専業主婦でも借りられるカードローンはあるのか、審査は甘いのかを調査しました。 また、配偶者に借り入れを知られたくない場合と知られてもよい場合についても情報を集めました。

専業主婦でお金に悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

専業主婦に対してカードローン審査は甘い?

カードローンやキャッシングという言葉を聞くと消費者金融会社をイメージしますが、基本的に専業主婦は消費者金融でお金を借りる事ができません。

なぜかというと無収入の状態で自分名義で消費者金融を利用しようとすると、年収の3分の1までしか借りられない「総量規制」に引っかかってしまうからです。 そのため、専業主婦は総量規制の対象外となる銀行系のカードローンにしか申し込むことができません。

銀行のカードローンは消費者金融に比べて審査は甘くありません

しかし金額に制限はあるものの、専業主婦でも配偶者の同意書や収入証明が提出不要で書類もなく契約することができます。そのため、配偶者に知られることなく利用することも可能です。 借入先が銀行なので安心できて、比較的低金利というのもメリットのひとつです。

デメリットとしては、専業主婦の場合は50万円程度までしか借りれないという点と、即日融資は不可能(最短でも翌営業日)という点です。

配偶者貸付は夫に内緒で借りるのは不可能

専業主婦が利用できる融資サービスのひとつに、配偶者貸付というものがあります。この配偶者貸付と専業主婦カードローンとでは利用条件が大きく異なります。

銀行カードローンとは違い、配偶者貸付を利用するためには「配偶者の同意書」「配偶者の収入証明」「住民票」といった書類を金融機関に提出しなければなりません。

しかしアコム、アイフル、SMBCモビットと言った大手消費者金融は配偶者貸付を認めていません。ですから配偶者貸付が認められている中小消費者金融を利用する必要があります。

例として以下の中小消費者金融であれば配偶者貸付に対応しています。

中小消費者金融名 参考URL
ベルーナノーティス https://www.b-loan.jp/lady/index.html
レディースフタバ https://www.futaba-cs.co.jp/index.php
キャネット https://www.canet-f.com/qa/

配偶者貸付を利用するメリットは配偶者と自分の収入を合算した金額の3分の1まで借り入れできることです。

デメリットは配偶者にお金を借りることを知られてしまうことや、提出書類が多いなどが挙げられます。

配偶者の同意を得る必要がありますが、借入本人と配偶者の収入を合算して、その3分の1までの借入れを可能とする「配偶者貸付」という総量規制の「例外」制度があります。 ①配偶者の収入を証明する書類 ②夫婦間の身分関係を証明する公的書類(住民票・戸籍抄本など) ③配偶者貸付を締結することについての配偶者の同意書 ④指定信用情報機関への信用情報の提供などに関する配偶者の同意書を提出することが必要です。

引用:日本貸金業協会

専業主婦の場合、銀行のカードローンよりも中小消費者金融に配偶者貸付を申し込んだ方がいい方もいます。 たとえば審査自体に自信がない場合や、50万円以上の借り入れを希望する場合。 もちろん銀行カードローンの審査に落ちてしまった場合もそうです。

とはいえ中小消費者金融も絶対借りれるという保証はありませんし、先に中小消費者金融の審査に落ちてしまった場合は銀行カードローンの審査に通ることは不可能になります。 そのため、まずはじめに銀行のカードローンへ申し込んだ方が賢明です。

借入希望額が50万以下の少額である場合や、配偶者には知られたくないと言った場合には、銀行カードローンの利用をおすすめします。

web完結なら家族に知られず利用可能

銀行カードローンの申込方法は「WEB完結申込」「電話での申込み」「店頭での申込み」「ローン契約機での申込みに」の4つに分類でき、中でも特にWEB完結申込が手軽でおすすめです。

WEB完結申込みとは、申込みから融資を受けるまでの行程をすべてウェブ上で行える申込方法です。銀行に出向くことなくカードローンが契約可能なので、ご近所の方に見られて融資サービスの利用を知られる心配もありません。

WEB完結申込の手順は、以下のとおりとなっています。

  1. 銀行のウェブサイトからカードローンの申込みフォームにアクセス
  2. 必要事項を申込みフォームに入力して送信、在籍確認の代わりに本人確認を受ける
  3. 電話やメールなどで審査の回答を受ける
  4. 振込融資を受けるorローン契約機でカードを発行する、カードが送られてくる

通常のカードローンの審査には在籍確認がありますが、専業主婦は働いていないので勤務先がありません。その代わりとして本人に確認の電話がかかってきます。

配偶者の勤務先に電話が入るということはないので安心できますが、確認が完了して振込融資を受けた場合は後日自宅にローン専用カードが届きます。 このときの郵送物でカードローンの契約を家族に知られる可能性もあるので注意が必要です。

家族に知られたくない場合は、ローン契約機を利用すれば確実に自分だけがカードを受け取ることができます。しかし、ローン契約機でのカード発行に対応している銀行カードローンは数が限られます。

収入なしの専業主婦でも申し込み可能なカードローン一覧

前述の点を踏まえたうえで、専業主婦も利用できる代表的な銀行カードローンとその申込方法をチェックしてみましょう。

イオン銀行

  • スマホでかんたんスムーズに申し込める
  • 低金利、即日融資可能が魅力
  • イオン銀行、コンビニATM、UFJなどの提携銀行から引き出し可能

イオン銀行カードローンは、業界屈指の低金利(年3.8%~13.80%)が特徴です。専業主婦は限度額50万円なのですが、50万円以内の借入をするなら断然イオン銀行のカードローンがお得です。

イオン銀行カードローン 申込の流れ

  1. イオン銀行カードローンの公式サイトから申込みフォームにアクセス
  2. 申込みフォームに必要事項を入力して送信
  3. メールで審査の回答が来る
  4. 郵送か佐川急便でカードを受け取る(契約後5日程かかる)

イオン銀行に口座がある場合に限りカード受け取り前に1回のみ振込融資が可能です(イオン銀行以外の口座も指定可能)。その後は審査完了の翌々日9:00以降からインターネットバンキングでの借入ができるようになります。口座が無い場合はローンカードが届くまでの5日間ほど待つ必要があります。

登録がしやすく、引き出しや返済も便利なので専業主婦からの申し込みも多いです。イオングループが運営をしているので、日頃のお買い物ついでに引き出しや返済も可能なのもポイントが高いです。

セブン銀行

  • ATMがとにかく多い
  • ネットですべて完結する
  • 収入による申込みの制限をしていない

全国にあるセブンイレブンのATM全てで利用できるので、とにかく利便性が高いのが特徴です。金利は年15.0%で、限度額は審査によって10万、30万、50万で決定されます。

セブン銀行カードローンでは収入による申込の制限をしていないので、パートやアルバイトの方はもちろん、専業主婦、自営業者、年金受給者も申込が可能です(学生不可)。

セブン銀行の口座が必須ですがインターネットでの申し込みの際に即時開設ができるので、それほどの手間にはならないでしょう。ネットですべて完結し利用明細もWEB上で済むので、最初のキャッシュカード以外の郵送物が全くないのもポイントです。

セブン銀行カードローン 申込の流れ

  1. 専用アプリ(myセブン銀行)をダウンロード
  2. 口座開設申込画面に進み、申込内容を入力する
  3. 本人確認書類・顔画像の撮影をする
  4. Myセブン銀行からローンの申込みをする
  5. 審査結果および契約の完了がメールで知らされる
  6. キャッシュカードを受取る(簡易書留郵便)
  7. ご利用開始登録をする

※即時口座開設の場合(キャッシュカード到着前に借入れをしたい方)

スマートフォンアプリの「Myセブン銀行」から、最短10分の即時口座開設を行うと、Myセブン銀行内のローン申込みボタンからすぐにローンサービスを申込めます。この方法でローンサービスを申込んだ場合、契約後すぐにスマホATMでローンサービスの取引きが可能です。

24時間365日、ATM手数料も無料なので、家の近所にセブンイレブンがあるなら利用候補に入れておきましょう。

ジャパンネット銀行

  • 30日間の無利息サービスあり
  • 最短60分審査
  • 配偶者の収入証明は不要

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの金利は年1.59%~18%となっています。専業主婦の場合は配偶者の与信で審査されますが、配偶者が保証人になる訳ではないので、出たとしても50万円程度の借入枠になります。そのため金利は18%が適応され、消費者金融並みの高金利になってしまいます。

その代わり消費者金融のように30日間の無利息期間サービスがありますので、翌月までに返せば無利息で利用が可能です。

ジャパンネット銀行カードローン 申込の流れ

  1. ジャパンネット銀行の公式サイトから申込フォームにアクセス
  2. 申込みフォームに必要事項を入力して送信
  3. 本人確認資料をアップロードして提出
  4. メールで審査結果が来る
  5. キャッシュカードとトークンを受け取り後、初期設定を行う

ジャパンネット銀行のキャッシングは、初回融資以外は他行口座に振替融資を行っていません。返済用口座もジャパンネット銀行の口座に指定されるので、ジャパンネット銀行に口座を開設する必要があります。

すでに口座を持っていればその口座を返済用口座にでき、キャッシュカードがそのままローンカードとして使用できますが、それでも借入れは最短翌営業日です。口座を持っていなければ更に数日かかってしまいます。

それでも30日間の無利息期間サービスは魅力的なので、すぐに返済のめどが立っている場合には利用を検討してみましょう。

ソニー銀行

  • 月々2000円から返済可能
  • 300万円まで収入証明書の提出が原則不要
  • 専業主婦・学生も申込OK

ソニー銀行のカードローンは限度額が最高800万円と高額ですが、専業主婦が利用する場合は限度額が最高50万円に限定されます。 50万円以下の少額融資を受ける場合はたいてい最高金利が適用されることがほとんどなので、金利年2.5%~13.8%という最高金利の低さは専業主婦にとって大きなメリットです。

また月々2,000円から返済金額が設定できるので、自己収入のない主婦でも安心して借り入れることができます。

ソニー銀行カードローン 申込の流れ

  1. ソニー銀行のカードローン専用サイトから申込みフォームにアクセス
  2. 申込みフォームに必要事項を入力し送信
  3. 仮審査の結果を知らせるメールが届く(最短60分)
  4. 本審査の結果を知らせるメールが届く(最短申込翌日)
  5. 後日ソニー銀行からキャッシュカードが届く

ソニー銀行に預金口座をお持ちの場合は、本審査を通った段階でキャッシュカードにカードローン機能がプラスされます。 しかし、ソニー銀行の預金口座を持っていない場合はカードローン申込み時に口座を開設することになります。

後日送られてくるカードはカードローン機能の付いたソニー銀行のキャッシュカードです。見た目は普通のキャッシュカードなので、家族に見られてもカードローンの利用を知られる心配はありません。

最高金利が安いことがとにかく魅力なので、数か月単位の借り入れを検討している人におすすめです。

三菱UFJ銀行バンクイック

  • 最短翌営業日融資、3秒診断で借入可能かチェックできる
  • 土日祝でも審査に対応。テレビ窓口で在籍確認なしも
  • 低金利と大手の安心感が魅力

バンクイックの金利は年1.8%〜14.6%に設定されています。ただし、専業主婦が契約する場合は限度額が他社よりも少ない30万円までとなるため、適用金利は14.6%になると思っておきましょう。

三菱UFJ銀行バンクイック 申込の流れ

  1. バンクイックの公式サイトから申込みフォームにアクセス
  2. 申込みフォームに必要事項を入力して送信
  3. 電話もしくはメールで審査の回答が来る
  4. テレビ窓口で契約手続きを行い、カードを発行する

審査の回答は、申込みから最短30分で伝えられます。また、契約手続きはテレビ窓口ではなく郵送も可能。ただし郵送では利用開始までに1週間程度の期間が必要となります。

急ぐ場合にはテレビ窓口へ行かなくてはならないのがネックですが、その分家に郵送物が届かない点はメリットです。三菱UFJ銀行のテレビ窓口は全国637か所(2020年5月時点)に設置されていますので、自宅から行ける範囲にテレビ窓口があり、郵送物が届いて欲しくない場合にはおすすめです。

ひめぎんクイック

  • 来店、返済用口座の新設不要
  • 30日間無利息期間サービス
  • 契約時に振込融資可能

地方銀行である愛媛銀行のカードローンも、専業主婦の借り入れを認めています。 金利は年4.4%~14.6%で専業主婦が利用する場合の限度額は明記されていませんが、おおむね10万円から50万円程度と考えておきましょう。

初めての利用の場合はWEB完結申込なら30日間無利息期間のサービスがあります。

ひめぎんクイックカードローン 申込の流れ

  1. 愛媛銀行の公式サイトから申込フォームにアクセス
  2. 申込みフォームに必要事項を入力して送信
  3. 電話かメールで審査結果が来る
  4. 本人確認資料をアップロードして提出、契約※
  5. ローンカードが本人限定受取郵便(特定事項伝達型)で郵送される

※WEB申し込みの場合、本人確認後であればローンカードの到着を待たず契約時に1回振込融資を受けられる

返済用の口座を新たに新設しなくてもいいという点が便利で、無利息期間があるのですぐに返済する予定であれば利息なしで利用できます。

最大金利もネット銀行並みに低めで、ローンカードの到着を待たずに1回振り込み融資が受けられる(他行口座可能)のも使いやすいポイントです。

常陽銀行キャッシュピット

  • 口座不要、ただしあれば早めに借入可能
  • 500万円まで収入証明書の提出が原則不要
  • 専業主婦・学生も申込可能、1,000円から借入できる

地銀のカードローンですが全国で利用可能です。金利は年2.5%〜14.8%で、専業主婦が利用する場合の限度額は30万円です。

常陽銀行カードローンキャッシュピット 申込の流れ

  1. 常陽銀行のホームページからキャッシュピットの申込フォームにアクセス
  2. 申込みフォームに必要事項を入力して送信
  3. 電話もしくはメールで審査の回答が来る
  4. ホームページで契約書類をダウンロード
  5. 郵送またはFAXで契約書類を送る
  6. 後日ローン専用カードが自宅に届く(1~2営業日後)

常陽銀行に預金口座を持っていれば、カードの到着前に振込融資を受けられます。一方預金口座を持っていない場合は、カードが到着するまで融資を受けられません。カードの郵送には最短でも2~3日程度かかるので、お急ぎの場合は注意が必要です。

常陽銀行ATMおよび全国の提携コンビニATM(E-net ATM、セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM)で365日利用できます。

横浜銀行

  • トップクラスの低金利(年1.9〜14.6%)
  • 専業主婦・フリーターも申し込みOK
  • 横浜銀行の口座があればスムーズな融資が可能

横浜銀行が提供する横浜銀行カードローンも専業主婦の利用が可能です。金利は年1.9%〜14.6%で、専業主婦が利用する場合の限度額は定められていませんが、おおむね10万円から50万円程度と考えておきましょう。

現在横浜銀行の銀行口座を持っていなくても申込めます。ただし利用対象者は神奈川県の全地域、東京都内の全地域、群馬県の一部地域(前橋市・高崎市・桐生市)に住む方に限定されるので注意しましょう。

横浜銀行カードローン 申込の流れ

  1. 横浜銀行のウェブサイトから申込フォームにアクセス
  2. 申込みフォームに必要事項を入力して送信
  3. 審査結果を伝える電話が来る
  4. 契約書類をダウンロードする
  5. 横浜銀行で預金口座を開設(口座を持っていない場合)
  6. 必要事項を記入した契約書類を郵便またはFAXで横浜銀行に送る
  7. ローン専用カードが自宅に届く

横浜銀行カードローンの本契約には、横浜銀行の預金口座が必要です。口座を持っていない場合は、審査通過確認後に横浜銀行で普通預金口座を開設してください。口座開設はネットでも申込めますが、通帳が届くまで1ヶ月近くかかるので、多少面倒でも預金口座の開設は窓口で行うことをおすすめします。

auじぶん銀行

  • auユーザーなら金利優遇
  • 借入れと返済時どちらもATM手数料無料
  • 口座も来店も不要

最短即日融資を可能とするじぶん銀行のカードローン「じぶんローン」は、金利が年2.4%〜年17.5%と銀行カードローンとしてはやや高めです。

しかしauユーザーなら「au限定割」が適用され、上記金利より0.1%低い金利で借入ができます。さらにauユーザーが借り換えコースを選択した場合には金利が年1.9%〜12.5%に大幅ダウン。この金利優遇を利用すれば、複数のローンを低金利のカードローンに一本化することも可能です。

専業主婦でも利用可能ですが、限度額は最高30万円までに限定されます。

提携ATMは、三菱東京UFJ銀行、セブン銀行、ローソン銀行、E-net、ゆうちょ銀行で、借入時も返済時もATM手数料がかかりません。

じぶん銀行カードローン 申込の流れ

  1. じぶんローンau限定割専用ページから申込フォームにアクセス
  2. 必要事項を申込みフォームに入力して送信
  3. 電話もしくはメールで審査の回答を受ける
  4. 審査通過後、必要書類をメールで提出する
  5. 後日ローン専用カードが郵送されてくる

※au限定割付きでじぶんローンを申込む場合

申込フォームへの入力はau IDがあれば簡略化が可能なので、auユーザーなら利用を検討してみましょう。口座を持っている場合は契約完了後に振込融資を依頼できます。

じぶん銀行に口座を持っていない方はカードが到着するまでは借入できないので注意しましょう。なお、カードの郵送にかかる時間は1週間程度です。

専業主婦が即日融資を受けられない理由

一般的なカードローンと違い、総量規制が適応されない銀行カードローンなら配偶者に安定した収入があればまったく収入がない専業主婦でも利用できます。

契約を済ませれば限度額の範囲内で何度でも融資を受けることができます。とはいえ審査が甘い訳ではないですし、無条件で利用できるわけではありません。 審査では収入のある人、つまり配偶者の属性や信用情報がチェックされます。

最近では専業主婦が借り入れできる銀行カードローンも少なくなってきています。 しかし、その中でもイオン銀行のカードローンではグループ企業の主要ターゲットである専業主婦への融資を積極的に行っている印象があります。

また地方銀行なら専業主婦が利用できるカードローンはまだまだありますし、信用金庫のカードローンの多くは専業主婦でも利用可能です。

銀行カードローンが配偶者貸付よりも劣る点は、50万円以上の借入れが難しいことと、消費者金融ではないので即日融資が難しいという点です。

即日融資については2018年1月からすべての銀行カードローンで行えなくなりました。理由は、暴力団員ら反社会的勢力との取引排除を徹底するため、慎重に審査を行うには申込者の情報を警察庁に照会するなど「手続きに時間が掛かる」からです。 こうした規制によるものなので、どこを探しても即日融資に対応した銀行カードローンは出てこないので覚えておいてください。

しかし、即日融資の点については配偶者貸付制度も難しくなっています。 配偶者貸付を利用する場合は配偶者の同意が必要なので、配偶者が仕事に行っている間にカードローンを利用する事情を相談できても、一日で手続きを済ませて融資を受けることは現実的ではありません。 そのため専業主婦は即日融資を受けるのが難しいという点も頭に入れておきましょう。

専業主婦が利用できる融資サービスは大幅に少なくなりましたが、その一方で審査が柔軟で専業主婦も利用できる銀行カードローンのサービスは以前に比べて充実してきています。

本記事で紹介した専業主婦カードローンはどれも安全に利用できるものばかりなので、気になるものがあったらぜひ申込みを検討してみてください。