の利用状況を把握できるため、ある程度申込者の信用度や返済能力を知ることができるからです。

つまり、もともと働いてはいたけど失業中であるとか、ちょうど転職前の期間にあたると言った方には、インビローンが表示される可能性があります。

ただしインビローンの場合は、キャッシュカードにローンの機能が付与される場合がほとんどですので、融資額も少額になります。

また、運の要素も否めませんので、しばらく無職という方は、安定した収入源を確保するために、アルバイトを始めてから申込みをするしかありません。

とはいえアルバイトに就いたとしても、2か月分の収入証明を得るまで待っていられないという方がほとんどでしょう。そんな場合は、収入証明書なしで借りられる範囲を知っておくと良いでしょう。

無職やブラックの場合は質屋もやむなし

誰からもお金を貸してもらえない場合は、大黒屋やコメ兵といった質屋を利用するしかありません。

あなたの所有物を担保にしてお金を貸してくれます。もし期日までに返済が出来なければ、質流れとなりますが、安全な借り方です。

質流れというのは、借りたお金の返済をしなくても済む代わりに、質入れした担保が返ってこなくなることを指します。

通常質流れまでの期間は3ヶ月です。3か月以内に返済をすれば、担保は取り戻せますし、3か月以内に借入額と利息を払うことが出来なければ質流れとなります。

もしもあなたがまだクレジットカードを持っているなら、キャッシング枠を拡げる交渉をするという手段も残されています。

きちんと返済をしていることが条件ですが、返済遅れをした程度ではキャッシング枠が広がらないということはあまりありません。

サービス利用が出来ていますし、審査に落ちて傷がつくわけではないので一度チャレンジしてみるのもありです。

キャッシング枠を拡げるのにも審査は行われますが、カードローンの新規申し込み程、審査が厳しいということはありません。

借入額を50万円以内にすれば収入証明書類なしになる

カードローンの審査では収入証明書を求められる場合があります。収入証明書が必要な場合は、直近2か月分の給与明細を提示する必要があります。

つまり、アルバイトやパートに就いたばかりだと、収入証明書が用意できないことになります。そんな時は、借入希望額を50万円以内に抑えてください。

何百万円という高額融資を希望している方も少ないでしょうから、できるだけ少額に抑えます。どうしても50万円以上必要な場合は、2社から50万円づつ借りるという方法もあります。

収入証明書類の提出は、貸金業法で義務化されていますので、希望額が50万円を超えてしまう場合は必ず必要になると覚えておいてください。

信用情報に問題がないかチェックするには

一般的に返済遅延や申込みブラックの場合は、カードローンの審査に通らないと言われています。しかしブラックの方にも貸付をした実績のある正規の中小消費者金融も存在します。

確かにブラックの方だと、厳格な審査のある銀行カードローンはほぼ通りません。しかし、だからといって審査のない怪しげなところで借入するのは得策ではありません。

また自己破産したのか、任意整理したのか、ブラックの重さにもよります。

ブラックリストへの記載は一定の期間が経過すれば自動で消えます。過去にそのような経験があって心配な方は一度信用情報を取り寄せてみてはいかがでしょうか?

信用情報についた傷が気になっているなら、あなたの信用情報がどうなっているのかを確認してみましょう。

カードローン審査における信用情報開示請求の方法

貸金業を営む消費者金融や銀行は、個人信用情報機関という信用情報を扱っている機関から個人の信用情報を調べて審査を行っています。

もしあなたが信用情報の傷を心配して、審査を躊躇しているのであれば、自分の信用情報を確認することが突破口になるかもしれません。

個人の信用情報はCIC、JICCなどの全国銀行個人信用情報センターに保管されています

  • 携帯電話の割賦購入をしたことがある方。
  • クレジットカードを利用したことがある方。
  • 消費者金融や銀行からお金を借りたことがある方。
  • なにかしらのローンを組んだことがある方。

上記の事例は、個人信用情報機関に利用情報が登録されています。

個人信用情報は窓口に行くか郵送で取り寄せます。

信用情報機関 窓口
CIC 首都圏開示相談室
北海道開示相談室
東北開示相談室
中部開示相談室
近畿開示相談室
中四国開示相談室
九州開示相談室
JICC 東京開示センター
大阪開示センター

ほとんどの貸金業者は、携帯の割賦情報や他社ローン契約の情報を、CICとJICCで確認します。

ですから、どちらか一方の情報を確認するのではなく、両方の情報を確認するのがおすすめです。

ですが、JICCは東京と大阪にしか開示センターが存在しませんから、郵送で信用情報の開示を行うのが楽です。

KSC(全国銀行個人信用情報センター)での情報開示

全国銀行個人信用情報センターでの個人信用情報の開示は、郵送でしか行っておりません。

電話での開示請求や窓口での開示請求には対応していません。

全国銀行個人信用情報センターでの信用情報開示資料

審査なしで借りれるのは闇金しかない

結論から言えば、審査なしでお金を借りるには闇金を利用するしかありません。しかし、これらの業者はどれも正規の貸金業者ではなく、違法の闇金です。

審査なしを謳う業者のビラを街角で見たことがあります。こういった業者は全てヤミ金です。サラ金や街金と呼ばれる中小の消費者金融でも必ず審査を行います。そのため、審査なしを謳う貸金業者は、法の外にいる闇金しかありません。

日本の法律に守られた状態で安全にお金を借りるなら、違法な業者からお金を借りるのはやめてください。闇金に手を出した時に後悔することになるのは、法外な利息と法外な取り立てです。貸した人からわざとお金を返させない様にすることもあります。

もしあなたがお金を借りようとしている業者が、闇金かどうかを判断したい場合は、登録貸金業者情報検索サービスで業者名を調べてください。

この結果に出てこない場合は闇金の可能性が高いです。もしくは、金融庁で無登録の業者を公表していますから、安易に連絡をせずにまずは調べてください。

また、検索情報サービスも完全とは言えませんので、最新情報は財務局か都道府県に確認してください。