プロミスは専業主婦でもキャッシングできるの?

プロミスは消費者金融ですから専業主婦の方がお金を借りることはできません。

しかしなぜプロミスでお金を借りることができないのか理由が分からない方は多いようです。

このページでは、専業主婦がプロミスでキャッシングできない理由と、専業主婦の方はどこでお金を借りれば良いのか解説します。

プロミスは無収入だと審査を受けることができない

プロミスの申し込み条件を確認すると、年齢条件以外に本人に安定した収入のあることを求めています。

もちろん主婦の方でもパートやアルバイトで安定した収入を得ていれば申し込み可能です。

しかし専業主婦の場合は収入がありませんから、審査ができないことになります。

プロミスが専業主婦の審査をしていない理由には貸金業法の総量規制が関係しています。

総量規制とは、借りることのできる額の総額に制限を設ける、新しい規制のことです。

この新しい規制は、平成22年6月18日から実施されています。

具体的には、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の借入れをすることができなくなります。
出典:貸金業法のキホン(金融庁)

総量規制を簡単に言えば、貸金業者は年収の3分の1以上のお金を利用者に貸してはならないという法律です。

ですから無収入の専業主婦はプロミスでキャッシングできないということになります。

パートやアルバイトをしていればプロミスに申し込み可能

アルバイトやパートをしている主婦であれば、プロミスの利用が可能です。

正社員のような安定した月給はなくても、週に1度パートに出ていれば安定した収入としてみなされるからです。

またパートやアルバイト先が決まったばかりの人でも申し込み可能です。ただし一定期間の勤続が確認できない場合、審査が厳しくなります。

目安として2~3か月程働いており、給料が振り込まれていれば安定した収入としてみなされます。

配偶者貸付を利用できない理由

配偶者貸付けとは、総量規制の例外にあたる契約方法です。

配偶者の同意が必要となるため、配偶者に内緒でお金を借りることはできません。しかし申込者本人である専業主婦の方に収入がなくとも、配偶者の収入の3分の1以下までであればお金を借りることができます。

しかし、プロミスの場合は配偶者貸付を認めていません。配偶者貸付は、専業主婦の方が消費者金融からお金を借りる唯一の方法ですが、プロミスでキャッシングするのはあきらめざるを得ません。

プロミスが配偶者貸付を認めていない理由は、審査が長引くことが考えられます。専業主婦を顧客の対象としなくても、申込者がたくさんいますから、確認事項の多い専業主婦の方を審査の対象にする必要がないわけです。

またプロミスには「プロミスレディース」という女性専用のサービスがあります。しかしプロミスレディースの審査も安定した収入が求められますので、専業主婦の利用はできません。

専業主婦の方が消費者金融でキャッシングするのは不可能ですが、お金を借りる先が全くない訳ではありません。

例えば楽天銀行スーパーローンと言った銀行のカードローンであれば無収入の専業主婦でも申し込みが可能です。

銀行カードローン自体は総量規制に引っ掛かりませんから、専業主婦でも申し込み自体は可能です。

ただしほとんどの大手銀行カードローンは専業主婦の審査を厳しく行っています。ですから、どこの銀行カードローンでも申し込み可能ではない為注意が必要です。

銀行カードローンの中には専業主婦の審査自体受け付けていない所もあります。

しかし楽天銀行スーパーローンの場合は申し込みが可能です。なぜなら申し込み条件が以下のようになっているからです。

お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方

つまり、専業主婦でも申し込みが可能です。しかも配偶者の年収や勤務先をチェックされることもありません。当然のことながら在籍確認もありません。

ただし専業主婦の方の借り入れ上限額は50万円までに制限されます。少額融資の為適用金利は14.5%となります。

専業主婦への貸し付けは貸し倒れリスクが高い為、貸付上限額が10万円から50万円に制限されますので注意が必要です。

また銀行カードローンの場合即日融資に対応していません。専業主婦の方が当日中にお金を借りるのはとても厳しい状況ですので、あらかじめ計画性を持って審査に臨むことをおすすめします。