総量規制がクレジットカードの審査に与える影響について

総量規制はクレジットカードの審査に影響を与えます。
また、クレジットカードの利用は総量規制の範囲に影響を与えます。

カードローンやキャッシングに対してのみ適応されると勘違いされがちな総量規制ですが、クレジットカードの利用に対しても大きく影響を与えているのです。

クレジットカードが与える総量規制への影響と、総量規制が与えるクレジットカード審査への影響について確認をしていきましょう。

※総量規制とは
総量規制とは、個人の貸金業者からの借金を年収の1/3に制限する為の法律のことです。
バブル崩壊後の貸金業者の貸し過ぎ問題を緩和する為に、平成22年に貸金業法を改正。
総量規制という法律が作られました。

クレジットカードの利用も総量規制の対象となります


まず始めに、クレジットカードの使用が総量規制にどのような影響をもたらすのかを見ていきましょう。

ポイントとなるのはショッピング枠とキャッシング枠の2つ。

この2つの違いを理解しておくことが、クレジットカードと総量規制の関係を理解する上で欠かせません。

特に総量規制の対象となるキャッシング枠の利用についてはしっかりと理解しておくようにしておきましょう。

キャッシング枠の利用は総量規制の対象となります

総量規制という法律が適応されるのは、貸金業法が適応されるサービスに対してです。

クレジットカードのキャッシング枠は、信販会社の提供するか資金業法が適応されるサービスとなるので、総量規制の対象となってしまいます。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する場合には、総量規制との関係を理解しながら使用しないと、必要なときにお金が借りれない。何てことも出てきてしまうかもしれません。

ショッピング枠は総量規制の対象となりません


クレジットカードと総量規制の関係で覚えておきたいのは、ショッピング枠の利用は総量規制の対象にならないということ。

クレジットカードを利用していると、ショッピング枠もキャッシング枠も似たようなものだよね。なんて思いがちですが、実はこの2つの利用枠は適応される法律がこのなります。

ショッピング枠に適応される法律は割賦販売法という法律です。
この法律は買い物をするときに取引の秩序を守る為に作られた法律で、高額商品を分割で購入するときなどの決まりを定めている法律となります。

キャッシング枠の利用はお金を直接受け取ることから貸金業法が適応され、総量規制の対象となりますが、ショッピング枠の利用は割賦販売法が適応されるので総量規制には関係ありません。

クレジットカードは金融商品です。そのため、クレジットカードを発行するためには審査が存在します。

そんな審査を通過するために大切になってくるのが、個人の信用情報。

総量規制はこの信用情報に大きく関わる制度となっています。

ここからは総量規制が与えるクレジットカードの審査通過への影響についてみていきましょう。

総量規制ギリギリまでお金を借りている人はクレカ審査には通りません


総量規制は、個人がお金を借りた場合に、自己破産などをせずに返済を行えるラインとして作られたものです。

そのため、総量規制ギリギリのラインまでお金を借りている人は、それ以上の返済能力を持っていないと判断され、クレジットカードの審査に通ることが難しくなってしまうのです。

ちなみに総量規制ギリギリの借入は、キャッシング枠とショッピング枠どちらにも影響を与えます。

ショッピング枠が総量規制の対象にならないからといって、借金を多く抱えている方にクレジットカードを発行する義理はありません。

キャッシングの返済やショッピングの支払いに不安のある総量規制に引っかかっている方や引っかかりそうな方はクレジットカードの審査を通過することは難しいといえるでしょう。

キャッシング枠は総量規制の範囲内で決まる


例えばあなたの年収が300万円だとして、50万円をキャッシングで借りている状態でクレジットカードの発行をするとします。

すると、あなたに発行されるクレジットカードのキャッシング枠は最大で50万円となります。

なぜ50万円がマックスなのかというと、あなたの年収が300万円であることから、あなたがキャッシングできる最大の額が100万円であることがわかります。

既に50万円のキャッシングを行っているので、あなたが借りれる残りの枠は50万円までとなるのです。

あなたのキャッシングの状況は全て信用情報に記載がされています。

総量規制に引っかかっているからクレカを作ってもっとお金を借りようと思っても、総量規制の範囲内でしかキャッシングは行えませんので注意してください。

まとめ

クレジットカードの利用をするときには、キャッシング枠のみ総量規制の対象となります。

そのため、今後お金を借りようと考えている方は、利用の仕方に注意が必要です。

また、クレジットカードを発行するための審査の際にも総量規制は関係してくるので、クレジットカード発行をしたいと考えている方はクレカの審査に通過する前にキャッシングをすることは控えたほうが良いといえるでしょう。

カードローンやキャッシングをするときよりも複雑なクレジットカードと総量規制の関係。

クレカを発酵する前やキャッシングを利用する前に一度確認するようにしたほうが良いかもしれませんね。