専業主婦をしていると、家計のやりくりでどうしても急な出費が必要になるときがあります。 中にはどうしてもはずせないママ友とのランチ代やショッピングなど、どうしても現金が足りなくなる状況があります。 そんな時に便利なのがやはりキャッシングです。 しかし、
  • 無収入の専業主婦でもキャッシング利用することができるのか
  • 旦那にばれずにキャッシングができるのか
など気になることが山ほどありますよね。 まず、結論から申し上げて専業主婦でも利用可能なカードローンはありますが、プロミスで専業主婦がお金を借りることはできません。 また、少し知っておかないといけないことがあります。 このページでは、バイトやパートをしておらず、収入のない専業主婦でもお金を借りる方法についてまとめました。

プロミスは専業主婦の審査を受け付けてくれない

最初のケースとして、消費者金融大手のプロミスの場合を見てみましょう。 結論から言ってプロミスの場合は、専業主婦の人は審査をするどころか申し込み自体ができません。 というより、専業主婦が消費者金融でお金を借りることはできません。 なぜならプロミスをはじめ消費者金融の申し込み基準は成人である20歳以上で69歳以下の安定した収入がある方となっているからです。 年齢による条件は未成年の方でない限りクリアできますが、収入のない専業主婦は無職とみなされ、キャッシングを利用することができません。 なぜ安定した収入があることが求められるのか。それには総量規制が関係しています。 簡単に言ってしまえば、年収の3分の1以上はお金をかしちゃダメというルールです。 ですから、収入のない方に消費者金融はお金を貸すことはできないのです。

パートやアルバイトをしている主婦であればプロミスに申し込める

収入のない専業主婦の方は、殆どの場合キャッシングを利用することができません。 しかしアルバイトやパートをしている主婦であれば、プロミスでもどこでもキャッシング申し込みをすることができます。 確かに申し込み基準には安定した収入があることが条件となっていますが、正社員のように安定した月給でなくても、週に1度でもパートをしていれば収入がある方となるので申し込みが可能となります お金を借りたいがあまり、職業を偽ってカードローンの申し込みをしても審査に通ることは絶対にありません。 審査の際に消費者金融が信用機関に問い合わせれば無職であることが分かってしまいますし、在籍確認は避けては通れない項目ですのですぐに虚偽の申告はばれてしまいます。 たしかにパートやアルバイトの身分では、正社員よりも審査の基準が難しくなります。消費者金融だからと言って審査が甘いということはありません。 しかし、主婦の方でもキャッシングをした実績があり、審査や返済の悩みに応えてくれるオペレーターがいますので、身分は隠さず主婦だということをはっきり申請しましょう。

パートやアルバイトを始めたばかりでも申し込みは可能

パートやアルバイト先が決まったばかりの人でも申し込みは可能です。 実際にパートやアルバイトのシフトが入っていなくても収入の見込みがある人と判断できれば審査に通過する可能性は上がります。 とは言え、旦那の目を盗んでパートに出ることなんてできないですよね。家事もやらないといけないしそんな時間は作れません。 先程申し上げたように、無職として扱われる専業主婦の方は原則として消費者金融での借り入れができません。 原則と言ったのは例外があるからです。 まず見分けるポイントとして融資条件を確認します。 専業主婦の方でも利用できる消費者金融の融資条件には、配偶者に安定した収入があればと書いてあるところがあります。 ここが専業主婦でも利用可能な消費者金融です。 これは、配偶者貸付制度といって、配偶者に安定した収入がある場合は総量規制の例外として扱われ、専業主婦でも申し込みが可能です。 ただ、問題となってくるのは配偶者の同意が必要という点です。もちろん、家族で話し合ってどうしても必要という状況であれば話しは別です。 ただ、配偶者貸付制度を利用できる消費者金融はどんどん減ってきており、ほぼ絶望的な状況です。 また、中には夫にばれたくないという人もいることでしょう。そういった場合はどうしたら良いのでしょうか?

プロミスに申し込めない専業主婦はどうしたら良い?

そこで、希望の光になるのが銀行カードローンです。ただ、すべての銀行カードローンがあなたの希望に沿うというわけではありません。 銀行カードローン自体は総量規制に引っ掛かりませんから、専業主婦でも申し込み自体は可能なはずなのです。 なはずとつけた理由には、昨今の銀行の過剰貸し付け問題の影響が表れているからです。 特に大手の銀行カードローンは、専業主婦の審査に対して固く門を閉ざしているところもあります。 そんな状況の中で数少ない希望の光となるのが、楽天銀行スーパーローンです。 楽天銀行のカードローンの場合、申し込みできる方の条件の所に お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方という記載があります。つまり、専業主婦でも申し込みが可能です。 しかも、配偶者の年収、勤務先と言った経済状況をチェックされることもありません。また、当然のことながら在籍確認もありません。 ただし、以下の2点の条件が付きます。
  • 借り入れ上限額は50万円まで
  • 金利は14.5%
貸し倒れリスクが高い為、銀行側としても貸付額は10万円から50万円までに留めています。 しかし、そんなに高額でなければ利用が可能なことは確かですので、お急ぎの場合は楽天銀行カードローンの公式サイトをご覧ください。

旦那にばれないようにお金を借りるには

とりあえず、専業主婦でも楽天銀行のカードローンであれば申し込みできることはお伝えしました。 さらに問題となるのは、ばれるかばれないか、ですよね。 キャッシングというのは、基本的には本人の口から言わない限り、バレることはほぼありません。 web契約の申し込みから借り入れや返済を口座指定にして、キャッシングに必要なカードをレスにすることができるので自宅に郵送物が届かないようにすることもできます。 ただひとつ、楽天の場合はスーパーローンカードの発行だけは避けられません。 唯一バレるとしたら、ローンカードの受け取りのタイミングです。 しかし、ローンカードは楽天銀行の封筒ですので、開けて中を見られない限りはばれません。 もう一つばれるとしたら、延滞、滞納した時でしょう。自宅に督促の電話や郵便がくるので、毎月の返済はきっちり行いましょう。 ただ、明細書を隠したり、DMが届いたりしないようにと何かと気苦労はたえません。 可能であれば、家族でカードローン利用を話し合って行うのが理想的ですよね。

働いている場合は在籍確認でパートやアルバイト先にバレない?

在籍確認先はパートやアルバイト先になるのですが、プロミスとは名乗らず担当者の個人名で電話がかかってきます。利用者本人が電話に出られず、別の人が出たとてもパート先やアルバイト先に属しているとわかった時点で在籍確認は完了するので、折り返しかかってくることもありませんし後でかけ直す必要もありません。

主婦が利用できる限度額は?

例えば、プロミスをはじめとした消費者金融は貸金業法の下にキャッシングサービスを提供しています。貸金業法の中には年収の3分の1を超える借り入れはできないという総量規制という項目があります。 つまりパートで得た年収が仮に60万だとすると、その人のキャッシング限度額は20万となるのです。

複数の消費者金融を利用している場合の限度額はどうなるの?

年収をはじめ、キャッシング履歴や携帯機種代の分割金など個人の金融情報は信用機関にて一括で管理されています。 ですのでプロミスで20万円借入できたのだから他の消費者金融でも20万借入できるというわけではなく消費者金融全体の限度額が20万となります。

限度額を超える配偶者貸付について

総量規制の項目内には配偶者と合算した年収内における3分の1までの貸付が可能となる配偶者貸付となる例外が存在します。 旦那さんの年収が300万、妻の年収が100万と仮定すると通常であれば、旦那さんが100万、妻が約33万までの借入が限度額です。 しかし配偶者貸付に当てはめると合計年収で借入が可能となり、400万の3分の1である約133万まで借入できます。 しかし配偶者貸付が適用される条件は夫婦ともに借金がないことです。 またプロミスのような消費者金融では配偶者貸付は適用外となるので、限度額はあくまでも自分の年収に準ずることを覚えておきましょう。