イオン銀行カードローンの審査ではパートやアルバイトの方も含めて必ず在籍確認が行われます。

在籍確認は、申込者が本当に申告通りの勤務先に在籍しているかを確認する重要な審査です。

在籍確認の電話をしてほしくない事情がある場合、書類で代替してもらえるカードローン会社もありますが、イオン銀行カードローンは代替を認めていません。

どんな事情があっても在籍確認の取れない方は審査に落ちてしまいます。

在籍確認のタイミングは、必要書類を提出した後の、本審査の時になります。

専業主婦は自宅の電話で在籍確認が行われる

勤務先のない専業主婦の方は、自宅の固定電話へ在籍確認が行われます。

電話は個人名でかかってきますので自宅なら怪しまれることはないかもしれませんが、電話に出る可能性のある同居家族がいる方は注意しましょう。

派遣社員の方は派遣先の企業ではなく、派遣元に在籍確認が行われます。

申込者自身は派遣先にいるため、自分で在籍確認の電話に出ることができません。そのため、派遣元の電話受付担当者が派遣社員全員の氏名を把握していない場合は在籍確認に失敗してしまうこともあります。

派遣社員の方は派遣元に前もって電話がかかってくることを伝えておいたほうが、スムーズに在籍確認を終えられるでしょう。

ローンカードが届くときに家族に知られてしまわない?

イオン銀行カードローンのローンカードは佐川急便の受取人確認サポートで自宅に届きます。

受け取りの際に本人確認書類の提示が必要で、本人以外は受け取ることができません。よって家族に知られてしまうことはないでしょう。

例外として離島など一部地域にお住まいの方には簡易書留で送られることがあり、その場合は家族が受け取る可能性もあります。簡易書留での配送になる場合は事前に電話連絡がありますので安心してください。

自宅に郵送物が届くのはローンカード受け取りの時のみです。