総量規制について

クレジットカードのショッピング枠は総量規制対象外だが、キャッシング枠には適用される理由

総量規制とは、個人の貸金業者からの借金を年収の1/3に制限する為の法律のことです。
バブル崩壊後の貸し過ぎ問題を緩和する為に、平成22年に貸金業法を改正。
総量規制という法律が作られました。

参考:お借入れは年収の3分の1までです(日本貸金業協会)

結論から申し上げて、総量規制はクレジットカードの審査に影響を与えます。また、クレジットカードの利用は総量規制の範囲に影響を与えます。

まず始めに、クレジットカードの使用が総量規制にどのような影響をもたらすのかを解説します。

ポイントとなるのはショッピング枠とキャッシング枠の扱いの違いです。

この2つの違いを理解しておくことは、クレジットカードと総量規制の関係を理解する上で欠かせません。

クレジットカードでキャッシングした場合は総量規制の対象となります

総量規制が適用されるのは、貸金業法という法律が適用されるサービスです。

クレジットカードのキャッシング枠には、信販会社の提供する貸金業法が適用される為、総量規制の対象となります。

クレジットカードのキャッシング枠を使いすぎている場合は、総量規制に引っ掛かりやすくなる為、必要なときに高額のお金を借りることが出来なくなります。

例えばあなたの年収が300万円だとします。既に50万円をキャッシングしている状態で新しくクレジットカードの発行をするとします。

すると、あなたに発行されるクレジットカードのキャッシング枠は最大で50万円となります。

あなたの年収が300万円であることから、総量規制のラインは100万円であることが分かります。

これらの情報は全てCICなどの信用情報に記載されています。総量規制の範囲内でしかクレジットカードの利用もできませんので、ご注意ください。

ただし、クレジットカードのショッピング枠の利用はこの限りではありません。

ショッピング枠は総量規制の対象となりません

クレジットカードのショッピング枠の利用は総量規制の対象になりません。ショッピング枠に適応される法律は割賦販売法という法律です。

割賦販売法は、取引の秩序を守る為に作られた法律です。例えば、高額商品を購入する場合の決まりを定めている法律です。

キャッシング枠の利用は、お金を直接受け取ることから貸金業法が適応されますが、ショッピング枠の利用は割賦販売法が適用される為、総量規制に引っ掛かることはありません。

しかし、分割払い、リボ払い、ボーナス払いに関しては、支払見込額が上限として定められています。

少しややこしい計算になりますが、以下の計算式で支払見込み額を計算できます。

  • 支払見込額 = (年収 - 生活維持費 - クレジット債務) × 0.9
  • 生活維持費というのがあいまいですが、経済産業省では以下のように説明しています。
    簡単に言えば、1年を通して必要な生活費のことです。

    クレジット債務というのは、1年間を通してクレジットカードで支払う予定の金額のことです。

    「生活維持費」は、利用者のプライバシー保護の観点、クレジット業者の調査能力の観点から、生活の実態を詳細に調査しなくとも把握できる、簡便な算定方式とします。
    クレジットカードの限度額については、包括支払可能見込額に経済産業大臣が定める割合(90/100)を乗じた額とします。これを超える場合、包括クレジット業者はクレジットカードを発行、増額することはできません。早わかり改正割賦販売法より引用

    総量規制が適用されないと言っても、利用上限はあるわけですね。

    また、ショッピング枠を使いすぎていると、新しいクレジットカードの審査に通らない可能性も出てきます。

    総量規制は、個人が自己破産をせずに返済を行える基準として設けられた法律です。

    当然、総量規制ギリギリまでお金を借りている人は、クレジットカードの審査に通ることが難しくなります。

    ショッピング枠が総量規制の対象にならなくても、お金を借りていることに変わりはありません。つまり、借金を多く抱えている方に新しいクレジットカードを発行する義理はありません。

    まとめ

    クレジットカードの利用に関しては、キャッシング枠のみ総量規制の対象となります。

    また、クレジットカードを発行するための審査にも総量規制は関係してきます。ですから、クレジットカード発行をしたいと考えている方は、審査の前にキャッシングすることは控えた方が良いでしょう。

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です